ルピシアのシロニバリを飲んでみて、感想を書きました。

シロニバリについて、ネットでみかけた口コミも掲載しています。

サンプルとしてもらった、ルピシアのアッサムCTCとの比較写真もとってみました。

 

シロニバリとは

 

ルピシアのシロニバリとは・・・

ルピシア公式オンラインショップによると

アッサム州にあるシロニバリ茶園でとれた茶葉が、シロニバリになるとのことです。

 

 

シロニバリには、夏に茶葉がつまれた【シロニバリクオリティー】と

茶葉をつんだ時期が書かれていない【シロニバリ】があります。

 

ここで紹介しているのは、【シロニバリ】

こんな袋に入っています。これは開封したあとの写真です。

次は裏側を見てみましょう。↓

 

【原材料名】紅茶

【産地】インド

【特徴】

インドのアッサムのCTC製法による紅茶。

コクと甘い香りが特徴。ミルクティーや甘いチャイに最適。

【入れ方】

熱湯 150ml

茶葉の量 2.5~3g

浸出時間 1~2分

 

※参考 ルピシア公式オンラインショップ

 

 

 

※【アッサム】とは?

 

アッサムとは、インドの地名で紅茶の産地です。

インドには、アッサム州という場所があり、アッサム州で生産されている紅茶が、アッサムティーと呼ばれて販売されています。

 

アッサムで生産される紅茶の特徴は、「赤っぽい茶色の紅茶の水色」(※水色とは入れた紅茶の色)「力強いコクで牛乳に負けない味がある」

 

アッサムティーには、CTC製法の茶葉とリーフティーがあり、それぞれ特徴があります。

 

CTC製法のアッサムティーの特徴は、短い時間で濃い紅茶をいれられて、チャイやティーバックに向いていること。

 

リーフティーの特徴は、アッサムティーの茶葉が持つ個性、【コクのある甘さや独特の香り】を感じやすいことだと言われています。

 

 

 

 

※【CTC製法】とは?

CTC製法は、紅茶の製造方法のひとつです。

名前の由来となっている【CTC機】という機械を使って、茶葉を引き裂いてつぶし、丸めることで、コロコロとした粒状の茶葉が作られます。

 

茶葉に行う加工の内容、

引き裂く・・・crush

つぶす・・・tear

丸める・・・curl

この頭文字をとって、CTCと呼ばれています。

 

CTC製法の特徴は、

【完成した茶葉が、粒状になっている】

【短時間で濃い紅茶をいれられるので、チャイやにティーバックに向く】

【大量生産に向いている】

 

このようにメリットもあるCTC製法ですが、香りについてはリーフティーのほうが良いと言われています。

 

 

 

 

※アッサム CTCについて 参考にした本

基礎から学ぶ紅茶のすべて 磯淵猛 著 45、58~61ページ

紅茶 味わいの「こつ」 理解が深まるQ&A 89

100~101、96ページ

 

 

用語についての解説はここまで。

 

では、ルピシアのシロニバリの茶葉を見てみましょう。

 

 

 

 

ルピシアのシロニバリとアッサムCTCの比較写真

どちらもチャイやミルクティー向けのアッサムCTCとシロニバリ。

写真をとって違いをくらべてみました。

紅茶の味はアクシデントでまともに比較できなかったのですが、茶葉の色や形はちがいました。

 

こちらはアッサムCTC。サンプルとして、プレゼントしてもらったものです。

ティーバックを破って紙の上に広げてみます。

左がアッサムCTC、右がシロニバリです。

※写真がまずくて実際よりしろっぽくなっています。

左のアッサムCTCは赤茶色っぽく、右のシロニバリはアッサムCTCより黒っぽいのが伝わるでしょうか?

この画像が一番、色がまともにとれた一枚です。

アッサムCTCのほうが、よりきれいに丸まっていて赤茶色っぽく

シロニバリは茶葉の形がゴツゴツして、黒っぽくなっていますね。

 

 

飲み比べた感想は、アクシデント

(比較の最中にお湯をこぼして軽いやけど。慌てている間に、浸出時間が長くなりすぎた)で

まともな比較をできなかったので、詳しい話は省略しています。 ごめんなさい・・・

 

 

 

茶葉の形や色は、たしかにアッサムCTCとシロニバリで別のものなので、きちんと飲み比べたら違いがはっきりしていたと思います。

 

ルピシアのシロニバリと他のアッサムの特徴を知りたい方は、こちらのサイトが詳しいです。

 

>>お茶についての情報サイト【ティーシェルジュ】

 

紅茶を入れた感想

ルピシアのシロニバリをいれてみました。

条件は、

 

熱湯 300ml

茶葉 6g

浸出時間 1分30秒

 

 

左 シロニバリのストレートティー 大さじ4杯

右 シロニバリのストレートティー 大さじ3杯 牛乳 1杯

 

短い時間で、濃い赤茶色の水色になりました。

ストレートで飲むとやや渋みがあり、舌がキュッとする感じがします。

甘みがあり、さつま芋のような感じです。

 

 

色が濃いのと、やや渋みを強く感じるので、私は牛乳を入れたくなりました。

ミルクティーだと渋みが柔らかくなって飲みやすく、乾かした植物の葉らしい爽やかな香りも感じました。