アーマッドのアールグレイをデカフェと通常タイプで飲み比べたらデカフェタイプが思った以上に飲みやすかった

アーマッドティーのアールグレイを

デカフェとそうでないタイプで飲み比べて感想を書きました。

オンラインショップで探した口コミもあわせて紹介しています。

 

アーマッドティーのアールグレイをデカフェと飲み比べて違いを確かめる

 

アーマッドティーのアールグレイをデカフェと飲み比べ

この製品では個包装があり、どちらもアルミ袋で紙製よりも空気がもれず

香りももれてきません。

 

アーマッドティーのアールグレイをデカフェと飲み比べ

開封してティーバックをかぎ比べてみると

さいしょはデカフェでないアールグレイのほうが香りが強いと感じましたが

何度もかぎ比べているとわからなくなってきました。

 

いれた後も、ストレートで薄めに入れて

熱いうちに飲んでいるうちは違いがあまりわかりませんでした。

 

浸出時間3分でいれたもの。

 

アーマッドティーのアールグレイをデカフェと飲み比べ

左がデカフェです。

 

肉眼で見ても色味も大差なく

もしかしたらデカフェのアールグレイのほうが

黄みがかった水色かもしれないくらいの違いです。

 

写真では色が正確に再現されていないことをあしからずご了承ください。

 

さきほどもお伝えしましたが

熱くて冷ましながら飲まないと口に入れられない間は

デカフェでもそうでないアールグレイでも

あまり違いは感じませんでした。

 

どちらも飲んだ後、喉の奥に

私が飲んだことがあるアールグレイの中では

アーマッドティーのアールグレイでしか感じない甘さのような香りが残ります。

 

 

オレンジフラワーの香りかなと思いましたが、

取り寄せて確認してみるとオレンジフラワーでもなさそうです。

 

アーマッドティーのアールグレイをデカフェと飲み比べ

 

何度飲んでも独特・・・

アーマッドティーのティーバックは、

バニラ、チャイ、イングリッシュブレックファースト

イングリッシュティーと好きな紅茶が多いのですが

アールグレイだけはこの独特さになじめず

初めて飲んだときから数ヶ月たっても苦手なままです。

 

このように、デカフェのアーマッドアールグレイと、カフェインを除去していないアールグレイは、香料のきかせ方は似ています。

 

違いが顕著になってくるのは冷えてきた後です。

ぬるくなるにつれて、カフェインを除去していない

アールグレイは渋みが出てきます。

デカフェのアールグレイは渋みがなく、ほのかに甘い味がします。

 

むしろデカフェのほうが飲みやすいくらいに感じました。

つぎはミルクティーにしてみます。

 

抽出時間5分でストレートで飲むときの半量程度の熱湯を使用。

 

ミルクティーにするとデカフェタイプと

カフェインを除去していないアールグレイの違いがさらに分かりやすくなりました。

 

デカフェアールグレイは、ミルクを注いだときの色が明るく

カフェインを除去していないアールグレイと比べると

水っぽいとまでいかないまでも軽い味わいのミルクティーです。

 

 

 

 

デカフェというとカフェインを除去する過程のために

癖が出てくるという先入観がありましたが

思っていたより通常の紅茶との差は少なく感じます。

 

調べてみると、アーマッドティーのデカフェアールグレイは

カフェインを除去する工程で薬品を使わず

二酸化炭素を使用するそうです。

「超臨界二酸化炭素抽出法」という製法だそうで、

安全性が高く、紅茶の味や香りを損ないにくいという特徴があります。

 

※製法についてはアーマッドティー公式サイトで確認しました。

 

 

アーマッドティーのアールグレイやデカフェアールグレイは

amazonでの口コミ件数が多く売れ筋の紅茶です。

評価が別れていて、口コミを見ると面白かったので

いくつか参考になった口コミを紹介しますね。

 

口コミ紹介

 

アーマッドデカフェアールグレイの口コミ

 

 

デカフェなのに美味しい!

これまでデカフェの紅茶は色々飲んできていて

その中でもアーマッドティーの紅茶は美味しい。

ティーバックで持ち運びも便利なので職場で飲んでいる。

胃が弱くカフェインを抜いた紅茶をたくさん飲めて嬉しい。

ティーバック1個でたくさん出るので、マグカップに1杯以上、大きめのポットで入れても飲める。

たくさん出すときは、ティーバックに直にお湯を当てるようにすると何杯でも飲める。

妊娠中でデカフェを探している方にも一袋単位でおすそ分けできていい。

 

 

 

紅茶としては物足りないが飲める。

珈琲や紅茶は好きだが飲みすぎるとカフェインで体調が悪くなるので

邪道商品と思っていたデカフェを飲むようになって以来

アーマッドティーのデカフェアールグレイを繰り返し購入している。

味や風味はいくらか損なわれている気がするが

お湯の温度を高くしていれると濃い目に出る。

カフェインを除去していないタイプの紅茶とは違う濃さだが受け入れられる範囲。

個人的にはストレートを温かいままいただくと、タンニン由来ではなさそうな渋みが気になり、濃く入れて氷やミルクを入れて飲みやすくしている。

 

 

 

紙のようなにおいがする。

アーマッドティーのデカフェアールグレイは、個包装を開けてもベルガモットや紅茶の香りがない。いれても紙のようなにおいがあり、紅茶の香りが乏しい。

口に入れるとベルガモットの香りはするものの、紅茶らしさに欠け、紙のようなにおいがあり、渋みはきつくないが口の中に味が長く残る。

紅茶の味ではない薬品っぽい苦さも感じた。

 

 

amazonのアーマッドティーのデカフェアールグレイの商品ページを参考に

投稿されたレビューを適宜省略、意味を変えないようリライトして掲載しています。

 

 

デカフェのアールグレイも評価の高さがばらけていますが、カフェンを除去していないアールグレイも同様に評価の高さに差があります。

 

 

アーマッドティーアールグレイの口コミ

 

これまでアールグレイは色々試してきて、アーマッドと同価格帯のディルマのエクセプショナルアールグレイが一番好き。

芳香剤の匂いのように感じてしまって、ミルクティにするとお茶自体の味が良くないのを感じてしまい飲めなかった。

 

 

 

香り、味が不安定らしく、2回めに購入したものは香りが違って感じ美味しくなかったので、ほとんど飲まずに捨ててしまい、購入をやめた。

 

 

 

アーマッドティーのアールグレイは

ディズニーのオフィシャルホテルのアメニティで飲んで以来

美味しくて帰宅後も箱で購入して毎日飲んでいる。

カップ1杯でティーバックを一個使うのがもったいなくて、

1.5リットル入るお茶ボトルで熱湯で濃く入れたものに

水を足して冷やして飲んでいる。

とにかく美味しくて、水筒に入れて持ち運んでどこでも飲んでいる。

 

 

 

アーマッドティーのアールグレイの商品ページを参考に

投稿されたレビューを適宜省略、意味を変えないようリライトして掲載しています。

 

 

このように好き嫌いが別れています。

はじめてのときは少ない量からがオススメです!