苦いチョコを甘くする方法を画像つきで紹介。

健康にいいハイカカオチョコレート。カカオ分70パーセント以上ある製品が販売されていますね。

ポリフェノールをとるために、食べてみたら。

リンゴ3

このチョコレート、苦い

って思いませんか。

そこでここでは、苦いチョコを甘くする方法を紹介します。

 

苦いチョコを甘くする簡単な方法は、ホットチョコレート

苦いチョコを甘くするなら、牛乳や豆乳で溶かしてホットチョコレートにするのが簡単です。

牛乳そのものの甘みや豆乳の味わいで、砂糖をたさなくてもチョコレートの苦味が和らげられて、甘く感じるかもしれません。

リンゴ1

私はほろ苦いハイカカオチョコレートを牛乳で溶かすと、甘く感じます!

ホットチョコレートを作るときは、少しだけ手間をかけると美味しく、なめらかなホットチョコレートを楽しめます。

ホットチョコレートで苦いチョコを甘く美味しく食べる方法

ほろ苦いチョコの写真。

この記事で使用するのは、成城石井のカカオ分80パーセントのクーベルチュールチョコレート。

薄いコイン状で溶けやすい形になっています。

リンゴ1

手元にある苦いチョコレートがブロックだったら、刻んでお使いください♪[/cha

苦いチョコレートで作るホットチョコレートの材料。

材料は、チョコレート25グラムと、牛乳120ミリリットル。

リンゴ1

温めた牛乳に、直接チョコレートを入れてかき混ぜたら出来上がり……ではないんです。ちょっとガマンして手間をかけてくださいね。

ホットチョコレートを作るには、まずは、チョコレートと同じ重量くらいの牛乳を加えて、クリーム状にしてください。

固形のチョコレートをいきなり熱い牛乳に入れて混ぜると、なかなかなめらかに溶けません。

 

下の写真は、温めた牛乳をチョコレートに入れたところ。

苦いチョコを甘くする方法。

下の写真は、溶かしてクリーム状にしたところ。

苦いチョコレートを甘くする方法。

リンゴ1

溶けないときは、電子レンジで温めるか、湯煎で温めてください。電子レンジは、5秒~10秒くらい温めたら様子を見てみて。電子レンジで温めすぎると、チョコレートがコゲたようになります!

苦いチョコレートをお砂糖をたさずに甘くする方法。

なめらかにクリーム状になったら、混ぜながら、温めた牛乳を少しずつ足して溶かしていきます。

シャワシャワになったら、一気に牛乳を入れても大丈夫。

下の写真が、全部の牛乳を足したところです。

砂糖をたさずに苦いチョコを甘くする。

リンゴ1

これでホットチョコレートの出来上がり。この時点でぬるくなってたら、レンジかお鍋で温めて!……面倒って聞こえそうですけど、手抜きするとチョコが牛乳にうまく溶けないんです。

苦いチョコもホットチョコレートなら甘く感じるかも。

カカオ分が高いチョコレートでホットチョコレートを作ると、純ココアを使ったようにほろ苦い、大人な味になります。

どうしても苦かったら、お砂糖かハチミツを足して召し上がれ。

ホットチョコレートならすでに液体になってるので、味を変えるのも簡単です♪

 

リンゴ3

他にも紹介したかったんですけど、お砂糖をたさずに苦いチョコを甘くするなら、牛乳か豆乳で溶かしちゃうのがいちばん、簡単だと思ってます。

苦いチョコレートを甘くするのに、健康度外視でいいなら他にもいろいろあります。

生チョコにしてハチミツを足す。お砂糖を足してガトーショコラを作る。

って手もあるんです。

……けど、砂糖をとりたくないからハイカカオチョコが苦いって言ってる人が多いと思うんですよね。

もし、砂糖を取らずに甘いチョコレートを食べたいな、って思われてたら、ロカボチョコレートを買うって方法もありますよ♪