日東紅茶のアッサムブレ日東紅茶を飲んだ感想アッサムブレンドこく味のある紅茶ンド、こく味のある紅茶を

同じく日東紅茶のロイヤルミルクティーブレンドと飲み比べて

味を確かめてみました。

 

この2種類はともに

日東紅茶の袋入り茶葉でミルクティーにおすすめされている紅茶。

何が違うのかな、おいしいのかな、と思ったときに向けて

情報をまとめました。

 

日東紅茶のこく味のある紅茶を飲んだ感想

日東紅茶のこく味のある紅茶を飲んだ口コミ感想

まずは茶葉をご覧ください。

日東紅茶のこく味のある紅茶は

粒状のCTC紅茶(専用の機械でチャノキの葉を粒状の茶葉に加工した紅茶)

ではなく棒状の茶葉となっています。

 

濃い色、濃い味に入りやすいのはCTC紅茶ですが

茶葉の個性が出やすいのはCTC紅茶ではない茶葉のほうです。

 

日東紅茶のこく味のある紅茶の茶葉にカメラを寄せてみます。

カメラの設定の関係で全体に色が白くなっていますが

実物は赤みがやや鮮やかで黒さが濃くなっています。

日東紅茶のこく味のある紅茶を飲んだ口コミ感想

 

チャノキの新芽らしき、色の淡い葉も入っていて

いびつな粒状の茶葉もブレンドされています。

タイプの違う紅茶がブレンドされているのですね。

 

ロイヤルミルクティーブレンドの茶葉との違いは一目瞭然。

日東紅茶のこく味のある紅茶を飲んだ口コミ感想

 

このように見た目はかなり違う茶葉ですが

いれたあとの色の違いは意外と似ています。

 

いれたあとの紅茶をご覧ください。

 

ともに茶葉3グラム

熱湯100ミリリットルで

3分浸出したところ。

できるだけ条件を揃えて浸出しました。

日東紅茶のこく味のある紅茶を飲んだ口コミ感想

左 日東紅茶こく味のある紅茶

右 ロイヤルミルクティーブレンド

 

右のほうが紅茶の色が黒みがかっていますね。

赤色の鮮やかさは、こく味のある紅茶のほうに軍配が上がります。

 

味は日東紅茶のこく味のある紅茶が

やや葉っぱらしい青い香りを感じ

苦味はロイヤルミルクティーブレンドより弱く感じました。

 

ロイヤルミルクティーブレンドは

青い香りがなく濃い苦味を感じました。

 

そこにミルクを注いでみます。

さきほどの器に大さじ2杯の牛乳をいれたところ。

器の配置と紅茶の種類はさきほどと同様です。

日東紅茶のこく味のある紅茶を飲んだ口コミ感想

こく味のある紅茶は、ミルクティーにしても

葉っぱらしい青みのある香りがうっすらと残り

ロイヤルミルクティーブレンドは濃い味、甘さを感じました。

 

爽やかさがあるのが、こく味のある紅茶。

濃く甘く植物らしい青臭みを感じないのが

ロイヤルミルクティーブレンドです。

 

 

美味しいかと言われたら

 

日東紅茶のこく味のある紅茶が美味しいかと言われたら

ミルクティー向けで濃い味になり

なおかつ植物らしい青臭さもややある味が苦手だと

美味しく感じないと思います。

 

そこは人それぞれ好みがあるので、

私の好みやオンラインショップで見かけた口コミの多数決だけでは

こく味のある紅茶が、美味しいかどうかはなんともいえません。

 

もう少しはっきりした答えがあったらいいなと思いながら

このサイトのあちこちで書いているのですが、

値段が高くないので、気になったらぜひ一度のんでみてください!

 

 

それをお伝えした上で私の好みだけを書くと

このタイプの、ストレートでもコクがあり

牛乳と相性がいいタイプのアッサムブレンドの紅茶なら

価格帯はやや上がりますが

他のお店で好きな紅茶を見つけているので

 

金欠にならない限り日東紅茶のアッサムブレンド

こく味のある紅茶を買うことはないと思います。

 

これって本当に好みだけの問題ですから

気になっていたらぜひ、飲んで味見してみてくださいね^^