スコーンのジャムにまつわる話題をまとめました。

スコーンにジャムとクリームを乗せる順番について

おすすめのジャムについて

好奇心を満たすスコーンの話とお腹を満たすジャムの話です。

 

スコーン論争。ジャムとクリームどっちが先か

パンとビスケットの中間のような食べ物、スコーン。

発祥地のイギリスでは、ジャムやクロテッドクリームとともに

ティータイムに欠かせない存在です。

 

人々の愛着のあらわれか

「スコーンに漬ける順番はジャムが先かクリームが先か」

論争の種になっています。

 

クロテッドクリームの産地デボン州では

「クリームが先。そっちが美味しい」

もうひとつのクロテッドクリームの産地コーンウォール州では

「ジャムが先!」

 

それぞれの州で譲れない食べ方があり、長年論争が続いています。

 

 

このスコーンにまつわる論争は

オフラインのみならずフェイスブックにも広がっていたそうで

その経緯をかいつまんで紹介します。

 

まずはこの写真をご覧ください。

 

※ツイッターから転載

 

イギリスコーンウォール州にある歴史的な邸宅のひとつ、

「ランハイドロック」がフェイスブックに掲載した写真です。

 

この何の問題もない美味しそうなスコーンの写真が

イギリスの地元の人々の反感を買い、相次ぐ抗議・・・

 

「クリームが先でしょ!」

 

 

ちょっとした騒動に発展し、

さきほどのスコーンの写真を掲載したランハイドロックが

謝罪する事態にまで至ったのだそうです。

 

しかも騒動の発端になったミスをおかしたランハイドロックのスタッフが

叱責と配転の処分を受けるという徹底ぶり。

 

 

何が問題だったといって

 

もともとデボン州では「クリームが先」

コーンウォール州では「ジャムが先」と

地域で根付いたスコーンの食べ方があって

どちらの州も「こっちの食べ方が美味しいんだ!」と

論争を続けていたところに

 

こともあろうにコーンウォール州のランハイドロックが

デボン州式に「クリームが先ジャムが後」のスコーンを

大々的に掲載してしまったのが問題だったのですね。

 

 

このように、スコーンにジャムをつける順番は

単にどちらが美味しいという問題を超えて

長年の伝統がからんでくる根が深い問題になってきます。

 

おいしいのはどっちだ

 

スコーンにジャムとクリームを乗せる順番については

紅茶専門店ティーズリンアン店主のブログ

素晴らしい結論が出されているので

その内容をかいつまんで紹介します。

 

 

リンアンではスタッフみんなで食べ比べて結論はジャムが先!

ただ、ジャムとクリームを乗せる順番はお好みで。

 

クリームのおいしさを優先して味わうなら、ジャムが先クリームが後。

ジャムを先に乗せることで、

スコーンとクリームをくっつける接着剤のような役割りをはたすため

クロテッドクリームがスコーンから転げ落ちずに済みます。

ジャムのおいしさを優先して味わうなら、クリームが先ジャムがあと。

優先して味わいたい方をあとで乗せましょう。

 

どちらの食べ方にしても、甘くないスコーンに

ジャムもクリームも薄く塗るのではなくたっぷり乗せて!

 

 

スコーンにおいしいおすすめのジャム

スコーンにおいしいおすすめのジャムは

たくさん食べ比べて好きな味を見つけてもらうのが楽しく

かつ美味しいジャムが見つかると思います。

 

食べ物の美味しさって調べるほどに人それぞれと身にしみて

ランキングなんておいそれと作れないんですよね。

 

 

そのうえで紹介したい、一回食べてみてほしいのがこちら!

 

>>romiyuni ジャム

 

フルーツがミックスされていたり

香り付けされていたり、ひとひねりあるジャムが揃っています。

 

手間をかけられるなら自分で作るのもおすすめです。

 

フルーツをミックスしたジャムや

スパイスやお酒でアクセントを付けたジャムのレシピが収録された

ジャムのレシピ本。

>>ジャムのお菓子

 

買えば有名ブランドのジャムや

高級フルーツを使ったジャムがたくさんありますが

時間をかけてつくるのも贅沢ですよ^^