世にもおいしいチョコブラウニーを食べてみた。食べ方で味がずいぶんちがう

ハートブレッドアンティークの世にもおいしいチョコブラウニーが

食べ方でおいしさがぜんぜん違ったので

レビューを書いてみました!

 

食べた感想

 

 

開封して内容のブラウニーを出したところ。

手のひらに乗る小さなブラウニーです。

写真の右端にかすめる程度にうつっているのは、

ムジカティーという紅茶屋さんの紅茶の袋。

世にもおいしいチョコブラウニー

ちなみに袋の内側には脱酸素剤がはりつけられています。

個包装の袋の質感といい包装の丁寧さといい

日本のお菓子らしい感じです。いい香り。

 

バターっぽい香りはなく

チョコレートの香りがストレートに香ります。
世にもおいしいチョコブラウニー

 

世にもおいしいチョコブラウニー

角度を変えてみると切り口にチョコチップがぎっしり

詰まっているのが見えます。

生地は硬く、ボロっ、カチっとした感じで

切るときはナイフが厚みの途中まではいったあとは

バキっと割れるような感じでした。

しっとりやわらかタイプのブラウニーとは違い

クッキーのような質感です。

 

世にもおいしいチョコブラウニー

半分を、まずはそのまま。

クッキーのようなザクっとした口当たりで

しっとりした感じはありません。

 

残る半分を、レンジで600ワット、20秒弱

外から触ってあたたかく感じる程度にあたためてみました。

世にもおいしいチョコブラウニー

生地に散りばめられたチョコチップがとろけ

生地全体が柔らかくなり口溶けがいいです!

濃厚なガトーショコラのような、しっとりとしたケーキになりました。

 

 

さっき写真にうつった紅茶をミルクティーにして

ブラウニーとともに口に入れると

 

溶けたチョコレートとミルクティーが溶け合って

ミルクココアのような味わいを楽しめました。

 

 

1袋しか買わなかったので、これでなくなってしまいましたが

 

もう一個あったらアイスクリーム添えや

ジャムを添えてさらに甘くして

コーヒーやミルクティーとともにいただくと

さらにおいしいブラウニーになったかもしれません。

太りそう・・・

 

 

原材料

 

ハートブレッドアンティークの

世にもおいしいチョコブラウニーの原材料は

 

準チョコレート

全卵

小麦粉

乳等を主要原料とする食品

(正体はわかりませんが、バターを使わない代わりに乳製品の香りを出すために使用していると見ています)

コーンスターチ

砂糖

膨張剤、乳化剤、香料、pH調整剤

 

市販のお菓子で、バターを使っていない

味わいはどうだろうと思っていましたが

 

温めて食べるとリッチな味!

 

ちなみに今回カルディオンラインショップで購入した

ハートブレッドアンティークの世にもおいしいチョコブラウニーは

カルディではオンライン限定です。

 

追加購入したいくらい気に入ったのですが

この記事を書いている時点で確かめると品切れで残念でした。

もっと買っておけばよかった!