はちみつが結晶化して固まったときの溶かし方

はちみつが白く固まったときは、食べられます。

かたまったはちみつは温めると溶けるので、この記事で溶かし方をまとめました。

 

はちみつが結晶化で固まるときの溶かし方

この写真のように固まったはちみつは、腐ったりカビたりしたわけではありません。

 

 

はちみつが固まる理由は結晶化。腐ったわけではないし溶かし方もある。

 

はちみつが固まるのは、はちみつの自然な性質です。固まってしまうから粗悪品というわけではありません。

 

はちみつが固まってしまうのは、結晶化と呼ばれる現象です。

 

はちみつが結晶化するのは、温度が下がったときに、はちみつに含まれるブドウ糖が液体に溶けていられなくなり、固形物になってしまうためだと言われています。

 

13度から14度の温度帯や、15℃前後がはちみつが結晶化しやすくなる温度と言われています。

 

 

固まったはちみつはそのまま食べてジャリジャリの食感を楽しんでも良く、シロップ状に戻したいときは温めると溶けてくれます。

 

 

ただ、高い温度であわてて溶かすのは、栄養素が壊れてしまうので良くありません。

 

【はちみつの溶かし方NG例】

 

  • 電子レンジで一気に溶かして、ブツブツはちみつが湧くまで加熱。
  • グラグラ湧いている熱湯に容器をつける。

 

はちみつは高温で加熱すると、味が落ちたり、ビタミンなどの熱に弱い栄養素が壊れてしまったりします。

 

はちみつは腐りにくいですが、デリケートです。

 

リンゴ1

そこで、理想的なやり方は

 

 

低温で結晶化したはちみつの溶かし方

 

【はちみつの美味しさを保つ溶かし方】

 

  • 容器ごと、35~45℃のぬるま湯につけて気長に溶かす。
  • この温度ならプラスチック容器でも溶けない。

 

はちみつを溶かすときの湯煎のお湯については、できれば35度から45度の低い温度で時間をかけて。

熱くするときでも、60℃を超えないようにするのがいいと言われています。

 

はちみつは60℃以上になると多くの栄養素が失われるそうで、それ以上の温度になるような温め方は良くないのですね。

 

そこで40~47℃くらいの温度で、結晶化したはちみつを溶かしてみました。

 

湯煎で温めるまえのはちみつが、こちら▼

はちみつが結晶化して固まったときの溶かし方

 

白く結晶化しています。

 

これを、この写真の鍋のお湯につけて温めました。▼

はちみつが結晶化して固まったときの溶かし方

温度は45度くらいです。

 

これくらいの温度だと、鍋底に細かなプツプツした泡がでてきます。

手を入れてもお風呂より少し高いくらいの温度で、熱くはありません。

 

鍋に水を入れて、そこにはちみつをボトルごとつけて、温めました。

鍋の中はこのようになっています。▼

 

はちみつが結晶化して固まったときの溶かし方

====

【はちみつの溶かし方について、イラストの補足】

はちみつを入れたまま鍋を火にかけない

 

はちみつのフタはゆるめて、空気が通る状態にしてビンの口にのせておく

はちみつに虫や水が入ったりするのを防ぐためです。

 

温めると空気が膨張してボトルが内側から圧迫されます。

はちみつのフタをきつく閉めっぱなしにしているのはNGです。破裂するおそれがあります。

 

====

 

40~47℃の温度のお湯にビンごとつけて、約2時間経過。▼

まだ、ジャリジャリした結晶が残っていますが、溶けて透明感がある液体に戻りました。

 

 

※この写真の溶け具合だと、まだまだです!

はちみつを溶かすときは、結晶の粒が完全になくなるまで溶かすのがいいと言われています。

粒が残っていると、その粒を核にして、また結晶化がはじまってしまいます。

 

 

ここでは110g入りの小さなビンを温めましたが、それでも2時間かけて、溶け切っていません。

 

お湯の温度が下がるので、4回、お湯を温め直しました。

 

このように、はちみつを温める温度は60度未満の低温。

できれば35~45℃の触っても熱くない温度がいいといわれていますが、低い温度で溶かすのは、とても時間がかかります。

 

固まったはちみつは、温度が高いほうが早く溶けるので、かけられる時間にあわせて湯煎の温度を決めてください。