日本でチーズが高い理由

日本のチーズって高いと思いませんか。

輸入食材店で何円だったチーズも現地価格では・・・

 

そこで日本のチーズが高い理由や

安く買う方法についてまとめました。

 

※記事中で表記されている関税率やチーズの価格は、記事を初公開した時点、または参考にした書籍やネットの記事が書かれた時点での税率・価格であることをご了承ください。

 

 

日本のチーズは本当に高くてまずいのか。

 

日本のチーズが高い理由とは

 

食べ物がおいしいかまずいかという話は

とてもデリケート。

味については別の記事でまとめているので

ここでは省略して、チーズの値段の話題を続けます。

 

※味についてはこちらの記事でまとめています

ランキング上位で評判の●●…特に飲食物やレシピ本にガッカリしたことはありませんか?

 

 

値段については日本のチーズが高いのは確かです。

 

フランスなどの国で

ナチュラルチーズの値段に慣れると

日本のチーズは高いと思います。

 

同じメーカーの同じ名前のチーズでも値段はフランスより高い

 

国内で売っているという意味なら、

世界中のチーズも日本で身近な存在です。

ただ、日本ではチーズの値段が高いです。

 

たとえば、ルスティック・カマンベール、

カプリス・デ・デューは

1000円以上するお店が少なくありません。

 

しかしフランスでは、

春限定のルスティック・カマンベール・プランタンが

1個(250g)で日本円に換算して260円程度。

 

カプリス・デ・デューが1個(200g)で

日本円に換算して320円程度。

 

同じチーズでもフランスと日本で3倍ほどの価格差があります。

 

 

フランスからの輸入チーズはたしかに日本では高い!

 

イタリア、イギリス、オランダも、

チーズの値段は日本と比べて安いようです。

 

このように、海外では安いチーズが日本で高い理由として、

輸送料と関税があります。

 

リンゴ2

輸送料と関税とマージンで値段が3倍ってそれはボッタクリ価格のような・・・

 

 

 

国内の産業を守ることなどを目的として、

輸入品にかけられる税金【輸入関税】。

この税金がかかる率が、チーズそのものの価格に対して大きいのです。

 

 

※参考

手頃でおいしい!フランスのスーパーで買えるおすすめチーズ8選 たびポケット

 

 

 

輸入チーズは輸送料にも関税がかかる

日本のチーズが高い理由とは

日本のチーズにかけられる輸入関税には、

輸入品の重量に対してかけられる【従重税】と、

価格に対してかけられる【従価税】があります。

 

チーズの関税は従価税ですが、

チーズそのものの価格だけに関税が課せられるのではありません。

 

こちらは日本に入ってくるチーズにかかる

関税の金額をあらわす式です。

 

輸入チーズの関税の金額=(仕入れ価格+輸送料+保険料)×関税率

 

ちなみにチーズの関税率は、一般的には29.8%となっています。

もっと低い税率や、無税で輸入されるチーズもありますが、

一般的には30%に近い割合で関税がかけられているのですね。

 

リンゴ3

日本のチーズが高いのも当然!

 

 

さらに一部のチーズは、

美味しいまま船便で輸送するのが難しく、

運賃が高い空輸で運ぶ必要があります。

 

空輸の高い輸送料に関税がかけられて、

さらに日本のチーズは値段が高くなってしまうようです。

 

 

参考・・・チーズの関税について

チーズの教本2019 60ページ

 

 

 

国産チーズが高い理由のひとつは原材料が高いこと

日本のチーズが高い理由とは

日本で消費されるチーズの大部分は

輸入品によってまかなわれていますが、

国産のチーズも販売されています。

 

関税がかからない国産チーズなら、

輸入チーズと比べて安く買えるのでは・・・

というと、国産のチーズも高いのが現状です。

 

明治 十勝北海道カマンベール

雪印 北海道100カマンベール

 

など、国産のチーズは身近なスーパーや

コンビニで販売されていますが

その値段は安くても100g300円程度ではないでしょうか。

 

ここで、先ほど紹介した

フランスのチーズの価格を思い出してください。

 

フランスでは250gのルスティックカマンベールプランタンが

日本円にして260円で販売されていたそうです。

 

国内生産されて日本で販売されているチーズも高いですね。

 

 

関税がかからない国産チーズが高い理由として、

考えられるのは原材料の価格です。

 

いくつかの国の乳の平均価格

 

これを見てください。

 

2017年の生産者平均生乳価格(円換算・100kgあたり)

 

アメリカ・・・4392

EU28カ国・・・4467

ニュージーランド・・・4686

日本・・・10240

 

他の国が100kg4000~5000円の間におさまっているのに対し、日本だけ倍以上の1万円台になっていますね。

 

リンゴ3

フランスと日本でチーズの原料の価格が倍ほど違えば、日本のチーズが高いのも当然というか・・・

 

 

※参考

酪農乳業参考データ 一般社団法人Jミルク

 

 

日本のチーズが高い理由まとめ

 

日本のチーズが高い理由はいくつかありますが、この記事で紹介した理由は2つ。

 

日本のチーズが高い理由1・輸入チーズなら、輸送費関税が小売価格に上乗せされる。

日本のチーズが高い理由2・関税がかからない国産チーズでは、原料となる乳の価格が高い。

 

 

日本では税金が高いか原料が高いかで、

チーズの販売価格は高くならざるをえないようです。

 

 

日本でチーズが高い理由はここまで。

関税といい原材料の価格といい

いち消費者にはどうにもならないことですよね。

 

そうなると知りたくなるのは

高いチーズを安く買う方法です。

 

 

チーズを安く買う方法

 

 

チーズを安く買う方法を、3つ紹介します。

 

1・大容量でまとめて買う

2・賞味期限が近いなどのわけありのチーズを安く買う

3・お店を選ぶ

 

リンゴ3

書いている本人が

この方法イマイチじゃないのって思ってます。

確かに安くはなるので、しばらく読んでみてください!

 

 

チーズを安く買う方法1・大容量でまとめて買う

 

チーズは大きなカタマリで買うと

1キログラムあたりの値段が安くなることが多いです。

 

例として【ハイ食材室】というお店で

ゴルゴンゾーラドルチェの値段を見てみましょう。

 

 

クリックするとハイ食材室楽天市場お店で

価格について最新の情報を見てもらえます▼

 

 

150グラムで小分け販売されている、ゴルゴンゾーラ・ドルチェ。

 

こちらは2020/04/26確認した時点で

1キログラムあたりの価格が5000円以上。

 

※価格は変化があるので正確な情報はお店で確かめてみてください。

1キログラムあたりの価格は、

チーズの価格÷チーズのグラム数×1000

(1グラムあたりの価格を計算して、1000をかける)で算出しています。

 

 

 

クリックするとハイ食材室楽天市場お店で

価格について最新の情報を見てもらえます▼

 

 

 

750グラムの大容量で販売されている、ゴルゴンゾーラ・ドルチェ

こちらは1キログラムあたり3000円台です。

 

 

同じお店の同じ名前のチーズでも、大きなカタマリのほうが

安いですね。

 

 

リンゴ1

徳用サイズってだいたい大きいものですよね。(なんだけど・・・いっぱい買ってお得なのは食べ切れる人限定です)

 

 

チーズを安く買う方法2・賞味期限が近いなどのわけありのチーズを安く買う

 

スーパーなどのチーズを売っているコーナーを見ると

賞味期限が近いチーズが

見切り品として大幅値下げされていることがあると思います。

 

値段が安く美味しい

掘り出し物とも出会えると思いますが

ここではオススメしません。

 

というのも、

ナチュラルチーズの多くは賞味期限内であっても

時間とともに味が変化し

 

においが強くなったり

見た目が茶色っぽくなったり

柔らかくとろけてきたり

 

するものだからです。

 

 

リンゴ1

ベージュ色のボックス内で、チーズの味の変化について補足しました。読まなくてもOK!必要なときはどうぞ!▼

 

補足※【チーズの熟成と時間とともに味が変わるチーズについて】

 

まず、熟成について

 

チーズ作りでは、

「熟成」というチーズを寝かせる時間をとります。

熟成期間は、チーズの美味しさを作る大切な時間です。

 

熟成中には、チーズ自体がもつ【酵素】のほか

【乳酸菌】【酵母】【カビ】などの微生物のチカラで

チーズの成分が変化し

旨味や香りのもとになる成分が生まれます。

 

一部のチーズは、消費者が購入して保存している間も熟成がすすみ

味やにおいが変わります。

 

 

次に、味が変わるチーズと変わりにくいチーズについて

 

チーズの中には、

加熱することで酵素や微生物の活動を止め、

熟成が進まなくなったチーズがあります。

 

【例】

プロセスチーズ

ロングライフチーズ

(ロングライフチーズは加熱後包装など、

加熱していることがパッケージに書かれている)

 

このようなチーズは味が安定していて

家庭の冷蔵庫で美味しさを長く保つことができますが、

そうでないチーズは時間とともに味が変わります。

 

美味しさが増すとも言えますが

臭くなったり見た目が悪くなったりすることも・・・

 

 

 

※熟成とチーズの味の変化について参考にした本

チーズの教本2019 チーズプロフェッショナルのための教科書

NPO法人チーズプロフェッショナル協会

 

 

 

リンゴ3

それがいいんだ!というときは賞味期限がせまって安くなったチーズもオススメです。ただ、新鮮なほうがいいときは、賞味期限に余裕があるチーズがオススメです。

 

 

チーズを安く買う方法3・お店を選ぶ

 

チーズを安く買う3つの方法の中で

一番オススメなのが購入するお店を選ぶこと。

 

【ハイ食材室Paris】というお店は

フランスの倉庫から日本の一般消費者に直接チーズを届けてくれます。

 

配送方法が飛行機を利用する空輸便なので

送料は高いのですが

チーズの値段がとにかく安いです。

 

海外のチーズを空輸便でお取り寄せできるお店でチーズの値段を確かめる

 

このようなお店でまとめ買いすれば

チーズを割安価格で入手できます。

 

 

リンゴ3

海外からのお取り寄せというので、ハードルが高いかも・・・

 

 

理想は安く買うよりも【ちょうどいい鮮度のチーズを、短期間で食べ切れる量だけ買う】

 

さきほどチーズを安く買う方法を紹介しましたが

美味しいチーズを食べるためには

あまりオススメできません。

 

 

大容量の大きなカタマリで買うと割安になりますが

美味しいまま保存するのが大変です。

 

また、賞味期限が近いワケアリチーズなら

安く買えると思いますが

これも味が落ちたりにおいがつよくなっているおそれがあります。

 

ナチュラルチーズはデリケートで

流通中や、買った後の保存環境が良くないと味が落ちやすく

時間とともに熟成がすすみ味が変わるものが多いからです。

 

 

そのため、

ちょうどいい鮮度のチーズを信頼できるお店で

長期間保存しなくても食べ切れる量を

こまめに買うほうが美味しいチーズを味わえると思います。

 

 

安く買える方法はありますが

オススメはしないというのはそういった理由です。

 

ただ、さきほど書いたように

信頼できるお店でこまめに買うと

お金がかかりますよね。

 

 

その問題の解決策としてまとめたのが

こちらです。

 

リンゴ1

チーズそのものを安く買うのはオススメしませんが

チーズを食べるグルメ資金は、調達する手段があります。バイトで眠る時間と気力を削ってがんばらなくてもOKです!

 

 

★関連記事====

おうちも片付く。グルメの資金を【働く以外で】増やす方法2パターンまとめ