ルピシアのディクサム(フルリーフ)と、ディクサムブロークンの違いをまとめたよ。

ルピシアのアッサム紅茶ディクサムは、茶葉が大きいフルリーフと、茶葉が細かいブロークンが用意されています。

どっちがいいんだろう。って迷いませんか。

私はどちらを気に入るか分からなくて、2種類とも購入。飲み比べてレビューしてみました。

フルリーフのルピシアディクサムと、ディクサムブロークンの違いで迷った時に読んでみてくださいね。

 

まずはお店の説明から。ルピシアのフルリーフのディクサムとブロークンの特徴

 

ディクサム……フルリーフタイプの紅茶。濃厚なコクをもち、まろやかで渋みが少ない紅茶。茶園のオーナー推奨の品。

ディクサムブロークン……アッサムの中でも甘い香りが強い紅茶。ストレートでは力強い味わいが、ミルクを注ぐと優しくなる。

参考にしたサイト※世界のお茶専門店ルピシア

 

このようにルピシアオンラインショップでは、フルリーフタイプのディクサムはまろやか。ディクサムブロークンは力強いと説明されています。

リンゴ1

実際飲んだ印象も、説明どおりでしたよ♪

ディクサムのフルリーフタイプとブロークンを飲み比べた感想

ルピシアのディクサムブロークンとディクサムの茶葉を並べた写真。

左・フルリーフタイプのディクサム。

右・ブロークンタイプのディクサム。

茶葉の香りはどちらもよく似ており、ドライフルーツのような甘い香り。

リンゴ1

ちなみに、フレーバーティーのようには香りません。袋の口に鼻を近づけると感じられるような、ほのかな香りでした。

分かりやすい違いは、茶葉のサイズの違いです。

ルピシアのディクサムとブロークンの茶葉の比較写真。

左・フルリーフタイプのディクサム。1cmくらいありそうな大きな茶葉が混ざっている。

右・ディクサムブロークン。全体的にサイズが細かい茶葉。コーヒーの粉に似ている。

リンゴ1

紅茶は茶葉が細かくなると、短い蒸らし時間で、濃い味、濃い色が出やすくなります。茶葉の大きさって味に直結するんです。

 

ルピシアのフルリーフのディクサムとブロークンをいれてみた写真。

いれたところ。茶葉5グラム、熱湯150ミリリットルで蒸らし時間2分。

左・ディクサムブロークン。こころもち、色が濃い。甘い香りを強く感じた気がする。

右・ディクサムフルリーフタイプ。

 

リンゴ1

もちろん、そのままでは美味しく飲めません。苦い&渋かったー!

濃く入れた紅茶を飲み比べてみると、ディクサムブロークンはより苦味が強く出ていました。

ルピシアのディクサムとブロークンにミルクを注いでいれたところ。

ミルクを注いだところ。さきほどの紅茶大さじ1杯と、牛乳大さじ1杯を混ぜたところ。

左・ディクサムブロークン……牛乳を注ぐと苦味がなくなり、甘みのあるミルクティーになる。

右・ディクサムフルリーフタイプ

 

リンゴ1

正直に言っちゃうと、牛乳を注いだあとの違いはハッキリわかりませんでした。気持ち、ディクサムブロークンのほうが味が濃いような……

 

甘く濃い味のミルクティーを飲みたいときは、ディクサムブロークンがオススメ

ディクサムブロークンは、ストレートで飲むとフルリーフタイプより苦味などのパンチがきいた、力強い味になる紅茶です。

ミルクティーにすると苦味がなくなり、甘みと飲みごたえがありました。

また、茶葉が細かいため、浸出時間が2分~3分で濃い紅茶になり、牛乳を注いでも色が薄くなりません。

 

いっぽうフルリーフタイプのディクサムは、ストレートで飲んで渋みや苦味が少なくまろやか。

甘い香りも楽しめました。

 

リンゴ1

今度私がリピートするなら、「ストレートで渋みがきつくない紅茶を飲みたかったらフルリーフタイプのディクサム」「濃いミルクティーをいれたかったらディクサムブロークン」を選ぶと思います♪ この結果って、お店の説明どおりですよね。