プロシュートと生ハム、違いがまぎらわしいって思いませんか。

食材の情報はネットで簡単に手に入りますが、私は調べるのに手こずりました。

料理の学校が監修してる辞典が数冊手元にあると、断然、ラクになると思います。

リンゴ1

仕事じゃないし、プロシュートと生ハム限定で知りたいだけなんだ。って方なら記事を読んでみてください。プロシュートを食べた感想とともに、違いをまとめています。

※仕事で食材を扱う方だったら、後ほどタイトルをお伝えする本を手にとってもらいたいです。簡潔にまとまってて、調べごとが超ー楽ですよ!

 

プロシュートの中に、加熱ハム・生ハム・スモークが含まれる

プロシュート(prosciutto)とはイタリア語で、ハムのこと。素材には主に豚のもも肉が使われます。

プロシュートの種類

・プロシュート・アッフミカート……スモークしたハム。

・プロシュート・クルード……加熱せずに作ったハム。日本でいう生ハム。

・プロシュート・コット……加熱して作ったハム。

 

プロシュート・クルードと呼ばれている生ハムは、燻製しているアッフミカートと区別されています。

 

生ハムとプロシュートの違い

プロシュートはイタリア語、生ハムは日本で使われる言葉です。

生ハムは生(日本語)ham(英語)で、日本語と英語がミックスされた言葉。

日本では、豚の塊肉を形を整え、塩漬け、燻製、加熱せずに仕上げた加工品が生ハムと呼ばれています。

ただ、生ハムという言葉の意味はずいぶんあいまい

日本で使われている生ハムという呼び名には、厳密な定義はないようです。

生ハムは、日本では食品衛生法でもJAS規格にも定められていない、通称と言われています。

 

プロシュートと生ハムについて参考にした本※

完全改訂版 マルシェ 食材大図鑑 辻調理師専門学校監修 講談社

イタリア料理基本用語 辻調理師専門学校監修 近藤乃里子 合田達子 正戸あゆみ 著

 

生ハムについて参考にしたサイト※

生ハムとは 一般社団法人日本生ハム協会

プロシュートを食べてみたよ

プロシュートと生ハムの違い。

こちらはプロシュート・クルード。成城石井で購入。

塩味を感じる、淡白な生ハムでした。

脂身は少なく、赤身のねっとりした歯ざわりです。

プロシュートクルードを、他の生ハムと見比べてみてください。

プロシュートと生ハムの違い。

写真上が、プロシュートクルード。(一番あっさり味)

写真下の左側が、コッパ。(脂身が入ってて、スパイスっぽいクセがある)

写真下の右側が、ミラノサラミ。(噛むと脂がじゅっとしみてこってり味)

どれもお店で「生ハム、生ハム類」と呼ばれて販売されていますが、見た目だけでもずいぶん違いますよね。

リンゴ1

では、まとめに入ります!

プロシュートは、イタリア語でいうハムのこと。主に豚のもも肉を使います。

生ハムは、日本でいう製造工程で加熱しないハムのこと。

プロシュートのほうが、より国籍や部位を限定。

生ハムという広い範囲の食品を指す言葉の中に、プロシュートが含まれています。