ウーウェンさんのレシピ本「ウー・ウェンの北京小麦粉料理」を見て、水餃子と焼き餃子に近い料理ゴーティエを、あわせて5品作ってみました。

持っている他のレシピ本とも比べて、今回作ったウーウェンさん流餃子レシピと特徴を比べています。

 

ウーウェンさんのレシピで水餃子を作った感想

ウーウェンさん流餃子レシピ作ってみた

こちらはウーウェンさんのレシピで作った水餃子です。

参考にしたレシピ本の写真はもっとキレイで美味しそうですよ~

 

以下の写真は、作っている途中の写真です。

 

ウーウェンさん流餃子レシピ作ってみた

レシピ本どおりに皮から水餃子を作ってレビューしている証拠として掲載しています。

 

ウーウェンさん流餃子レシピ作ってみた

 

 

 

餃子作りの手順がわかるほど詳しく写真を載せてしまうと、著作権の侵害になるため、作る手順は省略しています。

 

 

 

今回作ったウーウェンさん流レシピの水餃子は以下の4種類です。

違いが見えるように、餃子の断面の写真を掲載しています。

 

感想では使用した材料が詳しくわからないように、ぼかして書いています。

 

 

ウーウェンさん流餃子レシピ作ってみた

【ギョーザ】

ひき肉を使わない水餃子です。

お肉の歯ごたえがあり、ニラの香りや野菜の歯ごたえも感じられて美味しい餃子でした!

 

 

ウーウェンさん流餃子レシピ作ってみた

【アスパラのギョーザ】

ごまの香りがきいた水餃子です。

野菜は塩もみもせず生のまま入れるのでとても楽!

材料を何種類も揃えなくていいのも楽です。

 

 

 

ウーウェンさん流餃子レシピ作ってみた

【れんこんのギョーザ】

私の中では斬新な、水餃子にれんこんをいれるレシピです。

クワイを加えたような、サクッとした歯ごたえが美味しい!

 

ウーウェンさん流餃子レシピ作ってみた

【なすと厚揚げのギョーザ】

お肉が入らない水餃子です。節約にも良さそう!

 

以上のウーウェンさんのレシピで作った4種類の水餃子は、どれも材料の種類は少なめです。

野菜は何種類も混ぜずに作れて、調味料もスーパーで買えます

それでいて、今回作った水餃子はどれも美味しかったです!

 

 

【焼き餃子のような料理】ウーウェン流レシピのゴーティエ

今回参考にした「ウー・ウェンの北京小麦粉料理」には、焼き餃子のレシピは掲載されていません。

中国の特に北方では、餃子といえば茹でて仕上げる水餃子しかないそうです。

 

「ウー・ウェンの北京小麦粉料理」に掲載されているのは、「ゴーティエ」(鍋貼)という料理です。

 

 

「ウー・ウェンの北京小麦粉料理」のゴーティエは、包み方が独特。

ウーウェンさん流餃子レシピ作ってみた

ゴーティエは、脇までぴっちり閉じないのだそうです。

 

焼き餃子らしくないレシピですが、焼いて仕上げると日本の焼き餃子に近い食べ物になります。

ネギのシャキシャキ感と香りがあって、美味しい料理でした!

 

 

 

皮も手作りできるように、本で紹介されていましたよ。

ウーウェンさんのレシピで餃子作り

水餃子と皮の作り方が違って、生地の手触りも違いました。

 

 

ウーウェンさんのレシピの餃子を作るときに便利【細くて短い麺棒】

 

ウーウェンさんの小麦粉料理のレシピ本「ウー・ウェンの北京小麦粉料理」では、餃子の皮を「1枚ずつ」麺棒で丸く伸ばして作ります

 

餃子の生地を大きく伸ばして、それを丸い抜き型で抜くのではないのですね。

 

餃子の皮を一枚ずつ伸ばすには、クッキーの生地を伸ばすとき使うような、大きな麺棒だとやりにくかったです。

細くて短い麺棒が使いやすく、作業がはかどりました。

 

丁度いいサイズの麺棒について、詳しくはこちらです。

麺棒(餃子・小龍包・クッキー用)(約)直径2x全長27cm■メール便対応

※リンクをクリックすると楽天市場へ移動します。

 

 

【ウー・ウェンの北京小麦粉料理】の餃子レシピと他の本との比較

 

ウーウェンさんのレシピ本

今回参考にしたウーウェンさんのレシピ本は、こちらの一冊「ウーウェンの北京小麦粉料理」

 

 

作ってみて私が感じた「ウーウェンの北京小麦粉料理」の餃子レシピの特徴は、材料がシンプルで作りやすい!

 

餃子って「にんにくやしょうがや、キャベツに白菜に、ニラも混ぜて」と何種類も野菜を使っていたのですが、ウーウェンさんの餃子レシピはシンプルです。

 

この生地で作った5品の餃子は、

餃子に入れるメインの野菜はレンコンだけ。

白菜とニラだけ。

ナスだけ。

ネギだけ。

アスパラガスだけ。

香り付けの野菜もショウガのみとなっています。

 

 

また、餃子の皮づくりもシンプルです。

水餃子なら、皮に使う小麦粉は強力粉のみ。

焼き餃子(本ではゴーティエと記載されています)なら、皮に使う小麦粉は薄力粉のみ。

 

餃子の皮を作るのに、薄力粉と強力粉をブレンドしなくていいのはとても楽!

それでいて美味しいです。

 

 

私は他にも中国料理や点心のレシピを持っていますが、下記の写真のレシピ本の餃子を家庭で作るのは大変でした。

 

中国料理と点心のレシピ本

 

使う材料の種類が多かったり材料が高級だったりして、材料を揃える時点で挫折したレシピもあります。

 

 

家庭で気軽に作れて、なおかつおいしい餃子のレシピを探している方になら、迷わずウーウェンさんの本をオススメしたいです。