ムジカティーのオススメ紅茶

ムジカティーで紅茶の茶葉を購入しようとして

種類が多くて迷っている方に向けて

ムジカティーのおすすめ紅茶や、種類についてまとめました。

飲んだ種類については感想も書いています。

 

 

通販で買う初心者にはムジカティーではなく他のお店をおすめしたい

 

初心者の方から飲み慣れている方まで

いろいろな方がこの記事をご覧になっていると思います。

 

もし、紅茶に興味を持ち出して間もない初心者の方で

 

・紅茶の産地でダージリンやディンブラと言われても何が違うかわからない

・自分がどんなタイプの紅茶が好きか分からない

 

(すっぱそうな香りの紅茶は苦手とか、

ストレートでいただくならヌワラエリヤのような

淡白なセイロンティーがいいとか、

そういうことがまだ分からない)

 

という状態なら、ムジカティーの紅茶を

通販で取り寄せるのはおすすめできません。

 

ムジカティーの紅茶は通販で取り寄せると

少なくても100グラムからの購入になり

苦手な紅茶を買ってしまうと飲みきるのが大変だからです。

 

 

ムジカティーの紅茶は

専門店の中ではリーズナブルでたっぷり飲める美味しい紅茶。

すでに紅茶を飲み慣れて大好きになった方には

オススメの紅茶ですが、

自分の好みがよくわからない初心者の方だと

知らずに苦手な紅茶をたくさん買ってしまうかもしれません。

 

紅茶について自分の好みがわからない方へは

少ない量でいろいろな種類を試せるお店をオススメします。

 

※関連記事

私が紅茶初心者だったときおすすめしてもらいたかった紅茶を90種類ちょっと飲んで選んでみた

 

 

以上を読んでいただいて

ムジカティーの紅茶を試してみたいと思われた方は

続きをごらんください。

 

できたらムジカティーの店舗で選ぶと失敗が少ない

 

紅茶の好みは人によって個人差があるので

ムジカティーのどの種類がおすすめというのは

特にありません。

 

投げやりになって感じが悪いと思うのですが

紅茶は人によって好き嫌いがあるため

どうしても、あなたの好みを知らない状態で

特定の種類をすすめるわけにはいかないのですね。

 

ブログやSNSや通販の口コミ投稿を見ても

紅茶の好みは人それぞれです。

 

同じ紅茶について話しているのに

ある人は絶賛して、ある人はまずいと言っていて

ということが珍しくありません。

 

そこでいちばんのおすすめは

ムジカティーの店舗に行って

お店で扱う紅茶について詳しい店員さんに好みを伝えて

選ぶのを手伝ってもらうこと。

 

 

兵庫の芦屋、神戸にあるムジカティーの店舗では

紅茶について特別な詳しい知識がなくても

お店に方に聞きながら紅茶を選べます。

 

ムジカティーは通販にそれほど力を入れていないお店で

オンラインのお店では取扱商品も限られているので

そういった意味でも店舗へ行くのが1番のおすすめです。

 

 

どうしても店舗へ足を運ぶ機会がない場合もあると思います。

ムジカティーの紅茶を通販で取り寄せるときは、日常的にたっぷりいただく紅茶がオススメです。

 

ムジカティーの紅茶を通販で取り寄せるならたっぷり飲む日常紅茶がオススメ

 

ムジカティーの紅茶を通販で取り寄せるときは

日常の定番としてたっぷりいただく紅茶や

日常的ではあるけれどプチ贅沢な紅茶として

あまり気取らず毎日のように飲みたい紅茶がおすすめです。

 

リンゴ1

ムジカティーの店舗が大阪堂島にあったころ、ムジカティーは大衆紅茶屋を自称していたそうです。そういうコンセプトのお店なら、日常的な紅茶を選ぶのが良いのかなと思います

 

先ほどもお伝えしましたが

ムジカティーの通販では

購入できる紅茶の量が100グラムからと多め。

消費ペースがゆっくりだと、

香りが飛んだり湿気を吸ったりして

最後まで美味しく飲みきれません。

 

「たまにのむ贅沢品として、良いお茶を飲みたいな」という方なら

ムジカティーの通販よりも

少ない量から販売してくれるお店をオススメします。

 

茶葉が新鮮なうちに飲みきれて

長い期間保存するための手間もかからないためです。

 

少ない量の茶葉を買えるお店

 

美味しい紅茶を販売しているお店は多いのですが、

その中で通販で購入しやすいのは【シルバーポット】です。

 

シルバーポットが購入しやすい理由は、

 

・公式オンラインショップの他に

楽天市場でも出店していて、ポイント利用で購入できる。

・メール便で送ってもらえてポストに投函されるので、受け取りが楽。少ない量の紅茶を買うときも送料が安い

 

飲食物をポスト投函で受け取ることに

抵抗がある方にはおすすめできませんが

気にならないときはオススメです。

 

 

利用が初めての方へは、お試しセットをおすすめします。

 

ティーバックではない茶葉を試したいときはこちらのセット

 

 

ティーバックがいいときや、セット内容を選びたいときはこちらのセット

 

 

 

ここまで読んでいただいて

やはりムジカティーの紅茶を飲みたいときは

続きをごらんください。

 

ムジカティーの紅茶を飲みたい方に向けて

通販で取り寄せられるムジカティーの種類と特徴をまとめました。

 

ムジカティーの紅茶の種類。通販で全国どこからでも取り寄せられる種類編

 

ムジカティーの紅茶を販売するオンラインショップ

アドキッチンで取り扱っているムジカティーの紅茶を

特徴別に種類分けしてみました。

 

紅茶についての本で調べたことや

販売店の説明を参考にしてグループ分けしています。

 

飲んだ紅茶については、表の中に渋みの強さや味の特徴を書きました。

 

ここでまとめているムジカティーの紅茶の価格は

2020/01/11にオンラインショップ【アドキッチン】ムジカティーの販売ページで確認しました。100グラムあたりの価格です。

 

ムジカティーで低価格帯のミルクティー向き紅茶

飲んだムジカティーの紅茶は画像入り 種類 渋みと味についての感想 価格 特徴とおすすめの飲み方
ムジカティーのおすすめ紅茶 アッサムCTC

ストレートで飲むと渋みが強い。ミルクティーにすると飲みごたえがある。

濃い甘さ。

810 日常的に飲めるミルクティー向きの紅茶。CTC紅茶のアッサムは、短い時間で濃い紅茶になる。ムジカティーのオレンジペコーのアッサムより、個性が薄れてスタンダードな味の紅茶になる。
ムジカティーのオススメ紅茶 プライドオブスリランカ

ストレートで飲むと渋みが強い。ミルクティーにすると飲みごたえがある。

植物らしい青さを感じる爽やかな香り。

810 スリランカの標高が中程度の高さの地域で作られる紅茶のブレンド。ムジカティーで販売している紅茶の中では、細かいタイプの茶葉。短い時間で濃い紅茶になり、ミルクティー向き。
ムジカティーのおすすめ紅茶 堂島ブレックファースト

強い渋みは感じなかった。

甘みはあるが上記2種類よりもあっさりした軽い飲み心地。

810 ミルクティー向き。ムジカティーの紅茶はリーズナブルな紅茶が多いが、特に低価格。日常的に楽しむための紅茶。

 

 

リンゴ1

▼このタイプの中で飲んだムジカティーの紅茶の感想です

 

アッサムCTC

濃い甘さのミルクティーです!

 

さいしょは別段変わった味もしない

濃く甘いミルクティー向けの紅茶と思っていましたが

もっと値段が安いアッサムCTCを

じっくり飲んだあとで感想が変わりました。

 

ムジカティーのアッサムCTCは、茶葉から甘い香りが立ち上り

紅茶に牛乳を注いだときの甘みも強く感じます。

 

プライドオブスリランカ

さわやかな酸味を感じる香りがあるミルクティー向き紅茶です!

 

最初に飲んだときは特徴がよくつかめなかったのですが、

ムジカティーの他の紅茶と飲み比べてみると

水色の赤みの強さや

牛乳を注いだときの赤みがかった美味しそうな色、

柑橘類っぽい酸っぱさや

植物らしいさわやかな青さを感じる香りに気づきました。

 

 

 

ムジカティーの堂島ブレックファーストについては

別の項目でのちほど感想を書いています。

 

ムジカティーで低価格帯のストレート向き紅茶

飲んだムジカティーの紅茶は画像入り 種類 渋みと味についての感想 価格 特徴とおすすめの飲み方
ムジカティーのおすすめ紅茶 モーニングブリーズ

渋みがやや強い。ヌワラエリヤや芦屋プラウドよりも渋みは出にくく飲みやすい。

ミルクティーにすると爽やかさが残る。

810 ストレートティー向き。ムジカティーの紅茶の中で特にリーズナブルな、日常的に楽しむための紅茶。

 

ムジカティーのモーニングブリーズについては

のんだ感想を別の項目で、後ほど書いています。

 

ムジカティーの飲み方や個性がはっきりしたブレンド紅茶

 

飲んだムジカティーの紅茶は画像入り 種類 産地 価格 特徴とおすすめの飲み方
ムジカティーのおすすめ紅茶 アフタヌーンブレンド ストレートでは渋みが強い。ミルクティーにすると飲みごたえがある 988 ミルクティー向け。濃い味が出る。お菓子といっしょに。
ムジカティーのおすすめ紅茶 芦屋プラウド

渋みが強い。ミントのようなスッとする爽快感や、草っぽい青い香りがある。ミルクティーにしても、甘さよりキレが強い。

 

1388 スリランカの紅茶のブレンド。水色の良さが特徴。ムジカティーが芦屋に移転した後、記念として発売された。浸出時間によって味わいが大きく変わる。

 

リンゴ1

▼このタイプの中で飲んだムジカティーの紅茶の感想です

アフタヌーンブレンド

甘みがあり濃い味のミルクティーになります。

強いクセを感じないので

お菓子の味をさまたげないお菓子のお供の紅茶です!

 

ムジカティーのアッサムCTCよりも甘みが控えめで

青臭さやスパイスのようなパンチのきいた香りや、

ウバで見られるミントのようなスッとする爽快感もありません。

 

はじめは

おいしいけど感想を書きにくいなと思っていましたが

なんどかお菓子とともにいただいていて

それがムジカティーのアフタヌーンブレンドの特徴かもと

思うようになりました。

 

ムジカティーのアフタヌーンブレンドは

幅広いお菓子と組みわせて、お菓子を美味しくしそうな紅茶です。

 

 

芦屋プラウド

茶葉をポットに入れっぱなしにして、時間の経過による変化を楽しめる。

浸出時間によって個性が大きく変わる紅茶。パンチがきいた味。

 

浸出時間や茶葉の量を調節すれば

ストレート用にもミルクティー用にもなるところは

ムジカティーのモーニングブリーズと似ていますが

芦屋プラウドはさらにパンチがきいた香りと強い渋みを感じました。

ぜんたいてきにウバの、スッとするミントのような爽快感が目立ちます。

 

 

ムジカティーの産地ごとの特徴を楽しむ紅茶

 

【ストレートでいただいておいしい繊細で香り高いタイプ】

飲んだムジカティーの紅茶は画像入り 種類 渋みと味についての感想 価格 特徴とおすすめの飲み方
ムジカティーのおすすめ紅茶 ヌワラエリヤ

購入した中で特に強い渋みが出やすかった。

熱湯でいれると、口に入れた瞬間感じる刺すような渋みと苦味を感じた。青い香りがあり爽やか。

988 淡い水色と繊細な香り、渋みを持つスリランカの紅茶。ストレートティー向き。
  カーカスウォード   1388 形状が大きめのブロークオレンジペコーとなっている紅茶。甘く香りがある。ムジカティーのデラックスディンブラと同じく、ディンブラ地方の紅茶だが、デラックスディンブラより茶葉が大きい。
ムジカティーのオススメ紅茶 カトマンズフレグランス 渋みはやや強い。熱いうちはあまり気にならないが、冷めたり浸出時間が長くなって濃くなると渋みを強く感じた。 1388 ムジカティーが販売するネパールの紅茶。ダージリンと近い産地で作られるため、ダージリンと似ている。甘い香り、草のような爽やかな香りの素朴な紅茶。
ムジカティーのおすすめ紅茶 デラックスダージリン 渋みはやや強い。熱いうちはあまり気にならないが、冷めたり浸出時間が長くなって濃くなると渋みを強く感じた。 1388 ヒマラヤ山脈のダージリン地方で生産される紅茶。独特の香り。ムジカティーの定番紅茶。
  シッキム   2198 インドのシッキム州、テミ茶園で生産される、ダージリンと似た香りのある紅茶。ムジカティーの中では価格が高いが、ムジカティーのシッキム紅茶は、比較的リーズナブル。

 

 

【ミルクティーにも向くタイプ】

飲んだムジカティーの紅茶は画像入り 種類 産地 価格 特徴とおすすめの飲み方
ムジカティーのおすすめ紅茶 デラックスディンブラ ストレートだとやや渋みが強くなりやすい。ミルクティーにするとクセがなく飲みやすくなる。 1042 ミルクティー向き。スリランカの標高が高い地域で生産される紅茶の中で、1番コクがある。ムジカティーが販売するカーカスウォードもディンブラ地方の紅茶だが、カーカスウォードより茶葉が細かい。
  ラグジュアリーセイロン   1042 ムジカティーが販売する、スリランカ紅茶のブレンドティー。香り高い、スリランカの標高が高い地域で生産された紅茶のブレンド。ストレート、ミルクティーともに向く。
ムジカティーのおすすめ紅茶 キーマン 渋くなりにくい。烏龍茶と似た紅茶の中では独特の味だった。 1157 香ばしく深いコクのある、独特な紅茶。渋みが少ない。
  ニルギリ   1042 南インドで生産される紅茶。スリランカの紅茶と似た香味。クセがなくあっさりした紅茶。水色が良い。

 

 

【ミルクティーに向くタイプ】

飲んだムジカティーの紅茶は画像入り 種類 産地 価格 特徴とおすすめの飲み方
  アッサムオレンジペコー   1388 ミルクティー向き。濃い水色と強い渋みが特徴。ムジカティーのアッサムCTCタイプとは、香りや個性の出方が違う。
  サバラガムワ   988  ムジカティーが販売する、スリランカの低地で生産された紅茶。麦芽糖と似た甘い香り。濃い味のミルクティーに。
ムジカティーのおすすめ紅茶 アフリカンジョイ CTC 渋みはややある。濃くなりやすい茶葉の形のわりに、ストレートでも飲みやすく、ミルクティーでは甘みがある。 810 ムジカティーが販売するケニアの紅茶。バランスの取れた味わいと、水色の良さが特徴。煮出して作るミルクティーやアイスティーに向く。
  スターオブベンガル CTC   810 ムジカティーが販売する、バングラディシュの紅茶

 

 

ヌワラエリヤ

淡くて明るい水色と青臭さのある香り。緑茶っぽい。

ムジカティーのヌワラエリヤらしさを出したモーニングブリーズや芦屋プラウドと比べて、美味しくいれるのが難しかった。

 

ほどよい加減でいれると

甘酸っぱさや青い葉っぱのような清々しい香りがあり

発酵によって香りが複雑になった緑茶のような味を楽しめました。

 

グラグラにわいた熱湯でいれたり

浸出時間を長くしすぎたりすると強い苦味、渋みが出て

ほどよい味に入れられるまで何度か失敗しました。

ムジカティーの紅茶の中では、美味しくいれるのに

慣れが必要なお茶かもしれません。

 

 

カトマンズフレグランス

ムジカティーのデラックスダージリンと似た香りを持ち

植物の葉らしい青さがある爽やかな紅茶。

 

茶葉からふかしたかぼちゃのような素朴な甘さが漂ってくる紅茶です。

いれると青い草や花やマスカットのような香りが立ちます。

ムジカティーの紅茶は値段から想像したより

香りがよくてびっくりするものがあって

カトマンズフレグランスもそのひとつです。

 

 

デラックスダージリン

上品な香りとさっぱりした味のダージリン

 

茶葉は醤油でにつけたかぼちゃのような

甘さが強く香ばしい素朴な香りでした。

お湯を注ぐと印象が変わって、お香のような上品な香りになりました。

 

味は甘みも渋みも軽めであっさりしています。

ムジカティーのダージリンは

たくさん飲んで飽きないダージリンです!

 

 

デラックスディンブラ

ストレートで飲むと酸を感じる

香りと植物らしい青さがありパンチが効いた味。

ミルクティーにするとオーソドックスで強いクセがないミルクティーに。

 

ムジカティーのスリランカの紅茶

ヌワラエリヤやモーニングブリーズと比べると水色が濃く

味も濃くてパンチが効いていますが

ミルクティーにするとアッサムCTCやその他のミルクティー向け紅茶と比べて

強い特徴がなくマイルドな味になりました。

 

 

キーマン

烏龍茶を思い出す後味と、濃い水色と香ばしさと甘さのある紅茶。

 

黒みがかった濃い水色や、渋みの少なさが特徴です。

私は美味しくいれるのに手こずって、えぐくなったり

薄くなったりしてなかなか美味しく飲めませんでした。

ほどよい加減で入ると、甘い花のような香りや、黒砂糖を溶かしたような香ばしさがあります。

 

 

アッサムオレンジペコー

濃さを調節するとストレートで良い香り。アッサムCTCより甘さ控えめで複雑な香り!

 

ムジカティーのアッサムCTCが穀物やさつまいもっぽい

分かりやすく濃い甘さのある紅茶だったのにたいして

アッサムオレンジペコーは、より香りが複雑で甘さは控えめです。

ミルクティーにするなら

ムジカティーの他の茶葉が美味しく感じましたが

ストレートでいただくならアッサムオレンジペコーが美味しかったです。

 

 

アフリカンジョイ

オーソドックスな紅茶。

甘みがあってミルクティーと相性がよく、水色が鮮やか。

ストレートでもミルクティーでも飲みやすい紅茶

 

アッサムCTCより軽い味わいで

ストレートでいれると爽やかな植物の葉らしい青みを感じる香りがあります。

ミルクを注ぐと、ムジカティーのアッサムCTCやアフタヌーンブレンドより

軽い味わいです。オーソドックスで低価格な、美味しい紅茶でした。

 

 

 

ムジカティーのフレーバーティー

飲んだムジカティーの紅茶は画像入り 種類 産地 価格 特徴とおすすめの飲み方
  アップルフレーバード   1157 アイスティーにもホットにも向くリンゴの香りのお茶
  オリエンタルブレンド(アールグレイ)   1504 古典的なレシピのアールグレイ。やや燻したようなけむりの香りがある。
  ジャスミン   1157 ストレートでもミルクティーにも向く、ムジカティーのオリジナルジャスミンティー
  ライチ   1152  
  ラプサンスーチョン   1157 松の燻製の香りが特徴のフレーバーティー。
ムジカティーのおすすめ紅茶 ローズコングー    1157 中国の紅茶をベースにバラの花びらを混ぜたフレーバーティー。

 

 

 

 

 

リンゴ1

▼このタイプの中で飲んだムジカティーの紅茶の感想です

 

ローズコングー

バラの甘酸っぱい香りが再現されていました

 

嗅いだことがあるバラの香りに予想外に近くおどろきました。

草花のような香りも加わって、生の花のよう。

冬に花が咲かなくなって、バラの甘い香りが恋しくなったときに良さそうです。

ムジカティーの他のフレーバティーも飲んでみたくなる香りでした!

 

 

 

ムジカティーでのお買い物で迷ったときのおすすめ。まずはこの2種類

 

ムジカティーで販売している紅茶の種類を見て

たくさんあって迷ったときは

低価格帯の日常紅茶がおすすめです

 

やさしい味で飲みやすく、値段もお手頃なのは以下の2種類です。

 

 

堂島ブレックファースト

リーズナブルで優しい味わい。入れ方が難しくない、毎日飲む紅茶としてぴったりのミルクティーに合うブレンドです!

 

アッサムCTCは、甘みも渋みも強くパンチがきいているのに対して、堂島ブレックファーストは、アッサムCTCよりも甘さはすっきり、渋みも弱めの優しい味わいです。

植物の葉らしい爽やかな青臭さや、シソやスパイスを思わせる香りを感じました。

 

ムジカティーの堂島ブレックファーストの感想

画質がいまいちでわかりにくいですが

オレンジペコー(サイズが大きい茶葉)より細かい

中挽きのコーヒーのようなサイズの茶葉です。

 

ムジカティーの堂島ブレックファーストの感想

茶葉にお湯を注ぎかけた瞬間から、ふかし芋のような甘い香りが立ち上ります。

ミルクと合いそうな甘い香りですが、浸出時間3分くらいで薄めにいれるとストレートでも美味しくいただけました。

ムジカティーの堂島ブレックファーストの感想

少なめのお湯で5分くらいかけてじっくり蒸らすと

コーヒーのように濃い色の紅茶になり

ミルクを注いで丁度よくなります。

ムジカティーの堂島ブレックファーストの感想

個人的には、毎日のおやつや朝ごはんのお供に

たっぷり飲みたい味わいです。

飲みやすい味なので、ムジカティーで何種類も茶葉を購入した中で、一番はやく、購入した茶葉を使い切りました。

 

 

【堂島ブレックファーストについてのまとめ】

 

ムジカティーの堂島ブレックファーストは、

毎日気兼ねなく飲める紅茶として開発されたブレンド。

こんな紅茶を求めている方にオススメです。

 

・毎日飲んでもお財布に優しい価格

・ジャンピングやお湯の温度など、入れ方について細かいところまで神経を使わなくても美味しく飲める、難しくない紅茶

 

 

 

モーニングブリーズ

茶葉の量や浸出の時間によって、淡い水色のストレート向きの紅茶から

渋みと軽いコクのある爽やかなミルクティーにもなる紅茶です!

 

ムジカティー堂島ブレックファーストと比べて

水色が淡く赤みがかっていて鮮やか。

浸出時間が3分程度だと、オレンジ系のやや淡い水色と

あっさりした味になり、浸出時間が5分くらいで茶葉多めで濃くいれると

渋みとスリランカの紅茶らしい爽やかな香りと酸を感じる

ミルクティーにも合う紅茶になります。

ムジカティーのヌワラエリヤより美味しい飲み方の幅が広く、

いれるのが簡単です。

 

 

通販で購入できるお店

ムジカティーの紅茶は、楽天やamazonやyahooショッピングで販売されています。

ここでは、私が利用したことがあり安心してオススメできる、楽天市場のお店を紹介しますね。

 

 

ムジカティーの紅茶を買えるお店>>

ムジカティーの紅茶取扱店【アドキッチン】

上記リンクをクリックすると、楽天市場のムジカティー取扱店へ移動します。

 

 

リンゴ1

以上、ムジカティーのオススメ紅茶の案内です。さいごに、ムジカティーについてお店の特徴や、お店のコンセプトについてまとめました。 

 

お店のコンセプトや、ムジカティーがどんな紅茶を中心に扱っているか知っておくと、紅茶を選びやすいと思います^^

 

ムジカティーとは

 

ムジカティーは、日本ではじめて紅茶のポットサービスを始めた

紅茶専門店の草分け的存在で、紅茶好きにとっての

「紅茶の聖地」と呼ばれています。

 

ムジカティーは、インド、スリランカ、アフリカなどの紅茶の産地から

他の企業を通すことなく、独自のルートで直接茶葉を輸入し、

茶葉の販売を行っているほか

兵庫の芦屋で喫茶店を営業し菓子や紅茶を提供しています。

 

お店の方針は、「日常的に紅茶を飲む習慣を広げること」

 

ムジカティーで販売している紅茶は

2020年の時点で100グラム1000円未満のラインナップが豊富で

日常で飲めるリーズナブルな紅茶が充実しています。

 

 

リンゴ1

ムジカティーの紅茶は価格帯のわりに美味しく、種類が多くそれぞれ個性があるので、ついいろいろ買い込んでしまいました。このページのムジカティーの紅茶レビューには、これからも増やしていく予定です^^