セダニーニパスタについてまとめたよ。

業務スーパーで買ってみたパスタ「セダニーニ」について調べてみました。

「セダニーニって使い慣れたマカロニよりも、モチモチして使いにくいな」

「買ってみたけど茹で時間や合うレシピが分からない……」

そんな疑問があるときに読んでみてくださいね。

リンゴ1

私は茹で時間を間違って硬かったり、使い方が分からなくて困ってました。調べてスッキリした答えを、この記事でまとめています♪

セダニーニとは縞模様のパスタ

セダニーニは、やや太めで縞模様が入ったマカロニの一種です。

マカロニと同じ感覚で、いろいろな料理に使えます。

 

※この本を参考にしてまとめました

別冊家庭画報 一流シェフが手ほどきする人気のイタリアン・2 パスタ&ピッツァ 世界文化社

 

リンゴ1

といっても、私が買ったセダニーニは、日本のメーカーの茹で時間短めのマカロニとは大違い。

分厚くて、噛みごたえがあって、茹で時間を間違うととにかく、固いんです!

セダニーニの茹で時間は料理によって加減して

セダニーニの茹で時間は、まずはパッケージに書かれている情報を確かめてみてください。

ここで使っているセダニーニは、標準茹で時間10分

温かいパスタソースにからめると、ちょうどいい茹で時間でした。

 

リンゴ1

10分って使い慣れたスパゲッティより長い茹で時間。大丈夫かなって思ってたんです。が、勝手に時間を短くしたら、固くて粉っぽくて美味しくなかった! まずはパッケージ記載の湯で時間を守ってどうぞ♪

サラダにセダニーニを使うときのポイント

冷たいサラダにセダニーニを使うなら、長めの茹で時間がオススメです。

冷たくするとパスタが固く締まるため、温かいパスタ料理に使うときより柔らかめに茹でます。

セダニーニのサラダ。

セダニーニを使うと、だいぶ長く茹でても、モチモチで噛みごたえのあるサラダになりました。

リンゴ1

私は標準茹で時間の1.5倍でちょうどでした!アルデンテに茹であげると、固いサラダになると思います。

 

セダニーニはグラタンにも使えるよ

セダニーニのグラタン。

セダニーニはマカロニとしてグラタンにも使えます。

茹で時間は、パッケージ記載の茹で時間~1.5倍くらいの幅で加減してください。

私は標準の1.5倍の時間ゆでて、ちょうどよく食べられました。

リンゴ1

別茹でして、焼く直前にホワイトソースにからめると安心です! (ホワイトソースにいれていっしょに煮てしまうレシピもありますが、セダニーニは柔らかくなるか分からないので)

セダニーニをペンネを使うレシピに使ってみた。

セダニーニのパスタメニュー。

写真はトマトソースとベーコンのパスタ。ペンネを使うレシピを参考にして作りました。

見た目はもちろん、ペンネとは別物……なんですが、ぜんぜん違和感がありません。

この記事で使ったセダニーニは、肉厚でモチモチ、表面に溝があり穴が空いたパスタ。

以前食べたことがあるペンネの食感も、雰囲気はそんな感じでした。

リンゴ1

オイル多めのトマトソースがよくからんで、噛みごたえしっかり。

長いスパゲッティよりフォークで差して食べやすく、お腹もいっぱい。

美味しく食べられましたよ♪