リプトンの青缶の味と香りのレビュー

リプトンの紅茶通称青缶がやっと入手できたので

青缶について調べつつ、他の紅茶と飲み比べて味についてレビューを書きました。

 

リプトンの青缶の味を他の紅茶と飲み比べる

リプトンの青缶と個性が近い紅茶、

あわせて3種類を飲み比べました。

 

比べた品目はみっつ。

 

・リプトンのエクストラクオリティセイロン、通称青缶

・ムジカティー ヌワラエリヤ

・ムジカティー モーニングブリーズ

 

まずは3種の茶葉を見比べてみてください。

 

※実物の色味とは異なることをあしからずご了承ください。

茶葉の形状や色の暗さの差のみ参考になると思います。

 

リプトンの青缶紅茶の味

 

左から順番に、

リプトンの青缶

ムジカティー ヌワラエリヤ

ムジカティー モーニングブリーズ

 

茶葉のサイズはいずれもブロークンオレンジペコー。

濃く入りやすく渋くなりやすい茶葉の形状です。

 

3種とも一見茶葉の形状、色味ともに似ています。

リプトンの青缶の茶葉拡大写真

これは青缶の茶葉。

点々と発酵が浅いらしく緑味が濃い茶葉や、

明るい茶色、黒っぽい茶葉が混ざっています。

ブレンド紅茶らしい色味の不揃いさですが、

大きさの差はそこまで激しくありません。

 

モーニングブリーズ、ヌワラエリヤの

茶葉の拡大写真も撮影しましたが、

言葉で説明できる違いを見つけられなかったので

ここでは省略します。

似てるなあ。

 

香りについてはリプトンの青缶に特徴があって、

青缶の茶葉は干したみかんの皮のような

やや酸味を感じる香りが強く感じられました。

 

 

次に、同じ容器を使って

できるだけ条件を揃えていれ比べてみました。

 

リプトン青缶の茶葉3g 熱湯150ml 

いれる容器はあらかじめ温める

浸出時間 2分前後 

 

茶葉が入ったり、専用の道具がなかったり

厳密な比較ではないのは写真で見えるとおりですが

それでも違いが見えて楽しい比較になりました。

 

リプトンの青缶紅茶の味

 

位置 紅茶の種類 香りと味
ムジカティーのヌワラエリヤ 突出して淡い 草っぽい青さが強い(後に何度かいれてみて、リプトンの青缶を含むこの3種類の中で突出して渋み、苦味が出やすいことに気づく)
下左 リプトンの青缶 明るいオレンジ系の赤。モーニングブリーズと同程度 モーニングブリーズと似ているが、青缶は青い葉っぱのような香りに混ざって、レモンやみかんを思わせる柑橘っぽい香りを高い頻度で感じた。
下右 モーニングブリーズ 明るいオレンジ系の赤。リプトンの青缶と見た目は似ている。 水色と、浸出時間が短いうちはストレートで爽やかに楽しめること、時間がたつとミルクティーにして美味しいところは青缶と似ている。酸味のあるフルーツのような香りは青缶のほうが強い。

 

 

 

 

 

リプトンの青缶飲み比べ

さいごに茶がらを。

配置はさきほどの写真と同じです。

ヌワラエリヤのみ違いが顕著に出ていて

発酵が進んでいないためか色が淡く

緑がかっています。

 

 

リプトンの青缶は、初めて飲んだときと変わらない印象です。

時系列は前後しますが、リプトンの青缶を初めて飲んだときのメモも

ここに残しておきますね。

 

 

初めて飲んだときの感想

 

リプトンの青缶を入手。

楽天に出店しているリプトン公式オンラインショップで購入。

賞味期限が2年以上残っていて、公式から取り寄せたから新しい製品が届いたのかな。

 

リプトン青缶の開け方

フタが固く閉まっていたので、スプーンでてこの原理で開けました。

この開け方まではラベルで案内されていないので自己流です。

リプトン青缶の開け方。

 

 

まずは茶葉5グラムお湯320ミリリットルで

カップ2杯分まとめていれてみます。

 

温めたポットに茶葉を入れて熱湯を注ぎ

蒸らし時間3分。

 

ストレートでカップ1杯目。

注ぎたては草っぽい青臭さとレモンの皮のような香りがします。

飲める温度まで冷めてみると

バラのポプリのような甘い香りもかすかに立ち上ってきました。

薄めにいれたので渋みもやわらかです。

香料なしでこれだけレモン風の香り。

 

 

お次はポットに茶葉を残したまま放っておいた

残りの紅茶をミルクティーにしていただきます。

 

お湯が減って、湯量に対して茶葉の量が増えた状態で

浸出を続けて紅茶の色も味も濃くなったところに

ミルクをとぽとぽ。

 

 

 

ざんねん

茶葉が少ないのか味は薄め、あっさりしたミルクティーです。

ストレートで飲んだときの香りが

乳製品で隠れて目立った香りは感じませんでした。

 

が、リプトンのイエローラベルで感じた

ティーバックの紙から出ていると思われる

多分紅茶の香りではないだろう臭みがないだけで好印象です。

 

 

飲んでいるとき以上に

飲んだ後にじわじわ香りが来る紅茶で

飲み終えてしばらくすると舌の奥に

レモンのような香りが残っていることに気づきました。

 

 

 

入れ方を調節したら

ミルク向けにも緑茶代わりのさっぱりしたお茶にも

渋みと香りが効いているパンチある紅茶にも変化しそうです。

 

 

 

===

ここまでが、リプトンの青缶を初めて飲んだときの感想です。

 

初回に感じたとおり、茶葉の量や浸出時間を調節すると

あっさりした緑茶に柑橘系の爽やかさを足したような紅茶にも

ミルクティーに合うと感じるお茶にもなりました。

 

飲んでよかったリプトンの青缶。

 

いれ方を変えると味が変わって面白く

ネットで調べながらいろいろないれ方で試してみました。

 

リプトンの青缶の入れ方。3パターンで楽しんでみる

 

リプトンの青缶パッケージにはられたシールの説明通り

熱湯150ミリリットルに対して茶葉3グラム

蒸らし時間3分から4分

 

この茶葉の量で3分だとストレートで飲むと濃い気がしましたが

問題は感じません。

濃いお茶はカップに注いでからでもお湯でのばして調節すれば

美味しく飲めます。

 

 

次に、お湯で伸ばさなくてもおいしく飲める

個人的なベストポイント

 

リプトンの青缶茶葉5グラム

熱湯300ミリリットル

ポットはあらかじめ温めておく

蒸らし時間 カップに1杯目を注ぐ時点では3分ちょっと

 

リプトンの青缶のいれ方と味

ストレートで飲んで美味しい

みかんやレモン風の香りがする爽やかな紅茶です。

 

この時点でポットには茶葉とともに紅茶が残っており

時間とともに濃くなっていきます。

そこへミルクを注ぐと、爽やかな香りがする

ミルクティーになりました。

リプトンの青缶入れ方と味

 

ミルクを注いだときも

隠し味くらいにかすかに感じる柑橘風の香りと

香ばしさ。

 

 

 

もうひとつ、ブログで見かけた入れ方を試してみます。

(リンク先のブログがリプトンの青缶について詳細なレビューで秀逸です。

 

90度のお湯で蒸らし時間5分

 

リプトンの青缶入れ方と味

香りは健在なまま

やや水色が明るくなり渋みも弱くなりました。

甘みを感じやすくストレートでお茶を味わうなら

もっともうまみを感じられる気がします。

 

 

【リプトンの青缶について総評】

・リプトンの青缶はいれるまえの茶葉や、いれているとき、飲んでいるときに、みかんやレモンに青い葉のような植物らしい香りが混ざった、爽やかな香りを感じる。

 

・リプトンの青缶は抽出時間が長くなると水色や渋みやその他の味が濃くなり、ミルクティーにしても美味しい。

 

・リプトンの青缶は冷めきると渋みが強く香りは感じにくくなる。

温かいうちに飲んだほうが美味しい。これまで飲んできた他の紅茶も同じことを感じています。

 

 

 

個性のわかりやすさといい

ストレートにもミルクティーにしても美味しい用途の広さといい

リプトンの青缶は価格帯が似ている紅茶の中ではかなり良い印象です。

 

 

リプトンの青缶

シンプルなお菓子とともにいただくと

ほのかな柑橘の香りがお菓子に足されて味わいが深くなります。

青缶 美味しい・・・

 

リプトンと言ったら

フレーバーティーで身近すぎて盲点になっていましたが

こんな味わい深い紅茶もあったのか。

 

 

 

リプトンの青缶について、味や香りについての感想はここまで。

次は製品の情報についてまとめていきます。

 

 

リプトンの青缶とは

リプトンの青缶は正式名称

リプトン エクストラクオリティセイロン。

 

リプトンの青缶は商品説明いわく

1907年、明治40年の日本で発売されて以来変わらない美味しさの

スリランカの標高が高い地域で栽培された紅茶を

100パーセント使用。

明るく透明感のある水色と、爽やかな渋み、華やかな香りが特徴です。

 

紅茶はブレンドが変わったり品質が変わったりすることがあり

本当に味が変わっていないかは分かりませんが

パッケージが長年変わっていないのはホント。

 

長年変わらないパッケージの日本における紅茶の古典です。

 

 

白缶との違いは茶葉の産地

 

リプトン青缶は

スリランカの紅茶。

対するリプトンの白缶は、インドの紅茶でダージリンのブレンドです。

 

リプトンの青缶の産地は

ヌワラエリヤ地方を中心にしたスリランカの標高が高い地域です。

とはいえ産地については

1989年なんと30年以上前に出版された本で調べた情報・・・

 

紅茶の口コミをオンラインショップで探してみると

味が変わったらしいと聞くので、本が出版されたころとは

産地やブレンドの比率が変わっているかもしれません。

 

自分で書いていて心もとないですが、

リプトンの青缶はヌワラエリヤっぽさは感じます。

 

柑橘っぽい爽やかな香りや

青葉っぽい青臭さを感じる香り

色の明るさが

ダージリンでもアッサムでもルフナでもなく

ヌワラエリヤに近い感じですね。