ムジカティーのキームン紅茶の特徴

ムジカティーのキームン紅茶を飲んでみて、

お買物前や入れ方で困ったときに向けて感想をまとめました。

 

ムジカティーのキームン紅茶は、

入れ方によっては

すっぱくてエグくて非常にまずいお茶になりました。

 

入れ方によってぜんぜん違うと知らなかったら

いれるのを諦めていたかもしれません。

 

どうやらムジカティーのキームン紅茶は

インドやスリランカの紅茶とは渋みや苦味の出方が違うらしく

おいしく飲めるまで何度か失敗しています。

 

リンゴ1

それでは、ムジカティーのキームン紅茶の

おいしく飲めるまでの感想と過程についてのレポートに入ります!

 

ムジカティーのキームン紅茶の感想

まずは何度か入れて加減が分かって

美味しく飲めるようになってからの感想をまとめます。

 

まずは茶葉をご覧ください。

ムジカティーのキームン紅茶の感想

砕けた茶葉が少ない、黒みが強い茶葉です。

ほんのわずかに木が焦げたような香り(おそらくこれがスモーキーと呼ばれている香り)

黒砂糖のような香ばしい甘い香りや、少しだけ酸っぱさも感じます。

 

中国の紅茶では、

トワイニングのプリンスオブウェールズを飲んだことがありますが

 

ムジカティーのキームン紅茶は

トワイニングのプリンスオブウェールズの

クオリティ缶よりも酸っぱさはなく甘さが際立つ、優しい香りです。

 

また、トワイニングのプリンスオブウェールズの

クオリティではない200グラム入りの缶入り茶葉より

ムジカティーのキームン紅茶は甘い香りを感じます。

 

次に、入れた見た様子です。

2つのポットで、濃度を変えて同時にいれてみます。

 

1つのポットは

ムジカティーのキームン紅茶の茶葉

6グラムに対して300ミリリットルのお湯。

 

2つめのポットは

ムジカティーのキームン紅茶の茶葉

6グラムに対して170ミリリットルのお湯を注ぎます。

 

ポットはどちらもあらかじめ温めておき、

お湯の温度はどちらも、グラグラに沸騰して泡が

100円硬化のように大きくなる前の

沸騰しはじめのやや温度が低いお湯を使います。

(完全に湧いた熱湯で入れたら酸っぱさやえぐさを感じたので)

ムジカティーのキームン紅茶の感想

写真は3分経過したところ。味として少量をカップに注ぎました。

この時点では飲めるくらいの味ですがどちらも薄味です。

 

ムジカティーのキームン紅茶

この写真は5分経過したところ。

実は3分経過した時点のお茶を味見している間に

一番美味しく感じるポイントを少し過ぎてしまって

あわててカップに注ぎました。

 

左が、茶葉6グラムで300ミリリットルのお湯をいれたキームン。

やや色が明るいですが、赤みと黒みがかった濃い色合いです。

ほのかに甘く、薄く感じるくらいの味です。

 

右が、茶葉6グラムで170ミリリットルのお湯をいれたキームン。

左より色が濃いですが、意外なほど渋みがありません。

牛乳をいれると薄くなりそうなくらい、優しい味です。

こちらのほうがお茶として美味しく感じるくらいでした。

 

 

濃さの違いこそありますが

どちらのムジカティーのキームン紅茶も

黒砂糖を薄く溶かしたような香ばしさと甘さがあり

温かいうちは古い木が焦げたような香りはほとんど感じませんでした。

 

 

香りとしては、スモーキーでも甘さでもない

花のような香りもありましたが、嗅いだことのない花だと思うので

詳しい表現は控えます。

バラでもジャスミンでもないとは感じました。

 

上質なキームン紅茶は、蘭や糖蜜の香りがすると聞くので

これが蘭の香りなのかもしれません。

 

 

 

冷めてくると、やや焦げたような香りが立ってきて

ほうれん草の茹で汁のようなエグミを感じるにおいが出てきます。

 

個人的には浸出時間は4分から5分の間がベストです。

 

 

 

 

美味しく飲めるようになるまで何度か失敗したので、

失敗の様子も書きました。

 

 

ムジカティーのキームン紅茶の入れ方で失敗だった入れ方

 

 

ムジカティーのキームン紅茶は

スリランカやインドの紅茶のような

感覚でいれるとイマイチ美味しいと思えず

何度か失敗しました。

 

開封後初めての味見は

茶葉6グラムに対して沸騰しきった熱湯320ミリリットルを注ぎ

浸出時間は5分としました。

 

ダージリンのオレンジペコーの感覚で

時間を決めたのが合わなかったようで

渋みは弱いものの、酸っぱくて、安価な水出し烏龍茶を

長時間つけすぎたような嫌な味が出てしまいました。

 

キームン紅茶は渋みが弱いことが特徴ですが、入れ方が良くないと

他の嫌な味が出てしまうようです。

おいしくない。

 

そこで2回目、3回目と、中国でのお茶の入れ方にならって

ムジカティーのキーマン紅茶の茶葉を

熱湯にくぐらせる洗茶というプロセスを行ってアクを抜いたり

浸出時間を減らしたりといろいろしましたが

 

洗茶をすると味や香りが薄くなり

浸出時間を減らすと味が薄くなりすぎ

いずれも美味しいと思えませんでした。

 

結局、一般的な紅茶としての入れ方で美味しく飲めることに気づきました。

グラグラに湧いた熱湯を使ったり、

浸出時間が長くなりすぎると酸っぱさが出る傾向がある気がしますが

加減が分かると渋みがなく、黒砂糖のような甘さと香ばしさのある

美味しい紅茶になりました。

 

リンゴ1

そう。ムジカティーは中国茶のお店ではなくて紅茶やさんですからね

 

ここで試している入れ方は、これが正しいというのではなく

ひとりの紅茶好きによるひとつの例と思ってくださいね。

 

入れ方でぜんぜん違うので

もしムジカティーのキームン紅茶を買ってみて

エグいし酸っぱいしおいしくないと感じていたら

お湯の温度を下げたり、茶葉を増やして浸出時間を減らしたりなど

美味しくいれる方法があると思います!