ミルクティー向きの紅茶

イングリッシュブレックファーストについて、

特徴や味、入れ方、ブレンドの内容についてまとめました。

 

参考文献リストつきで情報の根拠がわかる

イングリッシュブレックファースト紅茶の話です。

 

飲んでみたイングリッシュブレックファースト紅茶の特徴や

アイリッシュブレックファーストなど

イングリッシュブレックファーストと特徴が近い

紅茶についてもふれています。

 

リンゴ1

それでは本題に入ります。

まずは目次からどうぞ!

 

イングリッシュブレックファーストの特徴はミルクティー向けの紅茶であること

イングリッシュブレックファーストは

ミルクティー向けのブレンド紅茶です。

 

紅茶の中には、水色が薄く風味が繊細だったり

イギリスの水質では風味が十分出ないため

ミルクティーには向かないものがあります。

ヌワラエリヤやダージリンファーストフラッシュといった紅茶が

その例です。

 

イングリッシュブレックファーストはそのような

ミルクティーに向かない紅茶とは逆の特徴をもっています。

 

紅茶の風味が出にくい水質でも、

ミルクティーにして紅茶の風味がしっかり感じられるように

さまざまなメーカーが数種類の茶葉をブレンドし

イングリッシュブレックファーストを作っています。

 

リンゴ1

らんぼうにまとめてしまうと

イングリッシュブレックファーストは

牛乳を注ぐために製造者がブレンドして作り出した

まさにミルクティーのための紅茶です!

 

 

味はブレンドの内容によってさまざま

イングリッシュブレックファーストの味の特徴は

 

  • 牛乳を入れても薄くなりすぎない濃い紅茶の色
  • ミルクティーにしても紅茶の風味が残る味

 

より詳しい味の特徴については

ブレンドの内容によって個性があります。

 

アッサム紅茶のみのイングリッシュブレックファースト

ケニア、スリランカ、インドネシアなど

さまざまな国の紅茶がブレンドされた

イングリッシュブレックファーストなど

ブレンドの内容は製品によってさまざまです。

 

 

リンゴ1

製品の名前とブレンドの内容については、のちほど紹介します!

 

入れ方

イングリッシュブレックファーストの入れ方は

濃いミルクティーを作るならコツは4つ。

 

  • 熱湯で、カップやポットを保温してお湯の温度を下げないようにし、紅茶の味や香りをしっかり抽出する
  • 使用するマグカップやポットは使う前にお湯を注いで温めておく
  • 茶葉はストレートで入れるより多めに。
  • 牛乳はミルクティーの温度が下がるので、冷たいまま使わない。使うしばらく前に冷蔵庫から出してぬるくしておく。沸騰してまくが張らない程度に温めておいてもいい。

 

 

紅茶は温度が高いお湯のほうが

渋みや香りや味などの成分がよく抽出されて濃い味になります。

 

紅茶の渋みを調節するために

温度が低めのお湯でいれることもありますが

イングリッシュブレックファーストで

紅茶の味が濃いミルクティーをいれたいときは

熱湯がむいています。

 

茶葉の量は好みに応じて加減することになりますが

わからないときは多めに使ってください。

 

美味しい紅茶の濃さについては人によって好みがあるので

細かな茶葉の量の指定はここでは控えさせていただきます。

 

目安として、紅茶をいれるときの茶葉の標準的な分量は

お湯350ミリリットルにつき5グラムから6グラムです。

ミルクティーにするならそれより多めに

 

この記事を書くとき参考にした資料では

茶葉はやや多めから

ストレートで飲むときの2.5倍くらいの幅で増やしていました。

 

茶葉の量について参考にした本

講談社ティー&コーヒー大図鑑

 

 

リンゴ1

美味しくイングリッシュブレックファーストを入れるコツは、程よい加減がわからないうちはとにかく「茶葉を多め。思い切って2倍くらい入れても大丈夫」「お湯はアツアツ」です!

薄い紅茶はなんともできませんが濃かったらのばして薄めれば美味しく飲めますよ♪

 

アイリッシュブレックファーストなど、イングリッシュブレックファーストと似たブレンドの紅茶について

 

ミルクティー向きの紅茶イングリッシュブレックファーストと

似た名前のブレンド紅茶に

アイリッシュブレックファーストがあります。

 

イングリッシュブレックファーストと

アイリッシュブレックファーストは

ともにミルクティー向きの紅茶です。

 

どちらも使用する紅茶の産地や味の個性は

メーカーによって幅があり

イングリッシュブレックファーストと

アイリッシュブレックファーストのブレンド内容に

確たる基準はないようです。

 

 

リンゴ1

イングリッシュブレックファーストやアイリッシュブレックファーストなど、ブレンド内容については、以下の飲んでみた感想とともに紹介します!

 

飲んでみたイングリッシュブレックファーストほか、似たテイストの紅茶の感想

トワイニング イングリッシュブレックファースト

インドネシアとスリランカの紅茶のブレンド

200g入りの赤い缶でおなじみの

トワイニングイングリッシュブレックファースト。

味はやや青臭みがありますが

強い個性のある香りは感じません。

個人的には酸っぱさを感じる

茶葉の香りが苦手で余らせてしまいました。

 

トワイニング アイリッシュブレックファースト

ケニアとインドの紅茶のブレンド

アッサムCTCよりもストレートで飲んでも渋みが少なく

ミルクティーにすると軽い味わいを感じます。

甘い香りがあってストレートでも美味しく飲めました。

ミルクティーにすると、紅茶の甘い香りと乳製品の相性がよく感じ

美味しいです。

 

ムジカティー 堂島ブレックファースト

インドの紅茶のブレンド

甘みはありますが

ムジカティーのアッサムCTCよりすっきりした味わいです。

甘く濃厚な重い味というより

甘さがありながら軽やかに飲める、飽きない紅茶だと感じています。

 

 

そのほかの製品紹介

 

ウィリアムソン イングリッシュブレックファースト

ケニアの紅茶

 

フォートナム&メイソン ブレックファスト

インドのアッサム紅茶のみ使用

 

フォートナム&メイソン アイリッシュブレックファスト

アッサムとケニア紅茶のブレンド

 

フォートナムアンドメイソンはイギリスのメーカーで

紅茶やジャムやビスケットなどの食料品を販売しています。

 

このように、イングリッシュブレックファーストや

アイリッシュブレックファーストは

使用している茶葉の産地やブレンド比率に

製品ごとの個性があり、さまざまな味わいの紅茶があります。

 

リンゴ1

ミルクティー向きということなら、名前にこだわらないならイングリッシュブレックファーストのほかにもいろんな紅茶がもりだくさんです! それだけに迷うこともありますが、色々試して自分史上いちばんおいしいミルクティーを探求するのも楽しいと思います♪

 

 

この記事を書くとき参考にした本

講談社ティー&コーヒー大図鑑

基礎から学ぶ紅茶のすべて 著 磯淵猛