オークス茶園のダージリンファーストフラッシュ

2019年生産のSFTGFOP1 Chinaを飲みました。

購入する前に情報を知りたいとき

買ってみてイマイチだったときに向けてまとめています。

 

紅茶の葉についての情報

 

リンゴ1

まずは購入したお店、シルバーポットの説明から!オンラインショップに掲載されていた説明を意味を変えない程度に省略、リライトしています

 

【このダージリンファーストフラッシュの特徴】

  • 青葉らしい香りは角が取れている
  • かすかな香ばしさでナッツを思わせる
  • 渋みが少ない
  • 香りも味も和三盆糖を溶かしたような懐かしい雰囲気
  • 日常使いにもおもてなし用ににもなる風味と価格帯のダージリンファーストフラッシュ

 

次に袋のラベルをごらんください。

オークス茶園2019ダージリンファーストフラッシュ

画像だと茶園の名前の下に表記されているSF・・・からはじまる

アルファベットの文字列は、紅茶の茶葉のサイズと

等級を表しているそうです。

 

リンゴ1

らんぼうにひとことでいってしまうと

意味は「チャノキの芽がたっぷりはいった最上級品」

オークス茶園のダージリンファーストフラッシュの中でも、上級品に位置づけられているお茶です

 

めぼしい情報が見つかった記号のみ、ここで補足します。

 

T・・・ティッピー tippy チャノキの芽が多く入っている。

G・・・ゴールデン 金色のチャノキの芽が入っている。

F・・・フラワリー チャノキの芽が入っていて花のように香り高い

OP・・・オレンジペコー 大きめのサイズの茶葉

 

アルファベッドであらわされる茶葉の等級については

世界共通ではっきりした基準があるわけでなく

茶園ごとの判断にまかせられているところもあるそうです。

 

参考

紅茶、知って味わう 著 磯淵猛

紅茶 味わいの「こつ」理解が深まるQ&A89

 

オークス茶園ダージリンファーストフラッシュ2019

 

茶葉からは青葉が発酵したような香り。

この香りは野沢菜の漬物を思い起こします。

青い草をもんだような鮮烈な青臭さはなく、甘い香りと香ばしさ。

 

飲んだ感想

1回目は香りの確認から。

茶葉3グラムで蓋がついた茶碗蒸しの容器を使い

150ミリリットルの熱湯で4分浸出。

 

条件が悪かったらしく、茶葉の香りそのまま

野沢菜漬けを思わせる香りの茶になってしまいました。

この時点で一瞬、口に合わない紅茶だったかなと思いましたが

入れ方で香りの雰囲気から味わいまでだいぶ変わりました。

 

リンゴ1

次にポットでたっぷりと!買ってみてイマイチだったら茶葉の量を変えると印象が違うかもしれません

オークス茶園ダージリンファーストフラッシュ2019

茶葉5グラム熱湯300ミリリットル

ポットは薄手のガラスのポットを温めずに使用

5分浸出した時点でカップに注いだ1杯目

 

漬物を思い出す香りは薄れて

甘い香りとかすかにジャスミンティーのような香りが立ちました。

渋みは弱く軽い味わいの紅茶です。

冷めるにつれて渋みが強くなり香りは感じにくくなりました。

 

 

 

ポットに残した茶はこの状態で放置

オークス茶園ダージリンファーストフラッシュ2019

湯を注いで10分経過

オークス茶園ダージリンファーストフラッシュ2019

水色が濃くなり渋みは増しましたが

やはり弱い渋みです。

香りのピークは湯を注いでから4分から5分くらいらしく

香りの立ち上り方は弱くなりました。

 

放置しすぎると香りが変わり、強さも薄くなったのと

苦味渋みが強まりすぎて美味しく飲めなかったので

浸出時間は4分から5分の間で

茶葉を引き上げたほうが美味しく飲めました。

 

 

【感想のまとめ】

懐かしい雰囲気

角が取れた青い香り

ナッツのような香ばしさ

渋みが弱め

だいたいお店の説明どおりの個性を持ったお茶だと思います。

気にいるかどうかは人ぞれぞれの好き嫌いになるので

ここではおいしいともまずいとも、お伝えできませんが、

 

香りが強く立ち上る

パンチが効いたダージリンファーストフラッシュを求めているときは

他のお茶がいい気がします。

 

 

日常用のダージリンファーストフラッシュとしては

「この年度のこの季節のお茶なので、同じ紅茶が追加で作れない」

という特徴から、扱いにくいと感じます。

毎日のようにのむいつものお茶にするなら

ブレンドで品質が安定しているダージリンファーストフラッシュや

ファーストフラッシュ寄りの特徴が出ているダージリンのほうが

値段が安くて扱いやすいです。