ムジカティーのモーニングブリーズの感想

ムジカティーのモーニングブリーズを飲んでみました。

ストレートで青い葉のような爽やかさがあり

浸出時間を長くとって濃くいれると

香ばしさが出てミルクを入れても美味しい紅茶です。

 

 

飲んだ感想

ムジカティーのモーニングブリーズ茶葉の写真

茶葉が細かい、ブロークンオレンジペコー。

茶葉が大きいオレンジペコーと比べて

お湯を注いで茶葉が広がった姿を鑑賞する楽しみはありませんが

オレンジペコーより短い時間で香りや味が出るので

手早く紅茶を入れたいときに良さそうです。

 

モーニングブリーズは

リプトンの青缶とタイプが近い紅茶で

茶葉も私は見分けが付きません。

 

いれても全く味の違いが分からなかったら

レビューを書くのをやめようと思ったくらいですが

言葉であらわせる差が見つかりました。

ムジカティーのモーニングブリーズ

茶葉5グラム

熱湯300ミリリットル

蒸らし時間 1杯目をカップに注ぐ時点で3分

 

色や渋みの強さはリプトンの青缶と似ている気がしますが

香りは青缶のほうがミカンやレモンを思わせる

柑橘系の酸味を感じる果物の香りが強かったのに対し

こちらのムジカティーモーニングブリーズは

植物の葉らしい青みのある香りをストレートに感じました。

 

さいしょは青缶で顕著な柑橘系の香りが

モーニングブリーズでは分からず物足りなく感じましたが

クセの無さ、毎日疲れず飲める味、という点なら

ムジカティーのモーニングに軍配が上がります。

 

(入れ方によっては柑橘系の香りが出てますます青缶に似てくる可能性あり。入れ方で変わるのは紅茶の性質です)

 

価格も詰替え用の大容量なら低価格ですし

茶葉のみ販売してくれるので空き缶がたまらないところもグッド。

 

 

 

価格帯が似ているムジカティーのブレンド紅茶に

堂島ブレックファストがありますが

そちらはモーニングブリーズと比べて水色が濃く

青葉らしい清々しさよりシソやクローブのようなスパイスらしい香りがあり

葉っぱらしい青みより、甘さがまさる味でした。

 

 

 

甘みとコクなら堂島ブレックファスト。

名前がイングリッシュブレックファストに近いだけあってミルクを注ぐために作られたかのような濃い水色になりました。

 

 

青葉らしさが勝った清々しさならモーニングブリーズ。

浸出時間が3分くらいでストレートでいただくときの清々しい香りが

朝の目覚めや気分をスッキリさせたいとき良さそうな、シャッキリ系です。

 

 

 

とはいえモーニングブリーズも

ストレートでないと持ち味が活きない紅茶ではなさそうで

浸出時間を長くして濃くいれると

ミルクを注いで美味しい紅茶になりました。

 

【今回のモーニングブリーズミルクティーの入れ方】

茶葉5グラム

熱湯300ミリリットル

浸出時間 3分の時点でカップに1杯目を注ぐ

ポットに残った紅茶はそのまま茶葉につけておき

濃くなるのを待つ。

お湯を注いでから6分経過した紅茶にミルクを注いだところがこちら。

ムジカティーのモーニングブリーズ

さきほど撮影したストレートの紅茶と

同じポットから注いだ紅茶にミルクを加えました。

 

浸出時間が6分くらいたつと

青葉らしい香りにまざって香ばしさがたってきました。

水色もミルクを入れて美味しそうに見える範囲内です。

 

色だけ美味しそうになればミルクティー向けではないとは思いますが

ミルクを入れて薄すぎる色の紅茶は

ストレートの方が持ち味が活きる気がしています。

多分色は大事なのではないかな。

 

 

ムジカティーのモーニングブリーズは

同じくムジカティーで扱っている爽やかで淡白なヌワラエリヤと

パンチのある渋みとやや濃い目の甘さのあるディンブラの

いいとこどりしたような使いみちの広い紅茶でした。