飲んでいる紅茶がまずい・・・紅茶って苦手・・・紅茶が嫌い・・・

そんな「紅茶がまずい」という気持ちがあったら

紅茶を飲まなくなる前に

この記事を読んでみてください。

 

 

紅茶が嫌いなら飲まない自由がありますが、

入れ方や飲み方のせいで美味しさを知らずにいるなら

それはもったいないことです。

 

そこで、紅茶がまずいとき考えられる理由と

おいしく飲むための入れ方、飲み方についてまとめてみました。

 

リンゴ1

それでは本題にまいりましょう。まずは目次からどうぞ^^

 

 

 

紅茶がまずいとき考えられる4つの理由

 

紅茶がまずいときに考えられる原因はいくつかあり、

飲み方や入れ方、茶葉の種類以外にも

本当に紅茶が好みに合わないという理由があります。

 

まずは紅茶がまずいとき考えられる

5つの理由をごらんください。

 

理由1紅茶自体がどんなに上手に入れてもまずい

 

紅茶は入れ方や飲み方によって

美味しくなったりまずくなったりしますが

どんなに上手に入れても紅茶自体が苦手なこともあります。

 

まず、コーヒーにはない紅茶の特徴をつかんでもらって

紅茶自体が苦手でないかチェックしてみてください。

 

 

紅茶の特徴【全体的にコーヒーに比べて薄味・香りがソフトな飲み物】

 

紅茶はコーヒーと比べて、香りが弱い飲み物です。

人為的に香りを付け加えたフレーバーティーは別として、茶葉そのものの香りは淡白です。

焙煎したコーヒー豆ほど、インパクトのある香りではありません。

 

味についても、コーヒーは紅茶と比べて力強い味わいです。

コーヒーの味わいの強さを10とすると、

紅茶の強さはわずか2ほどだと、書かれている本もあります。

 

コーヒーが好きな方からすると、紅茶は味も香りも淡白で物足りないように感じられ、まずいと思われるのかもしれません。

 

 

 

※参考にした本

 

別冊家庭画報 人気のケーキ2  115ページ

紅茶の本 146p

 

 

 

紅茶の特徴【紅茶には渋みがある】

 

紅茶の茶葉には、タンニンという渋みを作る成分が含まれています。

タンニンはほとんどの植物に含まれている成分ですが、

特に紅茶の茶葉には大量に含まれており、紅茶の渋みの元になっています。

 

 

良質な紅茶には、心地よい渋みがあると言われており

良い渋みは紅茶の美味しさを作る大切な要素とされています。

 

コーヒーの苦味とは違う、

舌の表面や頬の内側がキュッとするような感じがする、渋み。

 

 

渋い飲み物に慣れていないと、良質と言われる紅茶であっても、その渋みがまずいと感じられるかもしれません。

 

 

リンゴ1

ただ、渋みだけが紅茶をまずいと思う理由なら、淹れ方しだいで美味しく飲めるかも。入れ方次第で紅茶は渋みの強さを調節できます!

 

 

※ 参考

(紅茶のタンニンについて)  基礎から学ぶ紅茶のすべて 著 磯淵猛 

 62p

(紅茶の渋みについて)  紅茶味わいのこつ 著 川崎武志 中野地清香 水野学 52p

 

 

紅茶の特徴【独特の香りがする】

紅茶には、茶葉に香り付けした紅茶や、

香り付けしなくても茶葉そのものが香り高い紅茶があります。

 

 

コーヒー豆を香ばしく焙煎するコーヒーとは違い

紅茶は植物の葉からつくります。

 

香りもコーヒーとはかなり違っていて

青臭かったりスッとしたり、酸味が合ったり

爽やかで淡い香りです。

 

紅茶好きにはそれがいいのですが

まずいと感じる方がいるのは自然なことです。

 

リンゴ1

嗜好品の好みはひとそれぞれ!紅茶好きの間でも、好きな紅茶のタイプが違うことがあります

 

 

【紅茶そのものが苦手でまずく感じるときは。紅茶から離れるのがオススメ】

 

紅茶という飲み物自体がまずいと感じるときは

無理やり飲んで嫌な思い出を作ってしまうより

離れたほうがいいかもしれません。

 

人の食べ物の好みは年齢や、健康状態など

さまざまな理由で変わることがありますから

なにかのきっかけで紅茶を好きになったら

再挑戦してみてください^^

 

 

 

ただ、紅茶に興味があるときは

もうしばらくねばってみてもいいかもしれません。

 

紅茶は入れ方や茶葉の種類によっては

紅茶好きでもまずいと感じることがあります。

 

理由2いれ方が原因で紅茶がまずい

 

紅茶は入れ方によって

まずい紅茶にも、おいしい紅茶にもなります。

 

 

【入れ方のためにまずい紅茶になっている例と、紅茶に合わない入れ方】

まずい紅茶の例 こんな入れ方をしているのかも 改善する方法
色はあっても味がしない。薄い!

蒸らし時間が短すぎる

茶葉の量が少なすぎる

お湯の温度が低すぎる

水質が合わない

紅茶の茶葉の量と蒸らし時間を計る。

沸かしたての熱湯を使う。

日本の水道水を使っているなら、水質には問題がない場合がほとんどですが、ミネラル分が多い水だと、紅茶の味や香りが出にくいことがあります。

ミルクティーが美味しくない

牛乳を注ぐ前の紅茶が薄い

ポーションタイプのコーヒーフレッシュを使っている

牛乳の量が少ない

紅茶の種類がミルクティーに合わない

紅茶の茶葉の量を2倍位に増やして

牛乳を30ミリリットルから50ミリリットルくらいたっぷり入れる。

茶葉は、ミルクティー向きの紅茶を使う。

 

 

美味しくするための入れ方については

のちほど紹介します。

 

紅茶がまずい理由3フレーバーをつけた紅茶である

 

紅茶の中には、茶葉に人為的に香りをつけた、フレーバードティーと呼ばれる紅茶があります。

 

有名なフレーバードティーに、アールグレイがあります。

アールグレイは、ベルガモットという

柑橘類の一種の香りをつけた紅茶です。

 

アールグレイは人気があり、有名な紅茶でもあるために

茶葉に人為的に香りをつけた紅茶であることを知らずに飲んで

香りがきつくてまずいと感じている方もいるかもしれません。

 

【フレーバーをつけた紅茶だからまずいときは、別の紅茶を】

 

もし、香りがきつさが理由で紅茶が苦手なら、

 

・ダージリン 

・ディンブラ

・ルフナ

・ウバ

 

 

など、香りをつけていない紅茶なら美味しく飲めるかもしれません。

 

 

※ 参考

>> yahoo知恵袋 紅茶のアールグレイ レディグレイが苦手な方いますか?

 

 

理由4茶葉の種類の問題

 

入れ方は間違っておらず

フレーバーティーでもないのに紅茶がまずいときは

茶葉の種類を変えると美味しく飲めるかもしれません。

 

紅茶は産地の違いやブレンドの違いがあって種類が多く

紅茶が好きでも種類によって

好き嫌いがでてくることがあります。

 

 

まずい紅茶をおいしくするための入れ方

 

紅茶の美味しい入れ方については

様々な本、ウェブサイトでいろんなことが言われています。

 

何冊か本を買って、ウェブサイトを見て入れ方を調べたところ

いちばん分かりやすく信頼性も高いと感じたサイトがこちらです。

 

 

まずい紅茶を飲むのはもうやめよう。

美味しくするための基本的な入れ方はこちらです。

>>紅茶専門店シルバーポットが教える紅茶のいれかた

 

紅茶の入れ方を調べていると

水質のお話やジャンピングなど一見ややこしい話が

出てきてしまいますが

紅茶の有名店が紹介する美味しい紅茶の入れ方は

分かりやすくシンプルです。