カルディの紅茶ティーファンタジーカルディブレンドを飲んでみた

紅茶のカルディブレンドの味と香りを

開封からポットで入れて飲むまで

順を追ってレビューします。

 

カルディブレンドの茶葉の形や、

浸出時間による味わいの違い、ミルクを入れての感想など

その他のお店での紅茶も数十種類飲んでみた紅茶好きが書く

カルディブレンドのレビューです。

 

 

カルディブレンドの製品情報と飲んだ感想

 

カルディの紅茶、ティーファンタジーカルディブレンドは

スリランカの標高の高い地域で収穫された茶葉

いわゆるハイグロウンティーのみを

ブレンドした紅茶です。

渋みを抑えて飲みやすく仕上げられています。

 

 

補足

セイロンのハイグロウンティーとは

スリランカの標高1219メートル以上の地域で生産された紅茶をさします。

 

スリランカの紅茶は

標高の高さ別におおむね共通する特徴があるそうで、

ハイグロウンティーでは清々しい香りと明るい水色が特徴です。

 

参考にした本

紅茶 味わいの「こつ」 理解が深まるQ&A89

 

 

 

では、開封していれてみます。

 

開封した瞬間は、袋の口に鼻を近づけて香りをかぐと

赤いバラのポプリのような甘い花の香りを感じました。

それに加えて海苔や昆布などの乾物らしき香りも。

 

紅茶のカルディブレンドを飲んでみた

茶葉の外観は細かく、アンパンに乗っている黒いケシの種を

一回り大きくしたようです。

ゴマ粒より細かい

多分CTCタイプの、短時間で色と味が浸出できるタイプの紅茶だと思います。

 

では、いれてみます。

カルディの紅茶ティーファンタジーカルディブレンドをいれてみる

ポットにお湯を注いでから2分経過したカルディブレンド。

 

セイロンハイグロウンティーと聞いて想像していたより

水色は濃く深い赤色の紅茶になりました。

カップの縁に黄色いリングができて、実物は

写真より色鮮やかできれいです。

 

香りは青草のような清々しい香りと

レモンの皮のような柑橘風の香りをかすかに感じます。

口に含むと、製品の説明どおりに渋みは弱く飲みやすい紅茶です。

 

 

この時点でポットには、カルディブレンドの茶葉とお湯が残っていて

時間が立つごとに浸出がすすんでいきます。

 

3分、4分と時間がたつにつれて

草や柑橘のような爽やかな香りは感じにくくなり

ホウレンソウをゆでているときのような

えぐさを感じる香りが出てきました。

あまり好きな香りではありません。

 

5分経過したカルディブレンドをカップに注いでみます。

カルディの紅茶ティーファンタジーカルディブレンドをいれてみる

水色が黒みをおびて濁り

味は渋みが強くなり、酸っぱさともなんとも言えない味がします。

 

カルディの紅茶ティーファンタジーカルディブレンドをいれてみる

そこに牛乳を注いでミルクティーに。

カメラの設定がまずくて色がグレーがかってしまったので

文章で補足すると

 

ミルクティーにしたときの色は

クリームブラウンで美味しそうですが

カルディブレンドの渋みが少なく軽い味わいという特徴のためか

ミルクティーにすると物足りない味に感じました。

 

 

【感想まとめ】

 

カルディの紅茶ティーファンタジー「カルディブレンド」は

赤みが強くきれいな水色と、渋みの少なさが特徴の紅茶です。

 

カップの縁に黄色のリングが見えるくらい濃くすると

渋く感じることがありますが

カルディブレンドは濃く深い赤色にいれてもあまり渋くありません。

 

浸出時間2分くらいで香りがよく立ちのぼり、

セイロンハイグロウンティーらしい、草や果物のような

爽やかな香りを感じられます。

 

カルディブレンドは

浸出時間を長くして濃くすると、爽やかな香りは立たなくなり

牛乳を入れると物足りない味と感じました。

 

浸出時間は2分ちょっとの短めで

香りがよく色がきれいなうちに飲み切ると

カルディブレンドの持ち味がいきると感じています。