ムジカティーのデラックスディンブラを飲んでみました。

 

ムジカティーのデラックスディンブラは

はじめて飲んだとき、ローズヒップティーを思い出す赤い色と

かすかな酸味と植物の葉らしい青い香り

渋みと甘みがある紅茶だなと感じました。

 

ムジカティーで購入したアッサムやダージリンが

甘く濃い香りの紅茶だったのに対して

デラックスディンブラは青みのある香りの、清々しい紅茶です。

 

 

デラックスディンブラの特徴を一言でいうと

とにかく色がきれい!

 

ムジカティーのデラックスディンブラを

入れた紅茶をご覧ください。

 

ムジカティーのデラックスディンブラ

茶葉5グラムにつき熱湯300ミリリットル

浸出時間3分でいれたところ。

 

ムジカティーのデラックスディンブラを飲んだ感想

若干茶色がかった赤色。鮮やかです。

カップの縁に黄色から赤の濃淡ができています。

 

 

モーニングブリーズやリプトンの青缶より水色や味が濃く

ルフナやアッサムより赤色が鮮やかで、甘さは控えめです。

 

ストレートで飲むと植物の葉らしい青臭さと

赤いバラのポプリのような甘い香り、

オレンジやレモンのような酸を感じる香りがあります。

ムジカティーのヌワラエリヤよりもパンチがきいた濃い味と感じました。

 

 

牛乳を注いでみます。

ムジカティーのデラックスディンブラを飲んでみた

色は牛乳を注いでも薄くぼやけることがなく

赤みが残っておいしそうです。

カメラの設定が良くなくグレーがかってしまいましたが

実物はもっと美味しそうな色だと思ってくださいね。

 

味については、

ウバのミルクティーのような爽やかさと

アッサムのミルクティーのような濃い甘い味の中間的な味です。

 

ミルクティーにすると突出した特徴がなく、

どうやって表現しようか迷いました。

 

リンゴ1

はっきりしないレビュになって、公開しようか迷ったくらいです。

どうもディンブラはバランスが良い紅茶らしく

レビューが書きづらいのも仕方がなかったのかも。

よほど口に合わなかったり、変わった香りがある方が感想は書きやすいものですよね

 

ディンブラはバランスが取れた味わいの紅茶で、

オーソドックスな味わいと言われています。

 

ディンブラと同じくスリランカの紅茶である

ウバ、ヌワラエリヤ、ルフナは

爽快な渋みやミントのような個性的な香りが強かったり

水色が淡く軽く爽やかな味わいだったり

甘みが濃く水色が黒みがかっていたりします。

いずれも突出した個性を持つ紅茶です。

 

 

それに対してディンブラは、バランスがとれた味わいで

ミルクティー、ストレート、アイスティー、いずれの飲み方でも対応できる優等生。

 

ムジカティーのデラックスディンブラは、

まさにそのとおりといった紅茶です。