クスミティーの紅茶、アナスタシアを飲んで

味や香りについて感想を書きました。

その他、オンラインショップで探した口コミも紹介しています。

 

まずはこの記事のポイントからお伝えすると

 

クスミティーのアナスタシアは

オレンジやレモンの柑橘類の香りがきいたアールグレイと似た紅茶。

ベルガモットやその他の柑橘類で香り付けしています。

 

口コミを見ると、上品な香りという意見があるいっぽうで

香りが強すぎて合わないという意見もあります。

 

アールグレイが苦手で

香り付けしていないベーシックな紅茶を飲み慣れていると

アナスタシアの香りはきついかもしれません。

 

初めて飲むときは

ティーバックがちょっとずつ多種類入ったアソートや

アナスタシア単品なら25グラムの小さい缶からがオススメです。

 

 

リンゴ1

では、より詳しくは記事の続きでどうぞ!

 

クスミティーのアナスタシアはこんな紅茶

クスミティーのアナスタシアは

ベルガモット、レモン、ライム、オレンジの花の香りをつけた

フレーバーティーです。

 

アナスタシアは、クスミティーの創業者である、パヴェル・クスミチョフが

自ら作り出したという、クスミティーの中で歴史ある紅茶。

日本では一番人気、世界中で人気があるベストセラーです。

 

クスミティー公式サイトアナスタシアより

 

ベルガモットは、有名な紅茶アールグレイの香り付けに使われる、柑橘類の一種です。

 

リンゴ1

ベルガモットで香り付けされた紅茶だけあって、アナスタシアはアールグレイっぽい香りでした! 

アールグレイの香りがどうしてもダメだとつらいかも・・・

 

味の感想

クスミティーの紅茶アナスタシアの味と口コミ

まずはアナスタしたシアのティーバックの個包装を開封したところから。

この時点で、柑橘類の皮のような甘く爽やかな香りがただよってきます。

 

 

【アナスタシアのティーバックの外見についての感想】

 

ティーバックの素材が紙ではないので、

紅茶に紙のにおいが出ず

より紅茶の香りをストレートに楽しめそうですね!

 

安価なアールグレイのティーバックでは

紙の袋の中に粉末状の細かい茶葉が入っていて

浸出時間が1分ほどで済むものがありますが、

 

こちらのアナスタシアは茶葉が大きく

浸出時間も3分から4分ほどとティーバックの中では

長めに指定されています。

 

この写真にうつっているアナスタシアは

クスミティーの12種類のティーバックアソート

「エッセンシャル」に入っていたものです。

単品で購入するときとは、ティーバックのひもやタグなどの形状が

違うかもしれません。

 

 

次に、いれて味や香りをみてみた感想です。

クスミティーのアナスタシアの味と口コミについて

上の写真は、浸出時間3分30秒くらいでいれたアナスタシア。

お湯の温度は、製品の説明では、90度でいれるように指定されています。

 

下の写真は、滲出を終えたティーバック。

ティーバックの中で茶葉がお湯を吸って大きくふくらんでいます。

クスミティーの紅茶アナスタシアの味と口コミ

 

【味や香りについての感想】

アナスタシアを飲んで感じたのは

かすかに甘味を感じられて渋味が弱いなということです。

 

アナスタシアは、熱いときはもちろん

お茶が冷めてきてからも舌の表面が締まるような渋味があまりなく

とても飲みやすい味です。

 

 

アナスタシアの香りについては

トワイニング(片岡物産が販売する製品)のアールグレイより

レモンやオレンジの皮のようなフレッシュな香りがあり

レディ・グレイよりもレモンのような酸っぱさがまろやかで

優しい香りです。

 

リンゴ1

アナスタシアは「フレッシュな柑橘らしさと甘い香りをまとった、上品な香りのアールグレイ」だと思います。レモンキャンディのようなきつい香りではなく、優しい香りです。

 

私は好きですが、口コミを見ると評価は別れています。

 

 

アナスタシアの口コミ紹介

クスミティーのアナスタシアの口コミを

通販サイトのamazonで見てみました。

 

紅茶の口コミを見ると多くの製品はそうなっていて

アナスタシアも合う人、合わない人がいるようです。

特に参考になった口コミを紹介します。

 

 

アナスタシア独特の味と強い香り。好みが分かれそう。

 

ふだんコーヒーより紅茶や日本茶を飲んでいて、好んで飲んでいるのはダージリンやアッサム(どちらも香り付けしていないインド原産の紅茶)。いつもはリプトンのティーバックを飲んでいる。アナスタシアは値段が高く、花やハーブのような味と強い香り。私には合わない。

 

2017年7月6日投稿されたアナスタシアの口コミ

 

 

スッキリした味

 

フレーバーティーは好きで、色々飲んでいる。

ふだん購入する紅茶の価格帯は50グラムで1000円くらい。

 

クスミティーのアナスタシアは

いつもの紅茶の倍額以上の高級品でわくわく。

 

アナスタシアのホットでは

茶葉からベルガモットなどの柑橘の香りが

しっかり漂うのに反して

いれてみるとベルガモットの香りは弱くなる。

カップを口元に寄せたときふんわりと香るくらいで

きついフレーバーティーが逃げてでも大丈夫だと思う。

 

アナスタシアのアイスティーではジャスミンらしき感じ。

渋みが少ないのでアイスティーのほうが美味しく感じる。

甘みを加えても美味しかった。

 

開封したあとは早めに飲まないと香りが飛ぶのは注意。

アナスタシアは缶のデザインもよくて

紅茶好きのともだちにおくるなら、25g入りの缶がいいと思った。

 

2017年8月12日に投稿されたアナスタシアの口コミ

 

 

リンゴ1

さいごに、あらためてクスミティーのアナスタシアについてポイントをまとめます!

 

クスミティーのアナスタシアは

  • アールグレイと似たフレーバーティーです。ベルガモットにレモン、ライム、オレンジの花で香り付けしています。
  • 好みは別れます。フレーバーティー自体飲まない方だときつく感じるかも。