ルピシアグレナダ飲んだ感想

ルピシアの紅茶、グレナダを

ホットと水出しで飲んでみました。

 

ネットで調べた口コミもあわせて紹介します。

 

まずは手短にまとめてお伝えすると

 

・ルピシアのグレナダは

グァバの香りとパパイヤの香りのフレーバーティー。

茶葉の香りはフルーツガムっぽく感じました。

 

・水出しにするとお湯を沸かす手間がなくらく。

火を使いたくない暑い日に良さそう。

甘くするとジュースのようになります。

私はサンプルで飲んでみて、自分では買わない感じです。

 

 

・グレナダの感想をSNSなどで調べると

苦手な方はいるようです。

 

 

 

好き嫌いをさておいて

的確に表現してくれているレビューがあるので

そちらもごらんください。

 

 

グレナダだけのことではなく

ルピシアの紅茶ぜんたい

そうだと思っていますが

 

口コミや感想記事を調べてみても

すきや苦手で評価が別れていて

飲んでみないと分からないんですよね・・・

 

というわけで、購入を迷ったら

できたら試飲をオススメします。

 

画像つきのレポートを見る時は

記事の続きをどうぞ!

 

ルピシアのグレナダはこんな紅茶

グレナダはグァバの香りをつけ

パパイヤの果肉を混ぜた甘い香りの紅茶です。

 

原材料は

紅茶、ドライパパイヤ、ブルーマロウ、サフラワー、

マリーゴールド、香料、クエン酸。

 

ティーバックとリーフでは

原材料や香りが少し違うそうです。

 

参考 ルピシア 公式オンラインショップ

 

香料やクエン酸で香りやフルーツらしい酸味を

つけているのかもしれません。

 

ルピシアのグレナダを飲んでみた感想

 

まずは茶葉の写真からごらんください。

ルピシアグレナダ飲んだ感想

ビビットカラーの花びらがブレンドされていて

見た目も楽しい紅茶です。

 

花びらの正体は

ブルーマロウ

サフラワー

マリーゴールド

いずれも花びらが

ハーブティーとして利用されています。

 

 

香りはフルーツガムっぽい、

人工的な感じです。

ちなみに原材料の香料が使われているので

この強い香りはパパイヤの果肉ではなく

ほぼ香料で出ているのかもしれません。

 

 

この時点で私は大丈夫かなって心配になり

いれてみるとやはりグレナダは苦手な紅茶でした。

ルピシアグレナダ飲んだ感想

フルーツガム風の甘い香りとホットドリンクの取り合わせが

私はどうも苦手です。

 

 

グレナダは水出しにするとジュースっぽく飲める

ホットが苦手だったので

水出しにしてみたのがこちらの写真です。

ルピシアグレナダ

砂糖を入れて甘くすると

紅茶というよりフルーツジュースのようになりました。

 

しぼりたて果汁100%とかの新鮮なフルーツ風味ではなく

フルーツ風味のガムやキャンディのような感じです。

 

フルーツの香りがけっこう強く

私は自分で買っては飲まない気がします。

飲み慣れたら気に入って常備したくなるのかも。