クスミティーの紅茶、インペリアルラベルを飲んで

香りや味について感想をまとめました。

 

クスミティーのインペリアルラベルは

緑茶にオレンジやスパイスで香り付けしたお茶です。

お茶の甘味に、生姜のピリッとする刺激がきいて

冬に体があたたまりそうな味。

 

わたしは美味しく飲めましたが

フレーバーティーやスパイスのお茶は

好き嫌いが分かれる製品が多いので

初めて試すときはぜひ少ない量からお試しください。

 

リンゴ1

クスミティーのインペリアルラベルについて

飲んだ感想について、より詳しくは記事のつづきでまとめました!

 

クスミティーのインペリアルラベルはこんなお茶

 

クスミティーのインペリアルラベルは、

煎茶にオレンジやスパイスの香りをつけたお茶です。

 

ベースのお茶以外の原材料は

アニスシード

オレンジの皮

カルダモン

シナモン

シーバックソーン

ジンジャー

香料

 

クスミティーのインペリアルラベルに使用されている

シーバックソーンとは、グミ科の植物の名前です。

サジーやシーベリーとも呼ばれています。

ビタミンCが豊富で日本では健康食品にも使用されています。

フィンランドなどでは、伝統的に果実酒やジャムなどに加工されて

食用にされています。

 

また、茶葉の香りが強いので、

オレンジやスパイスで香りを出しているだけでなく

香料で香りを強めているのかなと思います。

 

 

飲んだ感想

クスミティーのインペリアルラベル

まずはティーバックの写真から。

 

クスミティーのインペリアルラベルは

見た目で緑茶に色々なスパイスが混ざっているのがわかります。

 

スパイスのかけらが見えるだけあって、香りはスパイシー。

カルダモンやシナモンの甘く爽やかな香りがただよいます。

スパイス好きにはいい香り・・・

 

クスミティーのインペリアルラベル

 

いれてみると、紅茶と比べて色は明るく

やや濁った黄色になりました。

味はほのかに甘みを感じますが、渋みは弱くほとんど感じません。

 

スパイスの香りとともに、フルーツらしき甘い香りもします。

 

ショウガのピリッとした刺激が軽く口に残り

お茶がぬるく冷えるとともにピリッとした

スパイシー感が強く感じられるようになりました。

 

 

クスミティーのお茶をアソートパックを買って飲んだ感じ

渋いが弱いお茶が多いのかなと思っていて

インペリアルラベルもやはり渋みは弱いです。

 

濃いお茶にミルクをたっぷり入れて甘みと

飲みごたえを楽しみたいときには

インペリアルラベルではなく他のお茶をいれたくなります。

クスミティーのインペリアルラベル

さいごに、お茶を出したあとの

インペリアルラベルのティーバックです。

 

クスミティーのティーバックは

いれたあとに大きく広がった茶葉が見えて

見た目もリッチ。

 

茶葉が大きい分、浸出には時間がかかりますが

インペリアルラベルはフレーバーの香りだけでなく

お茶自体の甘みも感じられました!

 

 

これから試してみる予定の方においしいかと聞かれたら

 

 

クスミティーのインペリアルラベルは

お茶に甘みがあり、渋みが弱く

香料のきかせかたもやさしいほうで私は好きですが

お茶の味には人それぞれ好みがあって

スパイス自体苦手という方もいると思うので

 

インペリアルラベルが初めてのときは

ぜひ少ない量でお試しください。

 

また、消費するペースによっては

たくさん買うと飲みきる前に香りが飛ぶかもしれません。

 

少しずつ飲みたいときは

小さい缶がちょうどいいと思いますよ^^