ルピシアのアールグレイ、アールグレイショコラ、アールグレイグランドクラシックの3種類を飲み比べてみました。

香りはもちろん、茶葉の形やお茶の色も違っていて、とても楽しめました。

購入する前で、まずいのかな・・・って心配な方に向けて、できるだけ詳しく飲み比べのレポートを書いています。

 

まずはそれぞれのお茶の基本情報:アールグレイについて

 

祁門紅茶にベルガモット(香料の原料として使われている柑橘類の一種)の香りをつけたアールグレイです。

ルピシアで販売されている中では、オーソドックスなタイプ。

 

このパッケージに書いてある祁門紅茶とは、中国生まれの紅茶の一種です。

良質な祁門紅茶は、花や果物のような甘い香りがすることが知られています。

 

袋の裏側です。↓

原材料は、紅茶と香料です。

 

 

アールグレイショコラについて

袋入が売り切れていたので買った、缶入りタイプ。

 

缶を開けると袋が入っていました。

アールグレイとチョコレートの香りをつけたフレーバーティーです。

茶葉の産地は、ケニア、中国、インド、インドネシア、スリランカとなっています。

 

原材料は、紅茶、ローストカカオニブ、ブルーマロウ、香料。

 

 

アールグレイグランドクラシックについて

 

 

アールグレイグランドクラシックは、アールグレイの原型となったお茶を再現したフレーバーティーです。

燻製茶と龍眼の香り。

 

袋の裏側です。↓

 

 

では飲み比べにはいります。

 

 

3種とも香料が入っているだけあって、茶葉の香りはとても強いです。

 

袋を開けたときから、アールグレイグランドクラシックからは、これまでにかいだことがない香りがただよってきました・・・!

 

ルピシアのアールグレイを3種飲み比べ

 

ここで飲み比べているのは、

 

・アールグレイ

・アールグレイショコラ

・アールグレイグランドクラシック

 

 

3種同時にいれて香りを比べてみました。

 

浸出時間はできるだけ揃えるようにしていますが、種類ごとに10秒くらい差が出てしまっています。

茶葉は1g単位のメモリのスケールで計っています。0.1g単位で測れるデジタルのスケールではなく、上皿はかりを使っています。

精密な比較ではないことをご了承ください。

 

 

 

香りや味の記憶ってあいまいですから、同時にいれないと違いに気づかない・・・はずだと思って。

飲んでみた感じ、同時にいれなくても【明らかに違うもの】って気づいたと思います。

 

まず、見た目でわかる茶葉の形からしてずいぶん違います。

もちろん、香りもかなり違います。


上・アールグレイショコラ
左下・アールグレイグランドクラシック
右下・アールグレイ



アールグレイショコラ 6g

↑細長い茶葉にコロコロとした粒状の茶葉が入っています。ブルーマロウ(青紫色の花)が混ざっていて、可愛らしいです。

黒い豆のようなものは、カカオニブ(カカオ豆をくだいたもの)です。

 

3種類の中でいちばん甘い香りがします。

ココア味のキャンディのような香りです。

柑橘系よりチョコレートっぽさを感じる香りでした。

 


アールグレイ  6g


買った中ではいちばんオーソドックスなアールグレイ。

香りがついた茶葉以外のものは混ざっていません。

甘さを感じない、柑橘の皮のような爽やかな香りがします。

 

アールグレイグランドクラシック  6g

3種類の中で茶葉が一番大きいです。

香りについては1番問題の品。

 

たばこや焚き火のような煙の匂いに、ライチのキャンディで感じるような甘い香りが混ざっています。

くさい・・・!

飲めるかどうか心配する香りです。

 

お店の説明で煙たそうな香りは想像していたものの、甘い香りがここまで強いのは予想外。

飲めなかったら濃く出して、蒸し鶏のつけ汁にして燻製風味にしようと思っていたのに・・・これは料理用にも無理そうな香り。

 

黄色っぽいゴロッとしたかたまりは、龍眼という果物のドライフルーツだそうで・・・おそるおそる食べてみました。

かたいレーズンを燻製にしたような味。

 

では、それぞれのお茶をいれてみます。

 

 

まずはミルクティー用に、2倍の濃さで入れてみます。

茶葉6gにつきお湯150ml

浸出時間は2分30秒(3種類でできるだけ時間を揃えましたが、10秒くらいの差があります)

上 アールグレイグランドクラシック
左下 アールグレイ
右下 アールグレイショコラ

色の違いは分かりません。

香りはかなり違います。

茶葉の香りがそのまま薄まった感じで、とても分かりやすいです。

アールグレイグランドクラシックの甘い香りと煙のようなにおいは健在です。

 

 

浸出後の茶葉。左から順に、アールグレイグランドクラシック、アールグレイショコラ、アールグレイです。

まだ香りがします。

 

 

次に、ミルクを注いでみます。

別の皿に、紅茶大さじ1杯と、牛乳大さじ1杯ずつを入れました。


左から順番に、アールグレイグランドクラシック アールグレイショコラ アールグレイ

色が、アールグレイショコラのみ赤っぽいのが、そちらのモニターでも確認できますか?

 

アールグレイショコラはほかのアールグレイと比べて、ミルクを淹れても赤みがかかった茶色で、やや色が濃いです。濃厚そうな色で美味しそう。

チョコレートっぽい甘い香りと、牛乳の甘みと香りが合っていて私は好きです。

 

 

アールグレイグランドクラシックは、見た目の色はいちばん薄いです。

香りはあいかわらず煙っぽい。

 

アールグレイは、柑橘の皮のような爽やかな香りにミルクの甘味が加わって、飲みやすいです。これまで飲み慣れていたアールグレイに近い雰囲気です。

 

 

では、次はストレートで。

茶葉3gを、お湯150mlで、浸出を3分し、スプーンで軽く混ぜた結果。

同じ数のポットが揃わないので、分厚いカフェオレボウルにフタをかぶせて浸出しています。

 

上 アールグレイショコラ
下左 アールグレイクラシック
下右 アールグレイ

15ml(大さじ1杯)ずつ小皿にとりわけました。

左から順に
アールグレイグランドクラシック 
アールグレイショコラ
アールグレイ

味はどれも渋みがあまり出ていなくて、味については飲みやすい紅茶でした。

紅茶はいれかたでだいぶ味が違うので、もっとていねいにいれたら味が変わるかもしれません。

 

ただ、これだけ雑にいれても、渋くなりすぎず、それぞれフレーバーの力で個性的な香りが出るので、いれるのが楽です。

 

いれたあとの香りは、茶葉でかいだときの香りを淡くした感じです。

 

 

 

 

まずいのかといわれたら

 

ルピシアのアールグレイを買ってみて、まずいお茶だったら嫌ですよね。

試飲できたら変なものを買ってしまうことはないのですが、味見をしないで購入すると、地雷を踏むことがあると思います。

 

ただ、アールグレイそのものが好みが分かれやすいお茶ですから、ルピシアで買うからまずい、ということはありません。

私は他のメーカーで買っても、苦手なアールグレイがありました。

 

また、私が苦手だったアールグレイグランドクラシックも、ツイッターをのぞいてみると愛好している方がいます。

 

>>美味しいというお話

めちゃめちゃうまいそうです・・・!

 

 

>>ルピシアのアールグレイの中ではグランドクラシックしか合わないというお話

 

人それぞれ好きな香り、苦手な香りが本当に違いますね。

気にいるかどうか飲んでみないとなんともいえません。

 

買うときは試飲してからがおすすめです。