ディンブラ紅茶の特徴を、飲んで調べてまとめました。

味、特徴、美味しい飲み方、合うお菓子について紹介しています。

参考にした文献リスト付きで、情報の根拠が分かる、

ディンブラ紅茶のお味と特徴のはなしです。

 

リンゴ1

では、まずは目次からどうぞ!ポイントがだいたいここに詰まっています^^/char]

 

 

ディンブラ紅茶の産地と味わいの特徴

 

一年を通して紅茶の品質が安定したスリランカの紅茶産地

 

ディンブラはスリランカの南に位置する紅茶産地で

1年中紅茶の品質が安定しており

スリランカで代表的な紅茶の産地です。

 

 

書籍によって紹介されている内容が違い

 

標高1100から1600メートルほどの

ハイグロウン(標高が高い生産地)と紹介されていたり

標高800から1300メートルほどの

ミドルグロウン(標高が中間的な生産地)と紹介されていたりして

ディンブラの中でも、生産地によって標高に幅があります。

 

 

補足

【スリランカの紅茶産地の標高と紅茶の特徴の関係】

 

ディンブラを含めて、標高が比較的高い紅茶山地は

ハイグロウンと呼ばれ

そこで生産される紅茶は明るく透き通った水色と

爽やかな香りと味が特徴です。

 

スリランカでは紅茶産地の標高と生産される

紅茶の味わいに関係があり

標高が低い地域、ローグロウンでは

水色も味も濃い紅茶になる傾向があります。

 

 

バランスのいい味わいと美しい水色。幅広い用途に向く紅茶のオールラウンダー

 

 

ディンブラの紅茶の特徴と味わいは、

 

  • オレンジがかった深い赤色の透明感のある水色
  • ほどよい渋みと爽やかな香りのある、バランスの良い味わい
  • ストレート、ミルクティー、アイスティー、幅広い飲み方で持ち味を活かせるオールラウンダー

 

全体的にバランスの良い味わいで

突出した個性はありませんが

生産地や旬によって味わいに違いがあります。

 

 

ディンブラの中の種類わけと旬について

ディンブラは、茶園によって味わいに違いがあり

おおきくわけて2タイプのディンブラ紅茶があります。

 

ディンブラ紅茶の産地(茶園の名前) 紅茶の特徴

オルトン

グレートウェスタン

サマーセット

ストックホルム

デスフォード

ロイノルンなど

明るい水色。味わいは軽め。

チャノキの葉を加工する過程で強く発酵を行わない傾向がある。

味わいは季節ごとの変化があらわれやすく、

2月前後のディンブラ紅茶の旬には花のような香りがある。

 

ガウラウィラ

ブランズウィック

マタケレー

マレイ

ラクサバーナ

など

発酵がしっかりすすんだ、水色が濃く、濃い味わいのあるディンブラ紅茶。

味わいや香りは季節ごとの変化が少ない。

 

 

ここで紹介したディンブラの紅茶産地と味わいについては

そのような傾向があるという目安になります。

 

濃い紅茶の需要が増えたことから

花のような香り高いディンブラ紅茶を生産してきた茶園でも

発酵をしっかり進めた濃い味わいの紅茶を

作ることが多くなっているそうです。

 

 

美味しい飲み方は幅広く、ストレート、ミルクティー、アイスティーに

ディンブラは、全体的には

ストレート、ミルクティー、アイスティー

いずれの飲み方でも美味しくいただける、万能な紅茶です。

 

ただ、生産された季節や茶園によって紅茶に個性があり

ディンブラの紅茶の中でも香りや味わいに幅があるため

より紅茶の特徴に合った美味しい飲み方については

お店での説明や製品のパッケージで書かれている案内を

参考にしてください。

 

 

いれてみて、渋みや味わいがさっぱりしていて水色も薄いなら

ストレートやアイスティーでいただくと

よりそのディンブラ紅茶の持ち味が活きると思います。

 

水色が濃く、渋みや味も濃厚でパンチがきいた味わいなら

ミルクティーが合うと思います。

 

リンゴ1

ここでは目安となる情報をまとめていますが

人それぞれ好みがあると思うので

ぜひいろいろ試してみて自分の好みを探ってみてください♪

 

 

合う食べ物【合わせるフードをあまり選ばないオールマイティーな食べ物のお供!】

 

 

ディンブラの香り、ほどよい渋み、コクは、カスタードクリームやバナナやメイプルシロップ、カラメルソースと好相性。

 

ディンブラは、スリランカのウバやインドのダージリンほど

分かりやすく突出した個性が出にくいことから

合わせる食べ物を比較的選ばないと言われています。

 

サンドイッチ、スコーン、クリームを使ったケーキなど

幅広い食べ物と組み合わせるなら

ディンブラがとても使いやすいです。

 

 

リンゴ1

では、ディンブラの紅茶の特徴をここでいったんまとめます。

 

 

ディンブラ紅茶の水色 オレンジ系の深い赤。透明感がある。
茶葉の形状と味わいと香り ディンブラは香り、渋み、コクのバランスの良い紅茶。ストレート、アイスティー、ミルクティー、幅広い飲み方でおいしく飲める。
その他

2月前後が香りが充実する旬だが、一年中品質が安定している。

 

 

 

 

 

この記事を書くとき参考にした本とウェブサイト

 

基礎から学ぶ紅茶のすべて 著 磯淵猛

紅茶ブレンド 著 磯淵猛

紅茶味わいの「こつ」理解が深まるQ&A89 著 川崎武志 中野地清香 水野学

ティーインストラクターおすすめの紅茶をもっと楽しむ12ヶ月 日本ティーインストラクター協会

紅茶にあう菓子コーヒーにあう菓子123 著 川上恵子 田口文子

世界文化社 別冊家庭画報 人気シェフのケーキ教室