トワイニングのビンテージダージリン

トワイニングのビンテージダージリンを飲んでみました。

ほかのダージリンの紅茶を飲み比べてみたら

違いが分かりやすくておもしろかったので

画像つきでレビューしてみます。

 

ビンテージダージリンを他の紅茶を飲み比べる

 

まずはお湯を注ぐ前の紅茶の茶葉からご覧ください。

 

トワイニングのビンテージダージリンとムジカとシルバーポットのダージリン

左から順番に

トワイニングのビンテージダージリン

ムジカティーのデラックスダージリン

シルバーポットの2019年ダージリンセカンドフラッシュシンブリ茶園 

 

モニターの関係でそちらからみて

色が変わっていないか心配なので

文章でも補足しますね。

 

紅茶の種類 見た目 香り
トワイニングのビンテージダージリン やや緑がかっていて茶葉がグレーっぽい

ここで比較した中では香りが弱い

甘さ控えめな香り。

ムジカティーのデラックスダージリン 茶葉がビンテージダージリンより黒っぽい。 香ばしく甘い香りがする。
シルバーポットのダージリンセカンドフラッシュ2019年シンブリ茶園 ここで比較した3種の中では赤茶色が鮮やか。茶葉のサイズは大きい。

 

香ばしく甘い香りがする。

 

 

次にお湯を注いでいれてみた写真です。

抽出の条件は、茶葉3グラム、蒸らし時間は4分30秒前後、

同じ器を使ってできるだけ均等な条件になるように入れてみました。

 

トワイニングのビンテージダージリンとムジカとシルバーポットのダージリン

写真が暗くてごめんなさい。

画像だけだと伝わりにくいので文章で補足します。

 

 

紅茶の種類 水色(紅茶の色) 香り・味
トワイニングのビンテージダージリン 色は明るい

甘さ控えめのスッキリした香り。味も甘くなくスッキリしている。

フルーツのような甘さより、ジャスミンティーに近い花の香りを感じる。

ムジカティーのデラックスダージリン ビンテージダージリンより色が赤っぽく濃い ビンテージダージリンとシルバーポットのシンブリ茶園の中間くらいの香りの強さ。甘みはあるがシンブリ茶園のダージリンよりあっさりしている。
シルバーポットのダージリンセカンドフラッシュ2019年シンブリ茶園 ここで比較した3種の中では1番色が濃く赤みが深い

 

フルーツのような甘い香り。メロンっぽさを感じました。味も甘いです。

 

 

 

もうひとつ、3種類のダージリンをいれたあとの茶がらを見てください。

 

トワイニングのビンテージダージリン

ややいろが緑色っぽく色が不揃いとなっています。

これはトワイニングのビンテージダージリンです。

 

 

トワイニングのビンテージダージリン

ムジカティーのデラックスダージリン。

色は全体的に赤茶色で均一になっています。

 

トワイニングのビンテージダージリン

さいごに、シルバーポットのダージリンセカンドフラッシュ

2019年シンブリ茶園

茶葉が最も大きく広がり、甘い香りがします。

 

※比較の条件はできる限り均一になるようにしましたが

厳密な比較ではないことをご了承ください。

 

浸出時間に10秒前後の誤差

専用の道具も揃ってない一般の愛好家による比較です。

 

それでも違いが分かりやすいです。

 

飲み比べた感想のまとめ

 

トワイニングのビンテージダージリンは、

やや茶葉が緑色っぽく香りは甘さ控えめ

ダージリンはフルーツのような甘さが特徴と言われる紅茶ですが

ビンテージダージリンではフルーツのような甘さより

香ばしさと花のような爽やかな香りを感じました。

 

ちなみに値段は価格が安い順に並べて

ビンテージダージリン

ムジカティーのデラックスダージリン

2019年シンブリ茶園ダージリンセカンドフラッシュ。

 

高い紅茶ほど美味しかったかといったらそうでもなくて

甘くなくスッキリした味わいのお茶を飲みたいときは

ビンテージダージリンをおいしく感じると思います。

 

 

ビンテージダージリンに合うと思った食べ物

味わいがさっぱりしていて、香りが繊細なお茶なので

ビンテージダージリンには

バターが入った焼き菓子などの甘く脂肪分のあるお菓子より

砂糖菓子やようかんなどの脂肪分が入っていないお菓子が合うとおもいました。

 

お菓子以外の食べ物では、甘くなく口の中がスッキリする感じの紅茶なので、フライドポテトなどの揚げ物や、ピザなどの味が濃くこってりした食べ物が合うと感じました。

 

食事のお供なら、甘くフルーツのような香り高いダージリンよりも

すっきりしたトワイニングのビンテージダージリンをいれたいです。

 

 

 

補足・ビンテージとは

ビンテージダージリンのビンテージとは、年代物、古い、といった意味で使われる言葉ですが

本来は当たり年の上質なワインをさす言葉だそうです。

 

コトバンクより