紅茶で歯が茶色に?着色汚れの原因と対策

歯の着色汚れは

少しお金をかけたほうが効率よくケアできますが、

お金をかけなくてもできる歯の着色汚れ対策もあります。

 

 

ここでは歯医者さん監修の記事を参考にまとめた

虫歯予防にもなる歯の着色汚れ対策を紹介します。

 

 

歯の着色の原因のひとつはステイン

 

ステインは、歯についてしまうくすみや着色や、黄ばみのことを指します。

コーヒーや赤ワイン、紅茶もステインの原因です。

 

 

ステインは毎日歯磨きをしてもとれにくく、

長い時間かけて歯につき、歯のくすみや黄ばみの原因になります。

 

 

歯の着色汚れ・ステインの原因になるもの

赤ワインも歯の着色汚れの元

紅茶、コーヒーにはタンニンという色素が入っています。

 

タンニンは紅茶の渋みなど、

その飲み物の美味しさを作る成分ですが、着色汚れの元にもなり、

唾液と混ざり合うことで歯の表面の着色が促進されます。

 

赤ワインに含まれるポリフェノールも、

アンチエイジングにいいと言われる一方で、歯の黄ばみの元です。

 

また、ワインのアルコールも、

それ自体が歯を黄ばませるわけではありませんが、

歯の着色汚れを促進してしまいます。

 

 

簡単にできる予防方法とやめたほうがいい対策方法

ステインは普通の歯磨きではとれにくい歯の汚れ。

ひどくなるまえに、小さな習慣で対策をはじめられます。

 

 

ステインがつきやすい飲み物を飲んだら口をゆすぐ

ステインのもとになるコーヒー

紅茶やコーヒーやワインによるステインを防ぐには、

飲んだあとは早めに口をゆすいできれいにし、

着色汚れの元を取り除くことがたいせつ。

 

職場や外出先などで、自由に口をゆすぎにいけないときは、

水などのステインがつかない飲み物がいいそうです。

 

正しいハミガキを

ステイン対策には正しいハミガキが大切と言われています。

力を入れてゴシゴシみがいても、

ブラシの毛が寝てしまってかえって汚れが落ちにくくなります。

 

ブラシの毛先を使って、歯の表面や歯の間の汚れをとるように、

優しくブラシをあててください。

 

また、ゴシゴシ力任せのハミガキは、

汚れが取れないばかりか

歯の表面にデコボコを作るもとになります。

 

研磨剤入りのハミガキ粉は避ける

 

ステイン対策としてお手軽そうに見えるのは、

ホワイトニングのためのハミガキ粉です。

その中には歯に負担をかけてしまう、研磨剤入りの製品も出回っています。

 

舌で触ってザラザラするハミガキ粉や、

成分名を見て、「リン酸水素カルシウム」「リン酸2Ca」

「水酸化アルミニウム」と書かれているものは、

研磨剤が入っていると思って良いそうです。

 

研磨剤として使用される成分は他にもあるので、

怪しいと感じたら調べてみてください。

 

 

研磨剤入りの歯磨き粉が良くない理由は、

汚れを落とすために歯を傷つけてしまうことです。

歯の傷は、歯が弱くなったり、

着色汚れがひどくなる原因になります。

 

研磨剤入りのハミガキ粉は、

長い目で見ると着色汚れの対策や、

歯の健康にリスクがあるんですね。

 

 

※このサイトを参考にこの記事をまとめました

EPark-歯科 イヤ~な歯のステインは徹底オフ!付着する原因と予防対策

 

 

 

【ポイント】

 

・コーヒー、紅茶、赤ワインを飲んだら早めに口をゆすいで、着色のもとを長い時間口の中にとどまらせない

・正しい歯磨きで口の中を毎日クリーニング

・研磨剤入りの歯磨き粉をやめてみる

 

 

このように歯の着色汚れ、ステインの予防は

お金をかけずにできますが

すでについてしまった着色汚れを落とすときは

いくらかお金がかかるかもしれません。