ダナブルーとゴルゴンゾーラ、ともにカットされた見た目は良く似ていますよね。

どちらも乳白色のチーズに青カビ入り。

 

名前以外は似ているところが多い、ダナブルーとゴルゴンゾーラ。

違いとして、はっきりしているのは原産地です。

 

ダナブルーは、デンマークのブルーチーズ。

特徴は、青カビのシャープな刺激。

ブルーチーズの中でも刺激が強いほうです。

 

ゴルゴンゾーラは、イタリアのブルーチーズ。

青カビの刺激が強めのゴルゴンゾーラ・ピカンテと、マイルドでチーズの生地自体が柔らかなゴルゴンゾーラ・ドルチェがあります。

 

味や臭いの違いもあると思いますが、それについては話し出すと長い、公式のように割り切れないややこしさがあります。

 

より詳しくは続きをご覧ください。

 

ダナブルーとゴルゴンゾーラ、共通点とそれぞれの特徴

 

ダナブルーとゴルゴンゾーラは、どちらもブルーチーズです。

ブルーチーズの特徴は、チーズにわざと青カビの一種を繁殖させて、カビにチーズの脂肪分を分解させることで、風味のもとになる成分を作り出していること。

 

ブルーチーズは、世界の複数の国々で作られています。

フランス、イタリア、デンマーク、イギリス、ドイツ・・・

 

国によってチーズの原料を出してくれる家畜の品種や、自然条件などのチーズ作りを取り巻く環境が違うため、出来上がるチーズには産地ごとに個性があると言われています。

 

では、ダナブルーとゴルゴンゾーラの特徴を見てみましょう。

 

チーズの名前 産地 由来 特徴
ダナブルー デンマーク フランスのロックフォールチーズを手本に作られ、混同を避けるために、「ダナブルー」「ダニッシュブルー」と名前がついた。

青カビの鋭い刺激が強め。

手本となったロックフォールチーズ※と比べると、クセがない。

 

安定した品質で、長い期間の保存や輸送が可能。

ゴルゴンゾーラ イタリア

イタリアのゴルゴンゾーラ村で生まれたチーズ。村の名前がチーズの名前の由来。

 

ゴルゴンゾーラピカンテは、チーズの生地が固くてもろく、刺激が強い風味。

 

ゴルゴンゾーラドルチェは、柔らかくピカンテよりやさしい風味。

 

※ロックフォールチーズは、フランスで作られるブルーチーズ。

羊の乳を原料としているため、牛乳で作るチーズにはない風味がある。

 

 

このように、ダナブルーとゴルゴンゾーラの最も分かりやすい違いは、原産地です。

味の違いについては、やや複雑なお話になってきます。

 

味やにおいはチーズの種類だけでなく、保管状況やチーズの状態で変わるもの

 

ダナブルーとゴルゴンゾーラの味の違いは、この記事ではなんともいえません。

 

多くのチーズはデリケートな食べ物です。

輸送中や販売店での品質管理によって、良い状態のチーズにも、状態が悪く苦味などの不快な味がするチーズにもなります。

 

購入するお店や鮮度が違えば、消費者が手にするチーズの味が違う可能性があるということです。

 

そのため、ダナブルーなら、またはゴルゴンゾーラなら、必ずこんな味!

というのが言えません。これでははっきりした比較はできませんよね。

 

お買物前でどちらを買おうか迷ったら

 

・カビの刺激がマイルドなチーズを探しているときは、ゴルゴンゾーラ・ドルチェ

・ピリッとした鋭い刺激と塩辛さを求めているときは、ダナブルー

 

どちらを買うにしても、できれば試食したほうが安全です。

特に初挑戦だと、予想外の味で食べ方に困る方もいるようですから、試食は大事。

もし試せないならできるだけ小さなパッケージでどうぞ。

 

カビが茶色く変色していたり、チーズの生地が乳白色ではなく黄ばんでいるものは、避けたほうが無難です。

 

良さそうなダナブルー・ゴルゴンゾーラがなかったら、そのお店での購入を見送って、別のお店で探したほうがいいかもしれません。

 

※この記事を書く時参考にした本

チーズのソムリエになる 著 久保田 敬子

チーズの教本2019 NPO法人チーズプロフェッショナル協会