ルピシアテオレ

ルピシアのテオレを飲んで感想を書きました。

まずは感想のまとめからどうぞ!

 

ルピシアでいろいろフレーバーティを買ってきた中

テオレはフレーバーティーのような強い主張がない

甘くてマイルドな「まさにミルクティー向き!」な紅茶だと思います。

 

飲んでみて感じたのは、

 

レーズンのような軽い酸味を感じる甘みが強い

アッサムCTCほど渋みや香りはパンチがなく優しい味わい

(私が飲んできたアッサムCTCは、

日東紅茶のロイヤルミルクティーブレンド

ルピシアのシロニバリ

ムジカティーのアッサムCTC。

それらとの比較です)

ストレートだと渋みを強く感じた

 

もう少し詳しく・・・

というときは記事の続きをごらんください。

 

ルピシアのテオレはこんな紅茶

ルピシアのテオレは

ミルクたっぷりのミルクティー向きの甘みとコクのある紅茶。

 

2020/03/15時点で販売されいているテオレは

リニューアルで新しくなっています。

リニューアル前より茶葉が細かくなり

より深いコクと甘みを追求したそうです。

 

※参考 ルピシア 公式オンラインショップ

 

ルピシアテオレ

この写真はテオレの茶葉。

カメラの設定がまずくて白っぽくなっています。

実際の色は公式オンラインショップが実物に近いです。

 

サラサラしていて細かい茶葉は

見るからに短い時間で濃い紅茶が入りそう!

茶葉そのものから甘い香りがします。

 

 

※ちなみに

紅茶の葉は、大きさによってオレンジペコー、

ブロークンオレンジペコー

という名前で分けられていています。

茶葉が大きいと、お湯の中で茶葉が開いて

風味が出るのに時間がかかり

細かい茶葉なら短い時間で済むそうです。

 

チラホラと白っぽいものが混ざっているのは

ゴールデンチップス(チャノキの新芽)といって

たくさん入っているとお茶の味に

とろみや旨味が出てくるそうです。

 

※茶葉のサイズとゴールデンチップスについて

参考 紅茶知って味わう 著 磯淵 猛

 

 

 

ルピシアテオレの飲み方は。ミルクティーがおすすめ!

 

ルピシアテオレ飲み方

ルピシアのテオレは

公式オンラインショップでは

ミルクティーがオススメされている紅茶。

 

ではストレートではどうかなと

茶葉3グラム熱湯150ミリリットル

浸出時間は短めの1分で淹れてみたのが

上記の写真です。

 

熱々の間は渋みをあまり感じず

レーズンのような甘みとかすかな酸味を感じる香りがあります。

 

お、ストレートでも美味しいかも・・・

 

って思ったら、ぬるくなるにつれて渋みが出てきて

飲みづらくなりました。

 

ストレートでいただくなら

茶葉を少なめ、浸出時間は短めにすると飲みやすいです。

 

さいしょは濃い目に入れて、お湯や牛乳で伸ばすと

好みの味に調節できますよ^^

 

 

ルピシアテオレの淹れ方は。迷ったらこちらの記事をどうぞ

ルピシアのテオレの淹れ方で迷ったら

ルピシアのサイトの特集をどうぞ!

淹れ方の解説が詳しいです。

 

ルピシア 簡単レシピ公開中! ミルクティーを楽しもう!