ブレスブルー(ブルードブレス)の食べ方で迷っていませんか。

 

「ブレスブルーを買ってみて口に合わなかった。食べ方で食べやすくなる?」

「味自体は気に入ったけど、そのままで食べるだけだと飽きそう。ブレスブルーの食べ方を探している」

「おいしいうちに食べきれない」

「購入前に、味についての口コミと食べ方を確かめておきたい」

 

この記事を見ている方は、そのどれかに当てはまると思います。

そこでこの記事では、ブレスブルーとその食べ方についてまとめました。

 

ブレスブルーの食べ方と特徴

まずはブレスブルーを取り扱っているお店でおすすめしている食べ方と、チーズの特徴から。

 

青カビチーズを初めて食べる方でも食べやすく、大きさも小型で食べきりやすいので、ブルーチーズの入門編として。

少し熱を加えても美味しくなり、ソースにも良い。

 

 

参考※チーズ専門店オーダーチーズ ショップサイト

https://www.order-cheese.com/products/detail/182

 

ゴルゴンゾーラドルチェをさらに穏やかな味わいにしたようなチーズ。

口当たりがよく、クリーミー。クセがないので青カビチーズが苦手でもとっつきやすい。青カビチーズ独特の刺激は目立たない。

サラダに入れたり、パンにぬったり、そのまま食べるなら赤ワインのお供にも。

 

 

参考※楽天市場 Doo Bee

https://item.rakuten.co.jp/doo-bee/784653/?s-id=review_PC_il_item_04&s-id=review_PC_il_item_04

 

※URLを記載したお店の説明を、意味を変えない程度に適宜省略、リライトしています。

 

 

次は、ブレスブルーがどんな食べ方で楽しまれているか、味についてどんな評価をされているか、口コミを見てみましょう。

 

口コミから味の評価と食べ方をピックアップ

 

 

クリーミーでマイルド。ピリッとした青カビチーズらしい刺激もいい。

イベントでブレスブルーをお出しして、青カビチーズが苦手な方も美味しいと言っていた。

 

 

 

青カビチーズ独特の臭さと味が好き。

重い赤ワインのお供にしようと思って買ったブレスブルーだが、まろやかすぎて残念。美味しいとは思った。

確かに青カビチーズが苦手でも食べやすそう!

辛い白ワインと合う。

 

 

 

青カビチーズはそれほど得意ではないが、変わったものを食べたくて買ってみた。

カマンベールチーズやブリーチーズを食べられるなら、ブレスブルーもけると思う。

少し温めてパンに絡めて食べるのもいい

重めの赤ワインと相性が良い

 

 

 

青カビチーズは苦手だったが、ブレスブルーは嫌味がなくて美味しい!

くさみがほとんどなく、口当たりや風味もよくマイルド。

シーザーサラダに使ったら最高!

 

 

フランスパンや食パンに、バジルとニンニク風味のマーガリンを塗って、このチーズをとろけてくるまで焼くと美味しい!

ただ、かなり臭くなる。一度にたくさん食べてしまう。

 

 

※楽天市場に投稿されたレビューを、意味を変えない程度に適宜リライト・省略しています。

参考※https://review.rakuten.co.jp/item/1/203961_10000429/1.1/

 

 

買ってみてまずいと思ったら

ブレスブルーを買ってみて、まずいと思ったら料理の素材としてなら使えるかもしれません。

 

不味い理由が、臭い・苦いなど嫌な味やにおいなら、違和感なく馴染みやすい料理に混ぜて、チーズの濃度を下げるという手も。

 

生クリームで溶かしてパスタや肉料理のソースにしたり、グラタンやピザの隠し味として、シュレッドチーズの一部をブレスブルーと置き換えたり、少し臭いくらいなら、料理でかなり食べやすくなると思います。

 

もし混ぜるときは、大量の料理全体が食べられなくならないように、少量に混ぜて試してみると安全です。

 

 

 

 

ブレスブルーに合うワインは?

ワインのお供にブレスブルーを食べるなら、合わせるワインは?

 

ワインとチーズの組み合わせ方には基本がありますが、個人の好みも大切。

一般論だけでは決められませんよね。

 

さきほどお見せした口コミでも、軽い白ワインが合う、重めの赤ワインが合うと、いくつか意見がありました。

人によって好きなワインをあわせているようです。

 

ただ、セオリーは知っておいて邪魔にはならないと思います。

そこで、ブレスブルーに合わせるワイン選びの参考として、ワインとチーズの組み合わせの基本を紹介。

 

チーズとワインの合わせ方

 

チーズとワインを合わせるポイントは、

 

チーズとワインの味わいに共通点をもたせること

 

熟成度合いが浅いチーズに、フレッシュでフルーティーな風味のワイン

熟成が進んだチーズに、熟成したワイン

酸味が強いチーズに、フレッシュな風味と酸味を持つワイン

酸味がまろやかなチーズに、同じく酸味がまろやかなワイン

 

 

引き立て合う味のチーズとワインを組み合わせること

 

クリーミーなチーズに甘みのあるワイン

しょっぱいチーズに塩味を引き立たせる甘いワイン

 

 

参考※

ワインの基礎知識 著 若生 ゆき絵

チーズの教本2019 NPO法人チーズプロフェッショナル協会

 

チーズの種類ごとの例もあわせてご覧ください。

 

チーズ 相性のいいワイン

白カビチーズ

例 カマンベール、ブリー

フルーティーな赤ワイン。

クリーミーなチーズには甘みのあるワイン

青カビチーズ

例 ゴルゴンゾーラ

甘口の白ワイン

力強い味わいの赤ワイン

※参考 ワインの基礎知識 著 若生 ゆき絵

 

このようにチーズのタイプごとに、合わせやすいワインがあります。

 

ブレスブルーの

 

・クリーミー

・マイルド

・目立たない青カビの刺激

 

という特徴を踏まえて合わせやすそうなのは

合わせやすいのは甘口のワイン

白か赤かはお好みで

 

ワインの味わいの特徴については、「フルーティー」「甘口」「○○の香り」「スパイシー」「力強い」といった言葉で、ワインボトルの裏のラベルに書いてあると思います。

 

通販なら特徴を説明しているお店が多いので、説明が親切なお店を選ぶとワイン選びが楽ですよ。