フォションの紅茶「アップル」を飲んでみました。

フォションのアップルティーは

フレーバーティーではない紅茶よりも入れやすく、

リンゴの甘い香りが立つ紅茶です。

 

フォションのアップルティーはどんな香りや味の紅茶なんだろう。

美味しい飲み方が分からない。

 

そんなときに向けての情報をまとめました。

 

 

フォションアップルティーの特徴と飲んだ感想

 

フォションの紅茶「アップル」は、

スリランカの紅茶にリンゴの香りをつけたフレーバーティーです。

 

まずは茶葉をご覧ください。

フォションの紅茶アップルティーの特徴と感想

(写真は実物より白っぽく、実際は黒っぽい茶色の茶葉です)

このように茶葉が粉末のように細かくなっており、

フォションのモーニングやマタンオルーブルよりさらに細かくなっています。

 

フォションのアップルティーのような細かくなった茶葉の特徴は、

茶葉にお湯を注いでから、短い時間で香りや味が出るということ。

時間を長く置きすぎると渋みが出やすいです。

 

フォションのアップルティーは缶を開けたときから

りんごジュースのような甘酸っぱい香りと

バニラのような甘い香りが缶の口から立ち上ってきます。

 

フォションのアップルティーの特徴は

リンゴの甘酸っぱい香りに混ざってバニラのような甘い香りがするため

フルーツのみの甘酸っぱさよりも香りが濃厚で

複雑さを感じることです。

 

つぎに、いれたところをご覧ください。

全体が白く濁ってしまって良い写真ではないので

後日差し替えようと思います。

フォションの紅茶アップルティーの特徴と感想

熱湯300ミリリットルにつき茶葉5グラム使用。

3分浸出しました。

 

入れたあとのフォションアップルティーの香りは

茶葉の香りをそのまま薄めたような

りんごとバニラの香りです。

 

浸出時間が3分程度だとやや長く

冷えてくるにつれて渋みが出てきます。

 

紅茶の中には、ポットの中に茶葉を放置して

長時間進出を続けて味や香りの変化を楽しめるものもありますが

フォションのモーニングは長く漬けすぎないほうが

美味しくいただける気がします。

 

フォションの紅茶アップルティーの特徴と感想

お湯を注いでから11分すぎると

苦味や渋味が強く出てきますが、リンゴの香料の香りは残っています。

 

フォションの紅茶アップルティーの特徴と感想

濃くなったところに牛乳を注ぐと

色は赤みが濃く美味しそうなミルクティーになりますが

味はその他の紅茶のほうが美味しく感じました。

 

フォションのアップルティーはリンゴの甘い香りがしますが

乳製品の香りと合わせると、紅茶そのものの香料は印象が薄くなり

フォションのアップルティーの持ち味を活かすならストレートが良い気がします。

 

 

 

【飲んだ感想のまとめとオススメの飲み方】

 

フォションの紅茶、アップルティーは

短い時間で色と香りがつくことが特徴の

甘い香りのアップルティーです。

 

パッケージに書かれている説明に

浸出時間は1分半から3分とあるとおり

長い時間蒸らして紅茶の渋みや香りをしっかり引き出すより

短めの蒸らし時間で軽い味わいの紅茶にして

リンゴの香りを楽しむ飲み方が向いている気がします。

 

 

まずいとき、苦手なとき、かおりがきついときは

 

フォションの紅茶アップルティーが苦手なときは

入れ方や飲み方で印象が変わるかもしれません。

 

もしいれてみて渋く、紅茶の味とリンゴの甘い香りのミスマッチが気になるときは、

 

茶葉を減らす

浸出時間を短くする

両方試して好みの味わいを見つけてみてください。

 

フォションのアップルティーはリンゴの香りが安定していて

入れ方で香りが変わりにくいと感じていますが

渋みの出方は入れ方で違うので

茶葉の量や時間を調節すると

おいしく飲めるポイントが見つかると思います。

 

 

 

香り自体が苦手なら、紅茶として飲むのをあきらめて

シフォンケーキやクッキーなど

お菓子の材料にするとおいしく食べられるかもしれません。