ルピシアのルイボスポワールのパッケージ。

フレーバーティーは、たとえお気に入りのメーカーが出すお茶でも好き嫌いが分かれやすく、新しく手を出すのは勇気がいる、って私は思ってます。

もし、「ルピシアのルイボスポワールを試す前に口コミを見てみたいな」というときは、、この記事を読んでみてください。

取寄せて、口コミをまとめてみました。

リンゴ1

結論から伝えてしまうと、ルピシアのルイボスポワールは。

★オレンジフラワー(ハーブティーの素材にもなる香りが出る素材)が入ってます。

★洋梨風の香り付けは強いです。

★ルイボスティーより水に近いあっさりした味。

より詳しくは続きでどうぞ!

口コミを探している方へ。ルピシアのルイボスポワールの感想

 

ルピシアのルイボスポワールの茶葉の写真。

パッケージを開封すると、洋梨の香りが袋の口からただよってきました。

ラ・フランスフレーバーのお菓子みたいな、甘く分かりやすい香りです。1メートルくらい離れても香るくらいの、はっきりした強さ

緑の茶葉は、発酵させずに作るルイボスティー版の緑茶だそうです。

茶葉の、白いドライフルーツの破片みたいなのは、オレンジの花。オレンジの花も香りがあって、ハーブティーの素材に使われています。

ルピシアのルイボスポワールって、洋梨フレーバーに香りが強いオレンジの花を混ぜてて大丈夫かな……って不安がってたら、私は大丈夫でした。

香りが複雑になって、入ってるほうが好きかもしれないです。

ルピシアのルイボスポワールをいれたところ。

茶葉と水を計って入れてます。茶葉が少なくて薄いお茶になったんじゃないですよ。

色が薄いのと同じように、味もルイボスティーよりさっぱりしています。

ルイボスティー自体、苦味や渋味が控えめで優しい味ですが、ルイボスポワールの味は、さらに刺激がない感じ。

ルイボスティーっぽいクセも弱く、水に近い感覚で飲めました。

 

もし飲んでみて「ラフランス風の香りはいいんだけど、何かわからない香りが混ざってるのが気になるな」って思ったら、オレンジの花を取り出してみたら、美味しく飲めるかもしれません。

 

ルピシアのルイボスポワールを水出しでいれてみた

ルピシアのルイボスポワールの水出し茶。

ルイボスポワールの茶葉2グラムを、水150ミリリットルで9時間くらい、おいたところ。

今回の水出しは失敗。

お湯でいれたとき気にならなかった苦味が出て、ルイボスポワールの甘いラ・フランス風味とバランスが悪く感じます。

水出しで試すなら、味見しながらちょうどいい時間を探すことになりそう。

私はお湯でだすほうが気に入ってます。

 

【ルイボスポワールの口コミまとめ】

★ラ・フランス風味の甘い香りに、ハーブっぽい香りが色々混ざって感じます。苦手だったら、オレンジの花をとりのぞいたら変わるかもです。

★香りは強い。水出し茶を冷蔵庫で作ってたら、冷蔵庫を開けると甘い香りがただよってきました。

★さっぱり薄味のルイボスティー。クセも控えめ。