ルピシアのクッキー、茶葉のほうの感想を書きました。

ルピシアのクッキーは、SNSで面白そうな話を見かけて興味をもった紅茶。

飲んだ感想のほかに、口コミについてもまとめています。

 

では、まずは口コミから。

 

ルピシアの茶葉・クッキーの口コミまとめ

 

ネットで見つけたルピシアの茶葉、クッキーの口コミを紹介します。

まずは、ネットショップ【LOHACO】に投稿されたレビューから。

 

子供が欲しがって購入。子供はストレートで砂糖を少々入れて、私はミルクティーで。いつもは紅茶を飲んでいない家族も、これは美味しいという。

 

 

ルピシアのフレーバーティーは何種類もいつも家にある。

クッキーはほんわかした上品な香りでお気に入りのひとつ。

 

 

ティーバックを買って、あまり濃く出ない。

製造されなくなったリプトンのキャラメルの代用を探していて、ルピシアのクッキーを発見。

甘い香りはするものの、そんなに強い香りではない。嗅覚は敏感なほうだけど。

時間がたっても、紅茶はあまり濃く出ないので、ミルクティーにしても物足りない味。

また買うほどではないかな。

 

 

では、次はツイッター発の口コミです。

 

 

 

 

マジでクッキー、という感想はまさにそのとおり!

カロリーがついていないお茶から高カロリーな焼き菓子の香りがするのは、びっくりしました。

 

では、次は飲んでみたレビューです。

クッキーでストレートティーとミルクティーを飲んだ感想

 

↑こんな袋で届きました。裏側です↓

 

【原材料】

紅茶 アーモンド 香料

 

【産地】

インド、ケニア、ヴェトナム

 

【特徴】

香りのイメージは焼き立てのキャラメルクッキー。

細かく刻んだアーモンドを混ぜている。

甘い印象とスッキリした飲み口。ミルクを入れると甘みが引き立つ。

 

【いれかた】

熱湯150ml 茶葉2.5~3g 浸出時間 2~2.5分

 

※参考 ルピシアオンラインショップ

 

 

 

 

 

茶葉↓

 

↑コロコロした粒状の茶葉が混ざっています。

CTC茶といって、機械を使って粒状に丸く加工した茶葉です。

短時間で抽出が進んで、濃い色と味のお茶になるため、チャイに向いていると言われます。

 

 

ルピシアのクッキーの茶葉は、たしかに焼けたクッキーの香りがします。

砂糖が入った生地に焼き色がついたときの、香ばしい香りが再現されていてびっくり。

 

真っ先に思いついたのは、

「森永のアーモンドクッキーや、ムーンライトクッキーがこんな香りかも・・・」

ショートニングや植物油脂を使って、バターの香りを控えたクッキーの香りです。

 

 

 

では、いれてみます。

 

【ここでの入れ方】

茶葉 6gでお湯は300ml

時間は2分30秒

 

 

左 ストレート 小さなカップに大さじ4杯入れて撮影

右 ミルクティー お茶大さじ4杯に牛乳1を入れて撮影

 

 

いれた紅茶は茶葉そのものの香りより、香りが柔らかくなっています。

色は濃いです。

フワッとしたクッキーの香りがします。

 

ストレートで飲むと甘い香りにたいしてとてもあっさりな味。

香りと味の差が意外です。渋みもあまり感じません。

ミルクを入れると乳製品の甘みで、茶葉の甘い香りをより強く感じるミルクティーになりました。

 

 

1煎目をいれたあとの紅茶。

甘い香りが残っていますが、もう一回お湯を注ごうか、という気にはなれない香り。

一度お湯を注ぐと、茶葉のときに感じた甘い香りが、薄くなるのと、別の香りになっている気がします。

 

 

 

 

食べ物との組み合わせは・・・

 

お茶自体に焼き菓子のような香りがあるので、合わせる食べ物に迷います。

 

バナナとココアホイップクリームのサンドに合わせたら、クリームとバナナの味で紅茶の味が消えてしまって、残念でした。

おやつのおともなら、ルピシアの紅茶よりも、コーヒーのほうが合わせやすく感じます。

 

お菓子を食べないときのティータイムに、飲み物だけで飲むほうが美味しく感じました。

 

 

美味しいのってきかれたら

 

食べ物や飲み物については好き嫌いがいろいろあって、口コミを見ても味はわからないんですよね。

 

飲んでみようか迷ったら、口に合わないのを覚悟でお試しか、試飲するのがオススメです。

 

気に入る方は気にいるので、一度試していただくと楽しいティータイムになると思います。

私も楽しめました。