ルピシアのバナーヌショコラ

ルピシアのバナーヌショコラを飲んだので

感想と苦手なときの飲み方を書いてみました。

 

ルピシアのフレーバーティーって

香りが強めなものがよくありまして

バナーヌショコラも人工的なキャンディや駄菓子系の

甘ーいつよーいバナナの香りです。

 

ネットで感想記事を読んでみると、評価が分かれています。

 

・香りが人工的できつくて苦手

・いれてみると茶葉の香りが主張するので、そこまで人工的に感じない

 

ルピシアのバナーヌショコラは買うかどうか

感想を見て迷ったのですが

 

これは数多くの紅茶の例にもれず

飲んでみないと分からない紅茶だな・・・

と思って、50グラムたっぷり買ってみました。

 

私は好きでけっこういけちゃう味と香りですが

苦手な方がいるのもわかるな、という感じ。

 

もし買ってみて

ホットメニューだとミルクティーでもストレートでも苦手だったら

アイスミルクティーにしてお砂糖を入れて

 

紅茶だというのを忘れてジュースだとおもうと

ゴクゴク飲めるかもしれません。

 

アイスメニューだとホットより

香りの立ち上り方がおちつくので

きついフレーバーでも飲みやすくなる率が高いです♪

 

 

リンゴ1

ルピシアのバナーヌショコラについて、もっと詳しいお茶の情報や感想については、続きでまとめました!

 

ルピシアのバナーヌショコラはこんな紅茶

ルピシアのバナーヌショコラは

インドとヴェトナムの紅茶に

ストロベリーリーフ、マリーゴールドをブレンドし

香料で香り付けした紅茶です。

 

ミルクで煮出すミルクティーに、

甘みをつけて、とアレンジもオススメされています。

 

ルピシア公式オンラインショップの説明より

 

 

バナナは入っていないので

「香料で香りを作っているお茶はちょっと」

という方なら、バナーヌショコラはやめておくほうが安全かも。

 

 

ルピシアのバナーヌショコラを飲んだ感想

ルピシアのバナーヌショコラ

まずはバナーヌショコラの

茶葉の写真からごらんください。

緑色のストロベリーリーフにマリーゴールドの黄色い花びらが見えます。

 

ルピシアの、金平糖やアラザンが入っているフレーバーティーより

お茶の味にひびく副材料がすくないので

お茶の味と香料の香りをストレートに楽しめそうです。

 

香りは、真っ黒に熟して甘い香りをふりまいているバナナから

フルーツの青みのある香りを取り除いた感じです。

 

バナナのキャンディやジャムや

パック詰めのバナナオレなどの、

バナナ風味のお菓子やジュースに近い気がします。

 

ルックのバナナクリーム入りチョコレートより

バナナ風味が強く感じました。

 

 

次に、ホットでいれた感想を。

 

ルピシアのバナーヌショコラ

茶葉の香りが、袋の口に鼻を近づけてむせちゃったくらい

だったわりにお茶の香りは穏やかに感じます。

 

茶葉の香りの印象がだいぶやわらぎ

紅茶の風味も加わって、甘いだけでない味わいになっています。

 

 

 

フルーツのフレーバーと紅茶の渋みは

くみあわさるとちょっと苦手なので

 

ストレートなら薄めに入れて

お茶の味より香りを優先して楽しみ

濃い目に入れるならミルクティーにするのが美味しく感じました。

 

ルピシアのバナーヌショコラ

牛乳をいれると、さらにバナナの甘い香りはやわらぎ

ほんのりかんじる程度になります。

 

個人的にはストレートでいただくのが

フレーバーを強く感じられて好きです。

 

 

 

甘いアイスミルクティーにしてみると、

バナナと紅茶風味のジュースのようです。

ルピシアのバナーヌショコラ

 

甘みのないお茶として飲むのにも

ホットメニューで甘くするのにも抵抗があったら

冷やしてジュースだと思うと意外なくらい

美味しく飲めちゃうかもしれません。

 

 

ルピシアのバナーヌショコラ

茶がらにも、バナナの香りのおもかげのような

甘い香りが残っています。

 

長い時間蒸らしすぎると、ホンレンソウをゆでているときのような

えぐく感じる香りが出てしまったので

蒸らし時間は短いのが好きでした。