ルピシアのフランボワーズショコラ

ルピシアのフランボワーズショコラを飲んだので

感想とともにお茶についての情報をまとめました。

 

ルピシアのフランボワーズショコラってどんなお茶かな

おいしいのかな・・・

 

そう思ったときに向けた情報です。

 

 

ルピシアのフランボワーズショコラはこんなお茶

 

ルピシアのフランボワーズショコラは

インド、ヴェトナム、ケニアの紅茶をベースに

チョコレートとラズベリーの甘酸っぱい香りをつけたフレーバーティーです。

 

原材料は、紅茶、ヒースフラワー、香料。

 

ヒースの花は美容効果を期待して飲む

ハーブティーにも使われる、ツツジ科のハーブです。

 

チョコレートの香りやラズベリーの香りは

カカオやフルーツそのものがブレンドされて作られているのではなく

香料で香り付けされているようです。

 

「香料だけで香りを作ったお茶はちょっと」

というときは、フランボワーズショコラは避けたほうが安全かも。

 

香りは生のラズベリーの青みのある新鮮な感じではなく

煮詰めたジャムや、ベリー風味のチョコのような甘い香りなので

加工品ぽい人工的な甘さが苦手な方も

試飲してから購入したほうが安心です。

 

 

ルピシアのフランボワーズショコラを飲んだ感想

ルピシアのフランボワーズショコラ

フランボワーズショコラの茶葉の写真から。

茶葉の見た目はミルクティー向きとされる紅茶に多いタイプです。

 

てんてんと見える、ピンクの粒がヒースフラワーです。

一粒一粒がドウダンツツジのツボミのようで華やか。

 

丸めたように丸い粒状の茶葉は、

CTC紅茶といって、短い時間で濃い味が出る

ミルクティーに向くと言われる茶葉です。

 

フランボワーズショコラとなづけられているだけあって

茶葉の香りが甘く、ベリー風味のチョコレートの香りが

再現されています。

 

 

 

ではいれてみます。

 

茶葉3グラム熱湯150ミリリットル

浸出時間約2分30秒

ルピシアのフランボワーズショコラ

 

この茶葉の量だと

濃いめで渋みを感じるお茶になりました。

ラズベリーの甘酸っぱさがきわだち

チョコレート風味はほんのりとしています。

香りのためか酸味をかんじるお茶でした。

 

ハーブのような、紅茶っぽくない味がするのは

ヒースフラワーのしわざかもしれません。

 

フランボワーズショコラだけでなく

ルピシアのフレーバーティーには

味が出るハーブがブレンドされているものが多く

紅茶とハーブティーのブレンドのような味のお茶が

ちらほらあります。

 

茶葉の香りがそのままお湯に移る感じではない気がします。

 

 

 

次はミルクティー用に濃くいれてみます。

茶葉6グラム熱湯150ミリリットル

浸出時間3分

ルピシアのフランボワーズショコラ

 

 

ミルクティーにすると、いちごオレに

チョコレートの香りをまとわせたような

ミルクティーになりました。

 

牛乳を入れると

フランボワーズショコラの茶葉から香った

ベリー風味のチョコレートのような

香りはだいぶうすれます。

 

また、ストレートで感じたハーブっぽさも

ミルクティーではあまり感じず飲みやすくなりました。

 

香りの強さは、強い順に

茶葉

ポットからカップにいれるとき

ストレートで飲んでいるとき

ミルクティーという感じです。

 

 

 

ルピシアのフランボワーズショコラ

シンプルなバニラクリームをはさんだ

ブッセとともにいただきました。

 

たべあわせについては好みですが

フレーバーティーにはシンプルなショートブレッドや

パンケーキなどのお菓子があわせやすいそうですよ。

 

 

ルピシアのフランボワーズショコラ・感想まとめ

 

ルピシアのフランボワーズショコラは

茶葉の香りはまさに、ベリー味のチョコレート。

 

いれてみるとヒースフラワーから出ているらしき

ハーブの香りと味が主張し

ストレートで飲むとやや酸っぱさを感じます。

 

ミルクティーにすると香りの主張や

ハーブっぽい味が薄れてかなり飲みやすいです。

 

何度か飲んでみた感じ

どうもルピシアのフランボワーズショコラは

どっしりした濃い味のミルクティーではない気がします。

ミルクティーにするとライトな味。

 

 

 

日東紅茶のこく味のある紅茶

日東紅茶のロイヤルミルクティーブレンド

ムジカティーのアサムCTC

ムジカティーのアフタヌーンブレンド

など、アッサム主体のブレンド紅茶のほうが

味が濃いミルクティーになりました。