ルピシアのキャラメルラムを飲んでみたよ。

ルピシアのキャラメルラムを取寄せて、口コミ感想をまとめました。

ノンカフェインで妊娠中も飲める、ルピシアのキャラメルラム。

妊娠授乳中ではなくても、眠る前でカフェインをとりたくないときうってつけの、甘い香りのお茶でした。

ルピシアのキャラメルラムを飲んで口コミを書いてみた

ルピシア・キャラメルラムの茶葉。

茶葉もミルクキャラメルのような甘い香り

袋を開封すると、中の茶葉はこのようになっています。

ルピシアのキャラメルラムは、ハニーブッシュとルイボスティーにキャラメルとラム酒の香りをつけたノンカフェインのお茶。

ローズマリーなどの刺激が強い香りのハーブが入っておらず、甘い香りがストレートに香ります。

 

リンゴ1

茶葉の香りが強くて、いれるまえから部屋に香りがただよっていました。いれたあとの茶葉も香りが残ってて、甘ーいお茶です!

キャラメルラムは、渋み、苦味、ハーブのきつい刺激がなく飲みやすいお茶

ルピシアのキャラメルラムをいれたところ。

写真は茶葉3グラム、熱湯150ミリリットル、浸出時間3分でいれたところ。

ルピシアのキャラメルラムは、味は砂糖を入れなくてもほんのり甘く、カロリーをとらなくても甘い香りを楽しめてダイエットに良さそう。

リンゴ1

すごく飲みやすくて、甘い香りをストレートに楽しめました!

ルピシアでお茶を買うと、ときどき刺激的なハーブが茶葉に混ざってて、ハーブの主張で飲みづらく感じたことも。

ちょっと心配しながらいれたんですが、キャラメルラムは飲みやすかったです。

ラム酒の香りがフワフワ

キャラメルラムは、お菓子作りで使ったラム酒の香り。

「すっごく無理してこぎつけないと、あの香りとは言えない」みたいなことはなく、個人的にはわかりやすかったです。

ラム酒でつけたレーズンのようにも、キャラメルっぽいとも思う、お菓子みたいに満足感があるお茶でした。

 

 

ルピシアのキャラメルラムをミルクティーで飲んでみた感想

ルピシアのキャラメルラムをミルクティーにした写真。

写真のミルクティーは、ストレート用の2倍くらいに濃く入れたキャラメルラムに、温めた牛乳を注いでいます。

茶葉は4グラム、お湯は100ミリリットル、牛乳は70ミリリットルくらい。

これだけ濃いお茶を入れても、味は苦味や渋味を感じず、あっさりしています。

 

 

ルピシアのキャラメルラムは妊娠中にもオススメされているルイボスティー

キャラメルラムは、ルピシアの公式オンラインショップで、妊娠中も安心して飲めると紹介されています。

ルピシアのキャラメルラムに使われている、ハニーブッシュとルイボスティーは、ともにノンカフェインのお茶。

授乳中や小さなお子さんとのティータイムにもおすすめされています。

参考にしたサイト※

ホットティーで楽しむヘルシーなルイボス 世界のお茶専門店ルピシア

 

ただ、妊娠中ってどうしても、体に入れるものに気を使うと思います。また、人それぞれの体質、体調の違いっていうのもありますよね。

リンゴ1

ウェブやお店の説明だけだと心配になるかも。かかりつけのお医者さんに相談してもらうと、いっそう安心して飲めると思います!