はちみつの賞味期限

「はちみつの賞味期限が切れた」

「もったいないけど、賞味期限が切れたものを食べるのは心配」

「賞味期限内なのに白い。分離したようになった」

「はちみつが黒い

 

 

気づいたら食べ忘れて、賞味期限切れ多発のはちみつ。

生産に手間がかかる食べ物ですから、食べられるはちみつは食べたいものです。

また、簡単に腐るものではないですし、はちみつは賞味期限が切れていても大丈夫なケースが多いです。ただ・・・

はちみつは、【長期保存に向いた食べ物なので賞味期限が切れても食べられる】と言われていますが、心配なら食べないほうが安心。

リンゴ1

もっと詳しくは続きで♪

賞味期限切れの蜂蜜は【だいたい】食べられる

はちみつの容器のラベルには、賞味期限や保存方法について書かれていることが多いです。▼

はちみつの画像

この写真のはちみつでは、【賞味期限 2020年 4月】【保存方法 直射日光をさけ常温保存】となっています。

 

ですが、この賞味期限が切れてもはちみつはほとんどの場合、腐りません。

はちみつにカビが生えたり、いやな異臭がしたりとわかりやすい変化はないことが多いです。

 

ボトル記載の賞味期限が切れても腐ってないケースが多い!

賞味期限切れのはちみつが白く分離したときは

賞味期限内なのにはちみつが白い、分離した、濁ったようになるのは結晶化といって、必ず腐っているわけではありません。

一部が白くなって分離しても、問題なく食べられます。

白く分離したり、濁ったりするのは蜂蜜の自然な性質。必ず腐っているわけではない!

 

結晶化で固まるはちみつの溶かし方。腐ったわけではないので食べられる

 

※参考にした本 はちみつの賞味期限について

はちみつ大好き。 (ラベイユ 監修)

毎日がしあわせになる はちみつ生活 (木村幸子)

 

賞味期限切れではちみつが黒くなっているときは

賞味期限が切れているなど、古くなったはちみつは黒く変色することがあります。

腐ったようにも見えますが、黒くなるのはカラメル化と呼ばれる現象なので、よほど状態が悪くなっていない限り食べられます。

 

ハチミツは強い殺菌力をもっており、保存食の代表的なもので、古くなったものを食べても心配はありません。ただ、年月がたつと風味は次第に消えていき、糖が褐変する「カラメル化」によって色は濃くなってきます。

引用元 日本養蜂協会 ハチミツQ&A 

 

はちみつが黒くなるのはカラメル化。腐ったわけじゃないよ。

リンゴ1

味が落ちているときは、料理の甘みに使えます♪

 

【大丈夫って言うけど心配…このはちみつ腐ってるよ!】そんなときは

賞味期限を過ぎたはちみつを食べても安全かどうか。

それはそのはちみつを保存した環境と、あなたの体力(簡単にお腹を壊さない抵抗力があるかどうか)にもよります。

 

また、はちみつそのものは賞味期限が切れても腐りにくい食べ物ですが、保存環境が悪すぎると大丈夫かどうかは分かりません。

 

リンゴ3

例えば。

はちみつのボトルの中にパンくずや虫などの、腐りやすい異物が入っていたり、よほどはちみつが湿気でベタベタの、ひどい保存環境に置かれていたり・・・

 

よほどはちみつの保存状態が悪いと、賞味期限が切れたときの安全性は分からなくなってきます。

はちみつは腐りにくい。だけど、よほど保存環境が悪いと食べたら良くないかも。

そのため、ここでは「賞味期限が切れたはちみつを食べてもぜったい大丈夫ですよ」とは言えません。

あなたの体調や、どんな状態ではちみつを保存していたかが分からないからです。

リンゴ1

食べ物は大事だけど、健康ももっと大事です!

もし、賞味期限が切れたはちみつを食べるのは心配だけど捨てるのがもったいないなら、食べない使い方で消費できますよ♪

賞味期限切れのはちみつの使い方を提案!

 

 

はちみつは昔から、傷薬のかわりや、スキンケアにも使われてきたと言われています。

食べてお腹に入れるのが心配ならお肌に塗って美容に役立てる方法もアリ!

異臭やカビがあるなど、腐っているようなら「肌にもつけない」ことをおすすめします。「大丈夫そうだけど少し怖い」はちみつの消費方法に。

はちみつの美容法超入門編。簡単なはちみつスキンケアの方法と試す前に知りたいこと

 

それにしても・・・

リンゴ3

賞味期限が切れたはちみつは心配なら食べないでってあたりまえのことだと思う

 

この記事で、賞味期限が切れたはちみつの安全性について、はっきりした言い方をできない理由をお伝えします。

はちみつの賞味期限とお腹を壊さずに食べられる期限は違う

 

はちみつの「お腹を壊さず食べられる期限」を考えるときの、ポイントはふたつあります。

 

1・はちみつの賞味期限は、それが切れると必ず食べられなくなる期限ではない。

2・はちみつは天然の保存食。よほど保存する環境が悪くなければ、数年くらいでは腐らない 

 

「賞味期限」とは、それを過ぎると腐って食べられなくなる期限のことではない

はちみつのパッケージには、賞味期限が表示されています。

この賞味期限とは、おおざっぱには「開封しないかぎり品質が保たれ、美味しく食べられる期限のこと」

 

牛乳やお肉などの腐りやすい食べ物に表示されている「消費期限」と、はちみつなどの日持ちする食べ物に表示される「賞味期限」は意味がちがいます。

 

 

【賞味期限とは・・・】

はちみつなどに表示される。主に美味しく食べられることを約束する期限。

袋や容器を開けず、パッケージに書かれている保存方法を守れば、品質が悪くならずに美味しく食べられる期限のこと。

賞味期限は過ぎてもすぐ、食べられなくなるわけではない。

 

【消費期限とは・・・】

 

主に安全に食べられることを約束する期限。

袋や容器を開けずに、保存方法を守れば、「安全に食べられる期限」のこと。腐りやすい食べ物に表示される。消費期限は過ぎてしまったら食べないほうが安全。

 

 

リンゴ1

賞味期限は、美味しく食べられる期限。

消費期限は、安全に食べられる期限です!

 

 

はちみつの賞味期限は「この期間内なら美味しく食べられます」という約束みたいなもの。

はちみつはとても腐りにくい食べ物ですが長い時間保存していると、色が黒ずんだり味が落ちたりします。

そのため、美味しく食べてもらおうという意味ではちみつの販売者が、それぞれの判断で決めています。

 

はちみつの賞味期限の目安ははちみつをボトル詰めしてから、1年~3年。

 

このように、賞味期限は美味しく食べられる期限の目安となるもの。

賞味期限を過ぎてしまったら、すぐに食べられなくなるわけではありません。

リンゴ1

気をつけてほしいのは・・・

賞味期限も消費期限も、どちらも容器や袋を開けず、パッケージに書かれている保存方法を守った場合に、安全や美味しさが約束される期限

容器を開けたはちみつは、できれば賞味期限に関係なく、保存方法を守って、早めに食べるのが安心です。

 

※賞味期限について参考にしたサイト

農林水産省 消費期限と賞味期限

 

リンゴ1

ここでは安全を期して、おどすような書き方をしていますが、はちみつって賞味期限がすぎても簡単に腐らないものです。

腐らないだけにいつ食べられなくなるのか迷うくらいですよね。