龍眼蜂蜜2種。手前の背が低いビンが、ラベイユの龍眼はちみつ。奥の背が高いほうが、薬蜜本舗の龍眼はちみつ。

龍眼蜂蜜を食べてみて、とても気に入ったので龍眼蜂蜜についてまとめました。

味についての感想も紹介しています。

龍眼はちみつとは、リュウガンや、ロンガンとも呼ばれる、スーパーではあまりお目にかからないフルーツのはちみつ。

美容にもいいはちみつです。

 

 

龍眼とは

 

まず龍眼とは、リュウガンや、ロンガンとも呼ばれるフルーツです。

龍眼の木は、ムクロジ科、ムクロジ属の植物。

 

アジアンフルーツとして有名なライチは、龍眼と同じくムクロジ科の植物です。

大まかには同じグループに属しているだけあって、龍眼とライチは、似たところがあります。

 

龍眼の果実は、茶色の皮に、ジューシーなゼリー状の白い果肉、中央にある大きな種が特徴です。

 

リンゴ1

最近、【アールグレイグランドクラシック】という、龍眼の香りを再現したお茶を飲みました。確かにライチの香りとそっくりで、ライチの香りかな、と思ったくらい・・・

 

このようにライチと似ている龍眼ですが、龍眼はより種が大きく、食べられる部分は少なくなっています。

 

利用法としては、生の果実を食べる他に、ドライフルーツが使われています。

龍眼のドライフルーツの使いみちは、中国での料理の素材や、漢方として。

 

漢方薬としての龍眼は、滋養強壮の目的で利用され、不眠、貧血、産後、病気の後、胃腸に良いと言われています。

 

龍眼は果実そのものも漢方薬として利用されていますが、龍眼の花からとれるはちみつも、体に良いと言われています。

 

 

リンゴ1

味も、ちょっと漢方薬っぽい香りとクセを感じるはちみつでした

 

はちみつはどんな味と香り?

 

龍眼はちみつは、紅茶のアールグレイのような香りと表現されています。

 

たしかに、柑橘の皮とほろ苦そうな香りが混ざった、フルーツと紅茶が混ざったような香り。

 

龍眼はライチのような香りと言われており、一方のアールグレイはかんきつ類で香り付けした紅茶・・・

 

ちょっと、龍眼はちみつがアールグレイの香りだろうか? と言われたらわかりません。

 

リンゴ2

見た目は確かにお茶っぽい。

 

2種類の龍眼はちみつを、小皿にとってみました。

色はどちらも紅茶のような透明感のある茶色。

※左 薬蜜本舗の龍眼はちみつ 右 ラベイユの龍眼はちみつ

 

 

どちらも味は、漢方薬や正露丸っぽい、薬臭さをほんのりと感じるのが共通点。

甘くオレンジのマーマレードのような甘酸っぱさも感じました。

 

 

※メーカーによって味が違う

 

龍眼のはちみつは、メーカーによって味が違います。

 

はちみつは、採れた場所の環境や、養蜂家や販売店の品質管理の方法によっても、味が変わってくるデリケートな食品。

 

名前が同じ龍眼はちみつなら、どれでも同じではありません。

 

薬蜜本舗の龍眼はちみつ

柑橘の皮のような爽やかな香りとほろ苦さ。甘酸っぱい風味のはちみつです。

やや薬っぽさを感じますが、オレンジマーマレードのようなのようなフルーツの味わいを感じます。

メープルシロップのようなほろ苦い感じもします。

好みは分かれると思いますが、私はかなり好きな味でした。

 

 

ラベイユの龍眼はちみつ

 

薬蜜本舗の龍眼蜂蜜と比べて、フルーツっぽさは控えめに感じます。

こちらもほんのりメープルシロップのような感じ。

 

香りがよく、慣れ親しんだジャムやフルーツよりも香水に近い感じでの香りです。

味については、薬蜜本舗の龍眼はちみつのほうが食べやすいと感じました。

 

薬蜜本舗の龍眼はちみつのほうが、柑橘系のフルーツのような甘酸っぱさがあって、食べ慣れている食品と近かったです。

 

ほろ苦そうな香りと甘酸っぱさがマーマレードっぽいなと思って・・・

 

 

効果は?

 

龍眼蜂蜜は健康を意識して食べられているはちみつです。

お薬と違って病気を治す効果というのは、はっきり言えませんが、美容や健康に良いものと言われています。

 

 

【龍眼はちみつはこんな症状の対策に・こんな目的で食べられている】

 

  • アンチエイジング
  • 不眠
  • 造血
  • 健忘
  • めまい
  • 不安感の解消

 

 

 

 

龍眼はちみつは鉄分などのミネラルを豊富に含んでおり、精製されたグラニュー糖よりも栄養豊富です。

そのため肌のケアにも利用されており、美容に良いとも呼ばれています。

 

パックに使うと、保湿やシミ・そばかすの対策に良いそうです。

私はやってみましたが、1回や2回ではダメらしく、変化は感じられませんでした。

ただ、顔に塗ると甘い香りに包まれてとても癒やされます。

リラクゼーションには良さそうです。

 

 

リンゴ1

※健康に不安があるとき、病気の治療が必要な場合は医師に相談してください。

健康を意識して龍眼蜂蜜を食べる場合も、できれば専門家の栄養指導などを受けたり、相談したりするのが安心です。

 

 

食べ方/入手したらぜひ試して!

 

龍眼蜂蜜を入手したら、一度はヨーグルトにかけて食べてみてほしいです。

薬蜜本舗の龍眼はちみつは、プレーンヨーグルトにかけただけで、香りのおかげでアジアンスイーツのよう。

やや漢方っぽい独特の香りもありますが、特徴があるはちみつだけに、好きな方はとても気にいると思います。

 

 

アイスティーにもどうぞ。

ラベイユのはちみつは、濃い目にいれたアイスティーに混ぜると香りと甘みが飲み物にプラスされて、珍しいジュースのようです。

 

 

食べてみて味が気に入らなかったら?

 

龍眼蜂蜜は、特徴のある香りの蜂蜜です。

買ってみて苦手だったときは、食べるのが辛いと思います。

 

味が苦手なはちみつは、醤油や味噌などを使った濃い味つけの料理の隠し味にすると、食べやすくなることが多いです。

 

よほど香りが強い蜂蜜だと、料理に香りが残ってしまうこともあって困ることもありますが、どうしても苦手でも大丈夫。

 

はちみつは味や香りが苦手で食べられなくても、美容のケアに使えます。

食べない使い方でも有効利用できる食べ物なんです。

はちみつは、顔に塗るだけ、お風呂のお湯に入れるだけで、普段のスキンケアに使えます。

 

 

詳しくはこちらをクリック

>>ハチミツを美容に活かす使い方について このサイトの別の記事へ移動します

 

 

※この記事を書くとき参考にした本やサイト

 

ウィキペディア 龍眼 

 

日本はちみつマイスター協会

基礎講座テキスト

基礎講座レシピ集

(2018年改訂版)