テイラーズオブハロゲイトのヨークシャーティーとヨークシャーゴールドの感想

テイラーズオブハロゲイトの紅茶

ヨークシャーティーとヨークシャーゴールドを

両方取り寄せて飲み比べてみました。

 

テイラーズオブハロゲイトのヨークシャーティーとゴールドの違いを確認

 

まずは飲んだ感想から。

 

テイラーズオブハロゲイトのヨークシャーティーとヨークシャーゴールドを飲み比べる

こちらの袋はお試しサイズで、

メール便で届けてもらったヨークシャーティーとヨークシャーゴールドです。

 

2種類とも飲んでみたいので250グラムだと多く

ティーバックではなく袋入の茶葉がほしいなと探していたら

楽天市場でちょうどいいサイズを発見しました!

 

まずは茶葉をご覧ください。

テイラーズオブハロゲイトのヨークシャーティーとヨークシャーゴールドを飲み比べる

左 ヨークシャーゴールド・・・大きな茶葉が入っている。色も不揃い

右 ヨークシャーティー・・・コロコロした茶葉で色は左側よりも均一

 

右側のコロコロとしたごまのような茶葉は

CTCといって短い時間で濃い、しっかりした味になる茶葉です。

 

それに対して左側は、細かな茶葉も入っていますが、金色っぽい茶葉や大きめの茶葉が目立ちます。

 

ヨークシャーゴールドの茶葉をさらにアップでご覧ください。

形が分かりやすいように、紙の上で広げてみました。

 

点々と見える色が白っぽい、

肉眼では産毛に覆われ金色っぽい光沢がある茶葉は

これがゴールデンチップと呼ばれる、チャノキの葉の新芽でしょうか。

 

さらに拡大したいのですが、手持ちのカメラの機能ではピントが合わず

美しい産毛をお見せするのは断念しました。

 

ゴールデンチップは、それだけで飲むと紅茶らしい味わいが薄いそうですが、ブレンドされることで紅茶全体の味をまろやかにすると言われています。

 

茶葉から思うに、

 

濃い味のヨークシャーティー

まろやかで上品なヨークシャーゴールド

 

と味わいを想像しました。

入れてみたら予想が外れなかったのが嬉しいです。

 

 

では、できるだけ条件を揃えて2種類の紅茶をいれてみます。

片側だけ茶葉が入ってしまっているとおり

高い精度の比較ではありませんが、それでも違いは顕著!

テイラーズオブハロゲイトのヨークシャーティーとヨークシャーゴールドを飲み比べる

茶葉6グラムで熱湯200ミリリットル。

5分浸出したところ。

 

左がヨークシャーティーで

右がヨークシャーゴールドです。

下手な文字で目印のメモがついています。

 

見た目は、肉眼で見ても違いが分からず赤みが強い紅茶です。

わずかに左のほうが色が濃い気がしますが、

気のせいかも・・・

 

香りの違いをモニター越しに届けられないのが残念で

香りをかぐと違いがあります。

 

ヨークシャーティーはふかしたさつまいものような甘い香りに対し

ヨークシャーゴールドは植物の葉らしい青みを感じる香りがあります。

 

濃く入れてこのままではしぶすぎて味がわからなかったので

ストレートでの比較は省略します。

 

さきほど撮影した濃い紅茶、大さじ3杯に牛乳を大さじ2杯

同じ大きさのカップに注ぎました。

 

テイラーズオブハロゲイトのヨークシャーティーとヨークシャーゴールドを飲み比べる

配置は先ほどと同じ

左がヨークシャーティー、右がヨークシャーゴールドです。

 

飲んでみると違いがはっきりしていて楽しい比較になりました。

 

ヨークシャーティーは味がより濃く

甘みが強くて香ばしさがかすかにあり

乳製品の香りと合わさってキャラメルを思い出す味わいです。

 

もういっぽうのヨークシャーゴールドは

香りにやや葉っぱらしい青みがあり

味はヨークシャーティーと比べて甘さ控えめ

すっきりした味わいのミルクティーになりました。

 

どちらも、濃く入れた紅茶をストレートで味見したときの

舌がしびれるような渋みはなくなり甘みが出ています。

 

私はヨークシャーゴールド派ですがどちらもそれぞれ美味しいです。

どっちも飲んでみてよかったな。