紅茶でお茶漬けを試して

お茶漬けにしても飲んでも美味しい紅茶を探してみました。

その他、紅茶のお茶漬けを提供するお店のことや

お茶についての知識についても紹介。

 

紅茶でお茶漬けなんて美味しいわけがない。

紅茶のお茶漬けを試してみたけど正直美味しくない。

試してみたいけどまずかったらと思ったら試せない。

 

そんなときに向けてまとめた情報です。

 

リンゴ1

お急ぎの方に向けてまずは結論から!

 

紅茶でお茶漬けといえば意外な感じもありますが、

紅茶のお茶漬けを提供するカフェ「フューチャーヒャクカフェ」の

渡辺店長が言うには

 

紅茶も日本茶も素材となる茶の葉の種類は同じで、

発酵の程度や香り付けが違うだけだそうです。

 

個人の家で試した感想だと、

お茶漬けに使用するなら、使いやすいのは緑茶に近い味わいの

さっぱりした味わいの紅茶です。

 

 

ヌワラエリヤの、鮮烈な香りがなく、親しみやすい味わいのお茶 

ダージリンファーストフラッシュの、

あまり香り高くなく甘みがあって、素朴な印象のお茶

 

 

緑茶にはない発酵の風味でお茶漬けにアクセントが加わりつつ

食べ慣れた日本のお茶漬けと大きくかけ離れない

親しみやすい味わいを楽しめます。

さっぱりした鮭茶漬けにも合いました。

 

アッサムなど、緑茶とは大きくかけ離れた

濃い香り、濃い苦味、渋みがあるお茶は

斬新な味わいではありますが食べにくく感じるかもしれません。

 

 

はじめてためすときは、ひとくち、ふたくちで食べられる

ごく少ない量からがオススメです!

 

ダージリンやアッサムなどパンチのある風味の紅茶は

お茶漬けにして美味しく食べるには

紅茶を入れる腕前や、濃さを調節するワザなどが必要だと思います。

失敗したくないときは、ぜひお店で食べてみてください。

 

お店で提供している紅茶のお茶漬けを試すなら

こちらでお店の住所を確認していただけます。

 

リンゴ1

より詳しい情報は記事の続きでまとめました。

まずは目次からご覧いただいて、知りたいことが書かれていそうか確かめてみてください^^

 

3種の紅茶と2種の具材でお茶漬けを試して合う紅茶と具材を確かめる

 

今回お茶漬けに使用したものは、

こちらの3種の紅茶と2種の具材です。

 

 

紅茶のお茶漬け

紫色のラベルの紅茶・・・ムジカティーのアッサムオレンジペコー

アッサム紅茶は、苦味と甘味が強いインドの紅茶。

ここでお茶漬けに使用したアッサム紅茶は、

ムジカティーという

日常的に飲める価格帯の上質な紅茶を販売するお店が販売している紅茶です。

茶葉からはお香のような濃い香りがたちのぼります。

 

アッサムはミルクティー向きとして知られる紅茶ですが

紅茶のお茶漬けを提供するお店

倉敷の「フューチャーヒャクカフェ」では

アッサム紅茶を白米に注いだ裏メニューを提供しています。

 

深緑色のラベルの紅茶・・・ムジカティーのヌワラエリヤ

ヌワラエリヤ紅茶は、淡い水色(お茶の色のこと)と

草のような青さを感じさせる爽やかさが特徴の紅茶です。

緑茶に近い特徴があり、日本人にとって

親しみやすい味わいと言われています。

 

購入したお店は、さきほどのアッサムと同じくムジカティー。

 

 

奥の白い袋に入った紅茶・・・シルバーポットのオークス茶園のダージリンファーストフラッシュ

ダージリンファーストフラッシュは

独特の香りで有名なインドの紅茶産地ダージリンで

3月から4月にかけての春先に生産される紅茶です。

 

緑茶のように茶葉に緑みが残る傾向があり

水色は淡く草のような爽やかな香りが特徴。

 

 

紅茶のお茶漬け

さきほどの袋の中から紅茶の茶葉を出したところ。

左から順にヌワラエリヤ、

ダージリンファーストフラッシュ、(発酵の進み具合が浅く、緑が残る)

アッサムオレンジペコー(発酵がよく進んで黒みが濃い茶葉)

 

茶葉によって色の濃さや黒みの強さに差があるのが

そちらのモニターでも再現されているでしょうか。

 

3種類の紅茶はいずれも薄めにいれてお茶漬けに使用します。

茶葉4グラム 熱湯300ミリリットル使用

 

具材はこちらの2種類です。

 

【1種類目】オーソドックスな日本のお茶漬け

塩鮭

塩少々

のり

紅茶のお茶漬け

 

【2種類目】スープごはん風

しょうゆとみりんと酢で甘く煮た鶏肉

キムチ

コチュジャン

紅茶のお茶漬け

 

これらの3種の紅茶と2種の具材で

合計6種の紅茶のお茶漬けを試すことになります。

 

リンゴ1

では、実食の感想にはいります!

 

写真はできるだけ違いが分かりやすいよう

カメラを同じ設定にし、

同じ場所に食器を置いて撮影しました。

自然光を利用し窓際で撮影したため

撮影時の天気の変化で明るさに影響を受けていること

湯気で画面がややくもったことを

ご了承ください。

 

実食の感想

さいしょに6種類の紅茶のお茶漬けの写真からごらんください。

 

【ヌワラエリヤ】

茶葉4グラム 熱湯300ミリリットル 浸出時間3分

茶葉の形状にあわせて時間を設定

紅茶のお茶漬け

アジア風の味付けのスープごはんがおいしい!

 

【ダージリンファーストフラッシュ】

茶葉4グラム 熱湯300ミリリットル 浸出時間5分

茶葉の形状にあわせて時間を設定

紅茶のお茶漬け

鮭茶漬けがこころにしみるおいしさ。

 

 

【アッサム】

茶葉4グラム 熱湯300ミリリットル 浸出時間5分

茶葉の形状にあわせて時間を設定

紅茶のお茶漬け

味が濃い具材か甘いお菓子がベストパートナーです。

 

 

どの紅茶もお菓子と合わせるか

お茶単体でしみじみと香りを楽しむのがベストと思っていたので

もったいない。

って思いながらも白米と具材をスタンバイした器に注ぎました。

多分、生産者側、販売店側はこんな使い方は想定していないと思います。

 

 

食べた感想を表にしました。

主観的に感じた相性の良さを、

「◎・・・特に美味しい」

「○・・・美味しい」

「?・・・お湯を注ぐか他の紅茶が良い」

の3段階で評価しています。

 

茶の種類 外見 鮭茶漬け スープごはん風
ヌワラエリア ダージリンファーストフラッシュとアッサムの中間的 ○ 緑茶に似た味で違和感がない。発酵による軽い酸味で爽やかなお茶漬けになる。 ◎ダージリンファーストフラッシュよりやや強く感じる渋みと、軽い酸味がアジア料理風の具材と合う。
ダージリンファーストフラッシュ もっとも日本茶のお茶付けに近い見た目。味も緑茶で作ったお茶漬けに近い ◎ 緑茶と似た優しい味と、発酵による、緑茶にはない軽い風味があり、シンプルな鮭茶漬けの味にアクセントがついて美味しい。白いお米、塩気がきいた鮭の味も活きる。 ○具材やお米の味のじゃまにならず食べやすい。お茶の繊細な風味は鮭茶漬けのほうが活きる。
アッサム 醤油を注いだような色 ? 紅茶の渋み、苦味が強く薄味の鮭の風味が活きない。もっと薄く入れたほうが良いかもしれない。 ○アッサム紅茶の強い風味が味が濃い具材とあわさって他のお茶では出ない独特の味。

 

リンゴ1

では、感想のまとめにはいります!

 

 

お茶漬けにして食べやすいのは、

ヌワラエリヤなどの緑茶に近い

淡い水色と軽い渋みと、甘みのある紅茶です。

 

普段食べ慣れている日本茶のお茶漬けと大きくかけ離れることなく

日本の緑茶では味わえない複雑な風味を楽しめます。

 

緑茶でつくるお茶漬けに、ゆずやワサビで風味をつけるかわり

紅茶の風味でパンチを効かせると思っていただくと

より違和感のない味になると思います。

 

緑茶とかけ離れた風味のアッサムは

日本風のオーソドックスな鮭茶漬けより

濃い味の辛味や酸味がきいた具材との相性が良くおいしく食べられました。

 

いずれも薄めにいれて、渋みを抑えたほうがお米や具材の味がひきたちます。

 

アッサム、アールグレイなど

お茶自体がパンチが効いた個性的な風味をもつ場合

お茶漬けにしておいしく食べるには

濃さや浸出時間などで調節が必要かもしれません。

 

 

 

リンゴ1

作ったレポート、実食の感想はここまで!これから紅茶のお茶漬けを提供するお店や、お茶についてのお話にはいります

 

紅茶のお茶漬けは倉敷のカフェの裏メニュー

紅茶のお茶漬けは、

倉敷のカフェ「フューチャーヒャクカフェ」で提供されています。

 

紅茶のお茶漬けは、お店が開店したころから

店主の渡辺さんがまかないで食べていたもので

表向きメニューには掲載されていませんが

常時注文は受け付けている、お店の裏メニューです。

 

フューチャーヒャクカフェの紅茶のお茶漬けのラインナップは

 

アールグレイ

アッサム

ダージリン

の3種類。

紅茶とごはんと漬物がセットになっており、

いずれもアイス、ホット、どちらも提供されています。

 

食べる側の好みに合わせて

ブラックペッパーや一味を添えて

カスタマイズできることも特徴です。

 

 

近い存在紅茶と緑茶

紅茶にお茶漬け、というと筆者は慣れないので意外な感じがしましたが

紅茶と日本の緑茶はそれほど遠い存在ではないそうです。

 

茶について調べてみると、

紅茶も日本茶も中国茶も、素材は同じ

カメリア・シネンシス(Camellia sinensis チャノキのこと)

という樹木の葉からできています。

 

チャノキの中にも、発酵の進みやすさやタンニンの含有量に差がある

アッサム種や中国種といった、いくつかの系統や品種がありますが

おおまかには同じグループの植物です。

 

このように、ともにチャノキの葉からつくられる日本茶と紅茶。

 

大きな違いは、生のチャノキの葉を収穫したあと茶を作るとき

日本の緑茶では発酵させず、紅茶では発酵させることです。

 

発酵をさせる、させないによって風味に違いが生まれますが

日本の緑茶とインドやスリランカなどで作られる紅茶は

全く別の飲み物ではないのですね。

 

リンゴ1

とはいえ紅茶と緑茶は大きく見れば同じ「茶」ですが、渋みや苦みの強さにかなりの差があります。

紅茶を緑茶代わりに使ってお茶漬けにするときは、お店に行くか、お家で試すなら少ない量からどうぞ!