この記事を読んでいる方は、

フルムダンベールとゴルゴンゾーラの違いが知りたいだけという他に

買い物の参考として、フルムダンベールとゴルゴンゾーラは味や臭いがどうちがうのか知りたいという方だと思います。

 

が、顔が見えない以上、あなたがどれくらいチーズに慣れていて、どんな情報を求めているかはっきりとは分かりません。

そこで、この記事ではフルムダンベールとゴルゴンゾーラの違いに関する話題を、いろいろとまとめました。

 

余計な部分もあるかもしれないので、まずは目次をご覧いただいて、知りたい情報が書かれていそうか確かめてみてください。

 

フルムダンベールとゴルゴンゾーラの共通点と、産地や由来の違い

 

どちらも青カビを利用して熟成させるチーズ

 

フルムダンベールとゴルゴンゾーラは、ともに青カビを利用して風味を作るチーズです。

 

 

※青カビチーズについて。チーズの製法についての補足

 

チーズ作りでは、まず原料の乳に乳酸菌やレンネットなどの凝固剤を加えて、乳を凝乳、という固形物と、乳清という固まらなかった液状の部分に分離し、乳清を取り除きます。

 

この時点で残るカードと呼ばれる固形物は、この段階でフレッシュチーズとして製品になります。

 

ゴルゴンゾーラやフルムダンベールなどの青カビチーズでは、完成までにもうしばらくかかりまして、青カビを入れて寝かせ、熟成させる工程が残っています。

 

この熟成の間に、青カビがチーズの脂肪分を分解して、独特の味や香りのもととなる成分が作り出されます。

 

 

青カビチーズの特徴は、伝統的な製法を守っているチーズでは、塩分濃度が高いこと、青カビが作る刺激的な風味をもつことです。

 

製法や原材料の違いによってさまざまな味の違いがあり、さまざまな味わいの青カビチーズが存在します。

 

フルムダンベールとゴルゴンゾーラの共通点はここまでとしまして、それぞれの違いを見てみましょう。

 

違いとそれぞれの味の特徴

 

 

名前 原産地 由来 特徴
フルムダンベール (fourme  d ambert) フランス

地名

フランスのアンベール村

ブルーチーズの中では食べやすい。マイルドな風味が特徴。
ゴルゴンゾーラ(gorgonzola) イタリア

地名

イタリアのゴルゴンゾーラ村

ドルチェとピカンテ2タイプある。

ドルチェはピカンテよりチーズが柔らかく、ブルーチーズの中では味がマイルド。青カビの刺激が控えめ。上質なものは乳の甘みを感じられる。

ピカンテはドルチェよりも硬めでもろいチーズ。刺激が強い。

 

 

フルムダンベールとゴルゴンゾーラは原産地と、刺激の強さが違います。

 

ブルーチーズの中で食べやすいと言われているのが、フルムダンベールとゴルゴンゾーラドルチェ。

刺激が強めなのが、ゴルゴンゾーラピカンテです。

 

 

 

どちらがおいしいかといえば。よほどお金を使えるのではないなら、原産国や名前にこだわらないチーズ選びをすすめたい

製造方法にこだわり、運送中や販売店での品質管理も行き届いた上質なチーズの世界では、原産地の違いはチーズの味の違いにあらわれると言われています。

 

チーズは似たような製法であっても、ただ作る場所が違うというだけで味が変わることがあるそうです。

たとえば、白カビチーズのカマンベールドノルマンディーとブリードモーは製法が似たチーズですが、カマンベールドノルマンディーの原産地は海に面しているため潮風の影響を受け、ブリードモーの原産地は内陸部です。

潮風があたった牧草を食べた牛から搾乳したミルクで作ったカマンベールドノルマンディは、濃厚な風味をもつと言われています。

 

ただ、それは製造から販売にいたるまで品質管理がいきとどいている上質なチーズの世界でのことです。

 

チーズの中には、保存方法などの品質管理が良くなかったために、チーズ本来の味ではない、苦味などの不快な味が出ているものがあります。

美味しいチーズを選ぶには、チーズの名前や産地にこだわる以前に、品質管理がしっかりしたお店を選ぶ必要があるのですね。